2021年05月30日

世田谷で農作業のお手伝いに参加

駅から、てけてけ歩いて15分ほど。農作業のお手伝いに参加してきました。

農作業しながら、地元の農業体験学校で学んだことを復習。里芋を反対に植えると収量がアップするのか?変わらないのか?気になっていましたが、収量がアップすることがわかりました。今まで、もやもやしていたのがスッキリしました。

サツマイモの苗は斜めにっと。そのあと、カラスに食べられないように黄色いにビニールひもを設置。カラスは黄色が嫌いとか?
トマトの2本仕立ても、やったはずなのにすっかり忘れてました。


それにしても機械の力はすごいですね。あっという間でした!雨が降る前に作業が終わってよかった。少しはお役に立てたかな〜。ご一緒した皆様、ありがとうございました!また、よろしくお願いします。

DSCN0543-1.JPG


DSCN0553-1.JPG


posted by 農業研 at 22:40| 都市農業:農作業体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月29日

世田谷のリンゴ農園で摘果作業のお手伝い!

今年も無理かとあきらめていましたが、東京農業大学バイオビジネス学科の先生、学生さんたちとご一緒することができました!

事前に参加者人数の連絡、一定の距離を取って密にならないように気をつける。マスク着用など。事前に先生と園主さんが決めてくださったルールに従っての参加となりました。

NPOの会員メンバーも参加!皆さん、リンゴの摘果作業は初めて。とても貴重な体験ができたと喜んでもらえました。園主さんによると、この時期に雹がふること。木の枝にどのぐらいのリンゴの実をつけるか。重さで枝が耐えられるかをイメージして摘果しているというお話が、とても勉強になりました。

園主さん、先生、ご一緒した学生の皆さん、ありがとうございました!

DSCN0202 -5.JPG


DSCN0212-2.JPG


DSCN0209-1.JPG
posted by 農業研 at 23:54| 都市農業:農作業体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世田谷でリンゴの摘果作業に参加しました。

2019.5月にアップ済みの記事です。

東京農業大学の先生、学生さんたちの農作業の見学、ちょこっとお手伝いに行ってきました。
東京農業大学国際バイオビジネス学科の先生が長年交流のある世田谷にあるリンゴ園で摘果作業に行くというので見学させていただくことにしました。

見学だけのつもりでしたが、「せっかくだから体験してみませんか?」と声をかけてもらい説明を聞いて作業に参加。
立ったままでの作業は、かなり腰に来ますね。作業も思っていた以上に難しい!どれを残すのか。結構悩みました。
 
園主の方には、取材・インタビューでお世話になったこともあり久しぶりの再会、ご挨拶することができました。
以前は、リンゴ、ナシの実がたわわに実っているところを見ましたが、成長の過程を見るのは初めて。果樹ってホントに大変なんですね。
体験してみてよくわかりました。先生、学生の皆さん、ご一緒させていただき、ありがとうございました!


DSCN1853-1.JPG


DSCN1861-1.JPG
posted by 農業研 at 23:38| 都市農業:農作業体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。