2017年10月18日

ご案内:11/7、農業ビジネス研究会「農業×ドローン

ご案内:11/7、農業ビジネス研究会
「農業×ドローン 〜IoTとクラウドの活用による農業の「見える化」〜」 を開催します!

「ドローン×農で日本の土づくりを世界に」を目指す、
勝俣喜一朗さん(ドローン・ジャパン株式会社代表取締役社長)

ご案内:11/7日(火)農業ビジネス研究会
ドローン・ジャパンさんの篤農家、東京大学農学者、ドローン×IOTエンジニアとの協働によるドローンリモートとセンシング用ドローン、新サービスの開発、2つの実証実験、ドローン米プロジェクトの海外(ドバイ)販売開始についてお話を伺う予定です。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/453798896.html

20171107農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会
テーマ 農業×ドローン 〜IoTとクラウドの活用による農業の「見える化」〜
発表者 勝俣喜一朗さん(ドローン・ジャパン株式会社代表取締役社長)
日 時 2017年11月7日(火曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 21:00終了
会 場 銀座3丁目 「銀座ルノアール マイスペース 銀座マロニエ通り」
会 費 2000円(ソフトドリンク付きです)

参加申込
担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
下記の内容を送信してください。

11/7農業研に参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「11/7農業研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。
171018-2.jpg


171018-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 23:13| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の農業リモセンをリードする「DJアグリサービス2018」が始動

ドローンジャパンさんの発表会に参加してきました!
篤農家、東京農業大学農学者、ドローン×IOTエンジニア・ドローン米プロジェクトが興味深い。

約4000ha(延べ)の露地圃場をドローン活用でリモートセンシング・解析し、その結果を篤農家が評価。収穫適期判断、生育状態とむら箇所の把握、発芽箇所の把握。

2016年度に旭川市の篤農家・市川範之さんが経営する市川農場で有機栽培により収穫された「ドローン米・北海道産ゆめぴりか」のパック米(包装米飯)を産経ネットショップで販売中。ドローン技術を活用、農薬に頼らない有機農法で栽培。すでに、海外(ドバイ)で販売が開始されています。

代表の勝俣氏は「2020年までにドローン米というパックご飯の販売もあわせて、
30億円の売り上げを目指して行くそうです。

ドローン米!北海道旭川市  農薬、化学肥料不使用 ゆめぴりかをお土産にいただきました。
もちもちして、美味しかったですよ〜。ありがとうございました!
ドローン・ジャパンの勝俣喜一朗代表取締役社長、お誘いいただきありがとうございました!

P_20171009_162333-3.jpg


発表会の様子は、DroneTimesに取り上げられています。
https://www.dronetimes.jp/articles/2031

11/7、農業ビジネス研究会
「農業×ドローン 〜IoTとクラウドの活用による農業の「見える化」〜」
勝俣喜一朗さん(ドローン・ジャパン株式会社代表取締役社長)さんに、発表会の内容を
詳しくお話していただく予定です。お楽しみに!
posted by 農業情報総合研究所 at 23:10| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「子どもと食育! 都市農業トークライブ」目黒区民センターで開催

今年のJA世田谷目黒・目黒区・世田谷区協働事業
「子どもと食育! 都市農業トークライブ」は、目黒区民センターで行われます!

開催日時  平成29年11月23日(木)午前10時〜午後0時30分
元読売巨人軍プロ野球選手の鈴木尚広氏による講演「プロ野球選手の食事管理」や
都市農業トークライブの他にも「お楽しみ抽選会」や「地場産農産物即売市」、
「物産展(JAやまがたによる特産品の販売)」など盛りだくさんの企画のようです。

詳しくは、こちら
http://www.ja-setame.or.jp/topics/2017/12_20171123_talklive.html
posted by 農業情報総合研究所 at 22:59| Comment(0) | 世田谷・都市農業・伝統野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

キユーピーみらいたまご財団 2017年度 第1回助成授与式

キユーピーみらいたまご財団 2017年度 第1回助成授与式に出席してきました。
会場が立派で驚きました!(^^;;

P_20171002_135128-1.jpg


NPO法人農業情報総合研究所は、食育活動助成プログラムに採択していただきました。
ありがとうございました。

助成事業プログラム名は、
「親子で学ぶ田んぼの生き物とおいしいお米の講座」を3回開催します。
現在、以下のサイトに講座の内容、参加者募集のお知らせを掲載しています。
小学生親子のご参加お待ちしています。
http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/news/article/18925/
https://www.facebook.com/syokunou.museum/

