2022年03月18日

農業ビジネス研究会「地域に広がる農福連携」を開催しました!

ゲストは、吉田行郷さん(千葉大学 大学院園芸学研究院 教授)

農業研では、2017年に吉田先生にご発表いただいています。
あれから5年。農福連携という言葉も広く浸透し、農福連携に取り組んでみたいという声を聞くようになりました。
そこで、各地域でどのような農福連携の取り組みがあるのか。新たな取組について吉田先生に教えていただくことにしました。

講演の内容は、農福連携の概況を俯瞰した上で、農福連携に対する関係者それぞれの立場からの期待について整理。
各地域で行われている代表的な先進事例について紹介。
取組が地域に広がりつつある現状をその効果も含めてご紹介いただきました。

お話のあとは、時間をオーバーしての質疑・応答となりました。たくさんの質問ありがとうございました。
参加した皆さんから「とても勉強になりました」「お話と資料がとてもわかりやすかった」「農福連携の第2弾の開催を期待しています」という感想が届いております。

吉田先生のお話を聞いて、各地域の新たな農福連携の取組を知ることができました。
今後も各地域に農福連携が広がっていく可能性を感じました。貴重なお話しありがとうございました!


次回の農業ビジネス研究会は5月開催の予定です。テーマは「イチジク」です。


#農福連携 #地域に広がる農福連携 #千葉大学 #吉田行郷教授
#農福連携が農業と地域をおもしろくする #農業ビジネス研 #NPO農業情報総合研究所 


posted by 農業研 at 22:44| 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。