キユーピーみらいたまご財団様のサイトは以下でご覧いただけます。
http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/index.html

キユーピー本社入口では、可愛い野菜がお出迎えしてくれました。きゃ!
P_20171002_145839-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 23:45| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この醤油が気になりました〜。各醤油を調べてみました。

白だしの元祖・七福醸造株式会社
有機白しょうゆ【原材料】有機小麦、食塩、有機大豆、酒精
日本で唯一の有機JAS認定の白醤油!

P_20170929_154519-1.jpg


東北3県の醤油
宮城県 蒲田醤油株式会社
宮城契約栽培された、地元宮城県産大豆と小麦を主原料に麹を造り、食塩水と混ぜ合わせ、その諸味を1年半以上熟成させて舟かけという従来の方法で搾り出された、自慢の宮城県産丸大豆醤油。

山形県 マルタ醸造株式会社
山形県産大豆・山形県産小麦を100%使用。 諸味に温度を加えて強制的に発酵させることのない昔ながらの天然醸造醤油。

秋田県 株式会社浅利佐助商店
百年蔵生(き)じょうゆは、仕込塩水の代わりに、本醸造国産丸大豆醤油を使用し、さらにあきたこまち米麹で二段仕込した濃厚しょうゆ。

P_20170929_154818-1.jpg


しょうゆ情報センターのホームページを見ると
https://www.soysauce.or.jp/arekore/index.html
最近の世界的な日本食ブームにより、世界各国へのしょうゆの輸出や海外の工場での生産が増加しています。
近年の海外での生産量は約20万KLと、1975年の約8千KLにくらべて約25倍にも伸びています。

その一方で、国内は家庭内消費が減少。
家庭で料理する機会も減っているようです。醤油文化、次世代に伝えていきたいですね。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:18| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

参加者募集中!楽しく学べる「しょう油講座」パート2

参加者募集中!楽しく学べる「しょう油講座」パート2
10/21日(土)13:30〜15:00 参加費2000円
東京農業大学「食と農」の博物館

今年も、醤油講座を開催することになりました。昨年とは内容が違いますよー。先生は、東京農業大学 短期大学部醸造学科 しょうゆ博士 舘博教授です。

先生と一緒に昔の醤油造り、話題の醤油のボトル開発のお話、どこの地域の醤油かな?甘〜いお醤油体験。野菜(世田谷)を使った醤油料理の試食も予定しています。ぜひ、ご参加くださ〜い!!

21557940_2042453535982420_6416304921381022351_n.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 10:08| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月1日は醤油の日!「醤油の日の集い」に参加してきました。

初めて参加したのが2007年。早いものです。

この日は、以下の催しが開催されました。
・「第45回全国醤油品評会」
・「第9回しょうゆ味レシピ&エピソードコンテスト」
・「平成29年度醤油地域貢献賞」の発表・表彰
・「しょうゆもの知り博士 功労賞/特別功労賞」の表彰、
・「第11回しょうゆ感想文コンクール」の最優秀賞作品の紹介
・懇親パーティー。
P_20170929_154310-1.jpg


P_20170929_155042-1.jpg


「しょうゆもの知り博士 功労賞/特別功労賞」を受賞されたお一人、近藤醸造株式会社さん。醤油づくりに関わり50年。亡くなられたご主人の代わりに奥さまが出席。皆さんへのお礼のメッセージに、涙がはらはらこぼれてきました。(;。;)ご冥福をお祈りいたします。

posted by 農業情報総合研究所 at 09:56| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形のお料理とお酒が楽しめるラーメン店

ラーメン大好き小泉さん巡礼の続き
小泉さぁ〜ん、小泉さぁ〜ん、好き!好き!

〜つったい(冷たい)ラーメン〜の続き。
「つったいラーメン」が食べられるのは、山形のお料理とお酒も楽しめるラーメン店なんです!

「つったいラーメン」は、全粒粉入りの中細麺はコシが強く冷麺ような歯ごたえで、トッピングの炭火炙り鶏・きゅうり・食用菊も山形の食材が使われ、山形が香る山形らしい冷やし醤油ラーメン。氷もタップリ入り清涼感満点のようです。夏場はおすすめのようです。あっ、スープは無化調ですよ。

十四代、出羽桜の「どび六」、米鶴、くどき上手、初孫、樽平。お酒を見て、山形の店と気づきました〜。(笑)
P_20170923_205548-1.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 09:48| Comment(0) | 観光・土産・フードツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月1日は日本酒の日。

10月1日は日本酒の日。

少し早いけど、カンパーイ!

久しぶりに、出羽桜の桜花吟醸酒。美味しかった〜!

P_20170923_205654-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 09:42| Comment(0) | 醸造・日本酒・甘酒・料理酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメン大好き小泉さん巡礼〜つったい(冷たい)ラーメン〜

ラーメン大好き小泉さん巡礼〜つったい(冷たい)ラーメン〜
そして、出羽桜の桜花吟醸酒。

「つったいラーメン」を食べるはずが、トマトに惹かれて「まっかなトマトの酸ラーメン」を頼んでしまった。少し辛かったけど、おいしかった〜。つったい(冷たい)ラーメンは、季節限定9/30日まで!!

現在単行本1巻・2巻・3巻の累計発行部数が50万部以上を記録しています。
フジテレビでドラマ化。主題歌は、つんくがプロデュースするハロプロの「こぶしファクトリー」。
シャ乱Qの歌う「ラーメン大好き小池さん」を同じ曲でした。

ramen-1.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 09:26| Comment(0) | 観光・土産・フードツーリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京農業大学世田谷キャンパスで農業機械の展示!

農業食料工学会2017年次大会が開催されていたようです。

実行委員長は、東京農業大学地域環境科学部 生産環境工学科 坂口 栄一郎 教授。
昨年、東京農業大学「食と農」の博物館で開催した、小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップにご協力していただきました!坂口先生、お世話になりました。

170915-5.jpg


170915-6.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 09:20| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年度 実践総合農学会 地方大会

2017年度 実践総合農学会 お知らせが届きました。
第12回地方大会は、日本発 世界農業遺産に認定された輪島市

シンポジウムのテーマは、能登・輪島の多様な「ひと」が活躍する地方創成の新たな展開
11/25日、26日輪島文化会館で開催されます。

170922-2.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 09:15| Comment(0) | 理事長の活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

ご案内:11/7日「農業×ドローン 〜IoTとクラウドの活用による農業の「見える化」〜」開催!

11/7日(火)農業ビジネス研究会は、
「農業×ドローン 〜IoTとクラウドの活用による農業の「見える化」〜」 を開催します!

ご発表いただくのは、ドローン・ジャパン株式会社代表取締役社長 勝俣喜一朗さんです。

先日の読売新聞に大きくとりあげられていた話題のドローンについてです。
岡山、三重、北海道に続いてルワンダでもドローン米に取り組まれているようです。

ドローン・ジャパンの進める「ドローン米」プロジェクト(ドローンを飛行させ、生育状況、水、追肥の必要箇所、収穫時期などを精密に解析)では、ドローン米の飲食店提供を始めるそうです(IoTニュースより)。
https://iotnews.jp/archives/69115

11/7、農業ビジネス研究会
「農業×ドローン 〜IoTとクラウドの活用による農業の「見える化」〜」 を開催します!
「ドローン×農で日本の土づくりを世界に」を目指す、
勝俣喜一朗さん(ドローン・ジャパン株式会社代表取締役社長)に発表をいただきます!
https://www.drone-j.com/

ご発表の後に、質疑応答、意見交換のお時間もございます。
ご参加お申込みをお待ちしています!

20171107農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会
テーマ 農業×ドローン 〜IoTとクラウドの活用による農業の「見える化」〜
発表者 勝俣喜一朗さん(ドローン・ジャパン株式会社代表取締役社長)
日 時 2017年11月7日(火曜日) 18:45受付開始 19:00研究会開始 21:00終了
会 場 銀座3丁目 「銀座ルノアール マイスペース 銀座マロニエ通り」
会 費 2000円(ソフトドリンク付きです)

参加申込
担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
下記の内容を送信してください。

11/7農業研に参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

または、下記のらくらく参加フォームからお申込みください。
「勉強会名」を「11/7農業研」としてください。
(SSL暗号化対応)
https://form.os7.biz/f/4da7401d/

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。
posted by 農業情報総合研究所 at 13:32| Comment(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

2017年10月〜12月活動予定のお知らせ

2017年10月〜12月活動予定のお知らせです。
ぜひ、スケジュールにチェックしておいてくださいね。

しょう油講座は、参加者募集をスタートしました。
楽しく学べる「しょう油講座」パート2

【日 時】平成29年10月21日(土)13:30〜15:00
【場 所】東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
【講 師】おしょう油博士 舘 博先生(東京農業大学 短期大学部 醸造学科教授)
【対 象】一般、大学生
【参加費】2,000円(材料費、資料代として)
【持ち物】筆記用具
【定 員】30名
【主 催】NPO法人農業情報総合研究所
【共 催】東京農業大学「食と農」の博物館
【お申込】博物館事務室 03-5477-4033
http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/news/article/291021133015002/
https://www.facebook.com/syokunou.museum/ 
 
一般財団法人キユーピーみらいたまご財団〜食育活動助成プログラム〜採択
親子で学ぶ田んぼの生き物とおいしいお米の講座

〜只今準備中〜
ミニ脱穀体験、世界のお米、お米作りと環境を学びます。
小学生親子対象:親子15組 30名 会場:東京農業大学「食と農」の博物館
参加費500円の予定

第1回:11/19(日)13:30〜15:00
新井農産/JA世田谷目黒さん/世田谷の農家さん調整中
お米ができるまで、ミニ脱穀体験、新米試食

第2回:11/25(土)13:30〜15:00 
東京農業大学国際農業開発学科 夏秋啓子教授、院生、学生
世界のお米、稲を元気に育てるには?新米試食

第3回12/10(日)13:30〜15:00
東京農業大学地域創生科学科 入江彰昭准教授、学生
田んぼの中の生き物、学生による環境劇、お餅の試食

楽しく学べる日本酒講座パート4

〜只今準備中〜
【日 時】平成29年12月9日(土)13:30〜15:00
【場 所】東京農業大学「食と農」の博物館2Fセミナールーム
【講 師】穂坂 賢先生(東京農業大学 応用生物科学部 醸造科学科教授)
【対 象】一般、大学生
【参加費】2,000円(材料費、資料代)
posted by 農業情報総合研究所 at 23:14| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜中板橋商店街めぐり〜米屋・漬物屋・八百屋

久しぶりに中板商店街に行ってきました。

最初に伺ったのは、秋田屋米穀店さん。
板橋で、小学生親子向けお米講座を開催することなり大変お世話になりました。
もう、2年前かぁ〜。

秋田屋さん、おすすめの山形 大石田産のひとめぼれ。前回は、同じ産地のつや姫を買いました。
ひとめぼれも美味しいよ〜というので買ってみました。(^_^)

170915-1.jpg


続いて、同じ商店街にある漬物屋さん、坂井善三商店さん。
板橋で開催することになった、小学生親子向けお米講座のチラシを置いてもらえないか。
飛び込みでお願いしたのがご縁です。

いきなり知らない人が飛び込んできたのに、快くオッケーしてくださって嬉しかったなぁ〜。
ホントに告知が大変でした。しみじみ・・・。
こちらの糠漬けがお気に入りです。

夏場は、冷たい麦茶を出してくださいます。お茶が美味しいのでホッとします。
店内では、さまざまなミニイベントが開催されています。
久しぶりのお買いものでした。

P_20170915_170754.jpg


隣に、八百屋さんができたとの情報。早速、のぞいてみました。
オープンセール中のようで、野菜がとにかく安かったです。

柿3つで100円、リンゴ2個で100円。
表にあった、ネギ、ピーマン、ナス、トマト。
千葉の若手有機農家さんたちの野菜のようでした。

P_20170915_171430.jpg


そして、このチラシ!なにこれ、楽しそう〜!!いたばしべっぴん隊。カワイイ!
板橋区のセミナーで知り合った女性たちが、商店街を盛り上げようと結成されたとか。
農業も農業女子ブームですが、商店街も女性の活躍して欲しいですね。

170915-2.jpg


中板、面白かった。また、行ってみよ〜っと。
posted by 農業情報総合研究所 at 22:01| Comment(0) | 板橋・お米WS食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする