2017年03月18日

プチインターンシップがつなぐお米生産者とお米屋さん

東京農大院生、実家岩手のお米が、世田谷区用賀にある木村精米店さんで販売されています!
木村精米店さん、ありがとうございます!!
https://www.facebook.com/kome1ban/

先日、東京農大院生のプチインターンシップでお米屋さんを訪問してきました。
そしたら、なんと、なんと!今回、少量ですがお米を販売してくださっているではないですか!
今回は、ササニシキ、きらほの2種類。

早速、木村精米店さんへGO!
ササニシキ、きらほをゲットしてきました。早速、食べてみます。楽しみ!(^〜^)

お礼と伝えると、「きらほ」がとても気になり調べてくださったようです。フェイスブックにアップしたら、お米屋さん仲間からも「きらほってどんなお米なの?」と、問い合わせがあったようです。
今回は、少量の販売のようです。世田谷区用賀地域の皆さん、ぜひ木村精米店さんでお尋ねくださいね。

この後、東京農大国際農業開発学科へ。
先生、本人も大変喜んでくれました。私も嬉しいなぁ〜。

170302-5.jpg


プチインターンシップの様子はブログをご覧ください。
お米屋さん訪問!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/447410483.html
岩手のひとめぼれ、パエリアにあうぅ〜!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/447851392.html
農大卒業生八百屋さんを訪問!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/447534248.htm
posted by 農業情報総合研究所 at 13:42| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

農ラジ!第108回:農業×IT/ITを活用した農業革命とは?(2)

農ラジ!第108回更新しました。



日本農業情報システム協会 理事長 渡邊 智之さんインタビュー。
今、農業現場ではどのようなIT活用が行われているのでしょうか?小規模農家の場合、コスト的に導入が難しくないのでしょうか?お話を聞いてみました。

昨年、10月本が発売されました。産業開発機構 
『スマート農業バイブル』
WEBサイトhttp://www.eizojoho.co.jp/book/smartagri.html
会員企業の事例が掲載されています。

農業ITなんでも相談窓口、農業IT関連の講演依頼・研修、勉強会・シンポジウム開催については、以下のサイトをご覧ください。http://jaisa.org/
posted by 農業情報総合研究所 at 13:29| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重県土産:伊勢茶をいただきました!

帰省したのでお土産買ったきました!と、三重県の伊勢茶をいただきました!
以前から、お茶の情報交換していたいのでお茶を買ってきてもらえないかお願いしていました。
それも玄米茶とリクエストしました。

すると、こんなに大きな袋に入った伊勢茶を買ってきてくれました!(☆。☆)
川原製茶さん。地元では有名らしいです。
http://www.kawa-tea.co.jp/index.html

170118-22.jpg


飲んでみたら玄米茶。おいしーーーーい!
お茶飲んでホッとする時間が増えました。もう、あとちょっとしかないよ〜。(>。<)

170118-23.jpg


東京では、京都の宇治茶が有名ですが、京都の宇治以外、滋賀、三重の美味しいお茶がたくさんあります。
お茶農家さん、頑張ってほしいですね。
美味しいお茶のお土産に感謝。感謝です。
posted by 農業情報総合研究所 at 13:23| Comment(0) | 日本茶・紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重県土産:醤油をいただきました!

帰省したのでお土産買ったきました!と、三重県の伊勢蔵醤油「響」というお醤油をいただきました!
こちらのお醤油は、三重県産 大豆・三重県産小麦を使った三重県産にこだわって造った醤油。
http://www.isegura.com/

天然醸造、杉桶仕込み。
原材料:大豆(三重県産、遺伝子組み換えではない)小麦(三重県産)、食塩(国産)、アルコール
厳選した丸大豆をたくさん使用されているようです。

いただいた時に気づかなかったけど「たまり醤油」でした。
濃厚な醤油かと思いきや、思っている以上にあっさりしていますがコクのある醤油。
どんなお料理にも使えたのでびっくり!

個人的には、後で味を添加していないシンプルな醤油が好きです。
東京では、こういった醤油が人気ありますね。
おいしかった〜。ありがとう〜!!(^o^)丿

170118-21.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 13:06| Comment(0) | 醸造・醤油・魚醤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復興屋台村「気仙沼横丁」さんから感謝状ハガキが届きました。

平成29年3月20日をもって「気仙沼横丁」は閉店されるそうです。
お知らせの感謝状ハガキをいただきました。ご丁寧にありがとうございました。

170525-6.jpg


東日本大震災復興応援レポートを実施していました。
震災発生以降、大変な状況の中多くの方がご協力してくださいました。
本当にありがとうございました。

この中には、お亡くなりになられた方もいらっしゃり胸が痛みます。
心より、ご冥福お祈り申し上げます。

2012年6月23日
宮城県 気仙沼:復興屋台村気仙沼横丁
一般財団復興法人 復興屋台村  理事・事務局長 小野寺 雄志さん

宮城県気仙沼は、東日本大震災の津波で気仙沼全体の7割。南町地域は、ほぼ100%の飲食店が津波で流されました。「飲食店の賑わい」を取り戻すために、仮設店舗をひとつの マーケットプレースに集め「復興 屋台村」を開業・運営して いく10年規模計画の復興屋台村気仙沼横丁からのレポートでした。

2012年7月21日
宮城県:気仙沼市 角星 代表取締役社長 斉藤嘉一郎さま

明治39年創業。今年で106年目を迎えます。酒造りのこだわりは、気仙沼の食にあった清酒を造りにこだわっているそうです。東日本大震災、当時の状況。酒造り終盤の頃、絞っていないタンクの酒はどうなったのか? 震災を乗り越えた酒で出品。全国新酒鑑評会で金賞を受賞。(今年で5年目)ワールドインターナショナチャレンジでは銅賞を受賞。 復興酒「船尾灯」ともしびを販売。

2012年8月4日
宮城県 気仙沼:復興屋台村気仙沼横丁うどん「みずき」ふかひれの石渡商店 石渡 康宏さま

宮城県 気仙沼 ふかひれのブランドの復興に向けて。復興屋台村気仙沼横丁 本手打ちうどん「みずき」の紹介。震災後一念発起し、讃岐うどんの名店で修行。宮城県 気仙沼:復興屋台村気仙沼横丁で本手打ちうどん「みずき」で頑張っる石渡さん。

実家は「ふかひれの石渡商店」津波で工場が被災。工場再開に向けて、石渡さんのお兄さんが頑張っています。ふかひれと気仙沼の歴史、その高い技術力。今後の復興に向けてのお話を聞かせて頂きました。

2012年12月15日
気仙沼唐桑の水産加工屋 スイサンカトー 有限会社 カトー工場長 加藤 由紀枝さん

有限会社 カトーは、高台にあり工場は被災を免れました。ところが、親会社の工場が流され仕事が激減。下請けだけではなく自分たちでも新しい事業を始めようと、仲間に 声をかけ、気仙沼大沢港で水揚げされた新鮮な三陸産魚介類を、主婦のアイデアをもとに独自の味付けで加工。無添加の水産食品にこだわり。加工・販売にチャレンジ。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:21| Comment(0) | 気仙沼仕事創出プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

岩手のひとめぼれ、パエリアにあうぅ〜!

東京農業大学「食と農」の博物館で開催した、「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」を開催しました。この講座に2回参加してくれた、東京農業大学大学院生のプチインターンシップを実施しました。そのお礼にと、実家のお米「ひとめぼれ」をいただいちゃいました。ありがとう!!

170302-5.jpg


早速、お家で食べてびっくり!結構好きなタイプのお米かも〜。美味しい!!

このあと「第3回気仙沼水産加工品レシピ考案会」でパエリアを作るのが決まっていたので、「ひとめぼれ」を使ってみることにしました。

炊きあがってみると、ほどよい粘りとパラパラ感が残っています!
試食したみんなからも、「とっても美味しい〜」と感想いただきました。
私も食べてみましたが、「ひとめぼれは、パエリアにあうぅ〜!」
早速、院生に伝えると喜んでくれました。ごちそうさまでした。(^〜^)

170305-10.jpg


院生の実家は米農家。大学では稲のウイルス研究を行ってます。今後、実家に戻り農業を継ぐ予定。
第1回は、お米屋さん訪問
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/447410483.html
第2回は八百屋さんを訪問
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/447534248.html
posted by 農業情報総合研究所 at 20:36| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第3回気仙沼水産加工品レシピ考案会」を開催!

一般社団法人気仙沼仕事創出プロジェクト主催、農業情報総合研究所はこの活動を応援しています。
http://kesen-numa.net/

板橋区 仲町地域センターにて「第3回気仙沼水産加工品レシピ考案会」を開催しました!
東京家政大学 白藤PJさんとは3回目のコラボとなりました。
レシピ会の様子をフェイスブックにアップしてくれました!ありがとう〜!!
https://www.facebook.com/monpegirl/

レシピ考案会は、気仙沼の高校生が考えたレシピを実際にみんなで調理して食べてみようというものです。さらに、このレシピのアレンジと新しいレシピを、東京家政大学 白藤PJの学生に考えてもらい調理、試食を行いました。

170305-123.jpg


材料:水産加工品は、以下の2種類
1.ひまわり食品さん:イカの一夜干し
2.マルトヨさん  :さんまくん(燻製)

高校生の餃子に、白藤PJの学生が考えたアレンジレシピは、
より臭みを抜いて食べやすいするため、醤油とごま油チーズ大葉を加えた餃子。
魚の油分が多いため、さっぱりとしたタレを考えてくれました。

170305-122.jpg


イカの一夜干しは、炊飯器を使用することで作りやすさも考えたサフラン・パセリ・コショウなどのスパイス使用した洋風パエリアを提案してもらいました。

調理の際に、いろいろハプニングもありましたが無事出来上がりました!
餃子もパエリア、どちらも美味しかったです。

参加した学生からは、レシピ開発から試作まで、普段では味わえない貴重な経験をさせてもらいました。このような形で、間接的にでも、気仙沼と繋がれた事も嬉しく思いますし、パエリアと餃子づくり大変楽しかったと感想をいただきました。

170305-121.jpg


参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました!
次回は、8月頃開催予定です。


「気仙沼水産加工品レシピ考案会とは?」
2012年4月、国際ロータリー第2520地区の気仙沼南ローターアクトクラブ国際ロータリー第2580地区の地区ローターアクト協働にて「気仙沼市における仕事創出プロジェクト」がスタートしました。

※ロータりークラブ青年部のことを、ローターアクトクラブと呼び20〜30歳までの学生、社会人が参加しています。NPO法人農業情報総合研究所は、この活動を応援しています。

気仙沼仕事創出プロジェクトでは、気仙沼フードマイスター講座を実施しています。
この講座は気仙沼の高校生に地元の水産加工品、水産加工会社を知ってもらうとともに、マーケティングの基礎知識を学ぶというものです。このマーケティングの知識をもとに水産加工品のアレンジレシピ(一手間レシピ)を考案してもらいます。

東京では、高校生の考えたレシピをアレンジや新しいレシピを考える「気仙沼水産加工品アレンジレシピ考案会」を開催しています。また、20代の交流も目的としています。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:10| Comment(0) | 気仙沼仕事創出プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

月刊「学校の食事」に寄稿しました。

10日発行、月刊『学校の食事』4月号に寄稿しました。

こちら、主に栄養教諭・学校栄養職員の方々を対象とした学校給食の専門誌です。
特集「家庭・地域と連携する」

タイトルは、『農地を守り地産地消!世田谷農業を子どもたちに伝える食育活動』です。
栄養士の先生たちに連絡しなくっちゃ!!

月刊「学校の食事」
https://www.gakkounosyokuji.com/月刊-学校の食事/

この記事を読んで、ホームページを訪問してくれる方のためにホームページ更新しました。
以下のサイトも、ぜひご覧ください。

http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-index.html
「世田谷で採れる旬の野菜とおいしい食べ方の体験教室」
http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-setagaya1.html
posted by 農業情報総合研究所 at 09:43| Comment(0) | プレスリリース・メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

農ラジ!第107回:農業×IT ITを活用した農業革命とは?

農ラジ!第107回更新しました。



日本農業情報システム協会 理事長 渡邊 智之さんインタビュー。
2014年3月に設立された団体。53社の企業、個人を含め約100名が会員登録。

4/12日(水)スマートアグリシンポジウム2017が開催されます。
詳しくは、日本農業情報システム協会までお問い合わせください。
http://jaisa.org/
https://www.facebook.com/japanaisa/
写真提供協力:日本農業情報システム協会

インタビュアー:植村春香
電波状況の悪い場所にて録音のため、お聞き苦しい点があります。

本日発売。時事通信社「Agrio3月7日号」に、渡邊さんが寄稿されています。
http://www.jiji.com/service/agrio/
posted by 農業情報総合研究所 at 14:02| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

2/19日楽しく学べる「手作りおはぎ」講座を開催しました!

楽しく学べる「手作りおはぎ」講座を開催しました!
主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館

先生は、NHKあさイチをはじめテレビ、ラジオ番組にご出演。
幅広くご活躍されている三軒茶屋「乾物の足立商店」さんです。

今回、参加申し込みの際に子どもと一緒に参加したいというお申し出がありました。若い世代の方、子どもたちにも「おはぎ作り」を体験してもらおうと親子連れでご参加していただくことにしました。

はじめに、NPO法人農業情報総合研究所からご挨拶と講座の内容をご紹介。そして、簡単なおはぎクイズで楽しんでいただきました。

170219-236.jpg


このあと、乾物の足立商店さんからご挨拶。
この日、作ってもらうおはぎは小豆、きな粉、胡麻、青のり、抹茶の5種類です。
セミナールームは、各テーブルに配られた小豆、きな粉のいい香りが漂っていました。

170219-312.jpg


ボールに入ったもち米が配られ、すりごきでトントンと潰す作業からスタートしました。
ポイントは、あまり潰しすぎないことだそうです。
足立商店さんから、手にもち米がくっつかずに上手に丸めることができるアイデアが披露されました。
参加者の方からも、「こんな作り方があるんですね」と驚きの声が上がりました。

170219-237.jpg


お待ちかねの試食タイム!
あんこが甘すぎずちょうどいい」「美味しい!」といった感想が寄せられました。この後、足立商店さんに用意していただいた長野のおはぎ、「クルミだれ」をいただきました。こちらも、「美味しい」と大好評でした。
17021-116.jpg


最後は、足立商店さんが考えてくださった山芋と小豆を使ったデザートが配られました。上にイチゴが添えてありケーキのようです。このイチゴは、世田谷区千歳台の農家さんが作った完熟イチゴ。前日、足立商店さんが農家さんのところに買いに行って下さったものです。
みなさんから、「美味しい!」という声をたくさんいただきました。

17021-117.jpg


講座を開催するにあたり、東京農業大学「食と農」の博物館スタッフのみなさん、乾物の足立商店の皆さま、そして講座に参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

講座の様子を、以下のサイトに掲載していただきました。ぜひ、ご覧ください。
東京農業大学「食と農」の博物館ブログ
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=41

農業情報総合研究所レポートNO.32を発行しました。 
posted by 農業情報総合研究所 at 23:37| Comment(0) | 乾物・豆・昆布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

プチインターンシップ2/農大卒業生八百屋さんを訪問!

今年1月に東京農業大学「食と農」の博物館で「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」開催しました。この講座を手伝ってくれた、東京農業大学 大学院生と一緒にお米屋さんを訪問してきました。彼の実家は米農家。大学では稲のウイルス研究を行ってます。今後、実家に戻り農業を継ぐ予定。

今度は、農大卒業生が経営する八百屋さんに行ってきました。
米農家の後継ぎなのに、なぜ八百屋へ?と思われるかもしれませんが東京では小さな八百屋さんが米を販売していることがとても多いからです。

160503-1.jpg


世田谷深沢に、農大卒業生の八百屋「KAISAI」で山梨の米が大人気。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/437558483.html

仕事中にも関わらず、いろいろお話を聞かせていただきました。
本当に、ありがとうございました。
https://www.facebook.com/KAISAI.jp/?fref=ts
https://www.facebook.com/kome1ban/
posted by 農業情報総合研究所 at 23:07| Comment(0) | 世田情報:お店・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第2回気仙沼水産加工品アレンジレシピ考案会」が開催されました。

気仙沼仕事創出プロジェクトを応援しています。
http://kesen-numa.net/

2012年4月、国際ロータリー第2520地区の気仙沼南ローターアクトクラブ国際ロータリー第2580地区の地区ローターアクト協働にて「気仙沼市における仕事創出プロジェクト」がスタートしました。

※ロータりークラブ青年部のことを、ローターアクトクラブと呼び20〜30歳までの学生、社会人が参加しています。NPO法人農業情報総合研究所は、この活動を応援しています。

気仙沼仕事創出プロジェクトでは、気仙沼フードマイスター講座を実施しています。
この講座は気仙沼の高校生に地元の水産加工品、水産加工会社を知ってもらうとともに、マーケティングの基礎知識を学ぶというものです。このマーケティングの知識をもとに水産加工品のアレンジレシピ(一手間レシピ)を考案してもらいます。

東京では、高校生の考えたレシピをアレンジや新しいレシピを考える「気仙沼水産加工品アレンジレシピ考案会」を開催しています。

2016年8月28日、中板橋商店街会館にて「第2回気仙沼水産加工品アレンジレシピ考案会」を開催しました!気仙沼仕事創出プロジェクトと、東京家政大学白藤PJのみなさんによるアレンジレシピ考案会は2回目になります。アップが遅くなりました。(^^;;

160829-112.jpg


気仙沼の水産加工品に洋風にアレンジ。一部ご紹介します。
スイサンカトーさん
・「イカの一夜干し」→「串ぽっぽのマッシュポテト詰めとトマトソースかけ」
・「串ぽっぽ」   →「イカの一夜干しのトマトパスタ」

・マルヤマさんの
「なまり節」→「なまり節のピザトースト」
「ワカメ」 →「豚ワカメ巻のフライ」

160829-111.jpg


学生のみんなが、見た目、栄養バランスを考え、それぞれ工夫したメニューを考えてくれました。
試食しましたが、どれも美味しかったです。ごちそうさまでした。^^)

昨年、気仙沼の高校生を対象とする実践的なマーケティング講座「気仙沼フードマイスター講座」(10月、12月、気仙沼の東陵高等学校にて開催)の際に、高校生へ提示するアレンジレシピのサンプルとしても活用されました。

160829-113.jpg


東京家政大学白藤PJの皆さん、ご協力ありがとうございました!
第3回は、3月5日に開催予定です。

最新の情報はツイッター、facebookをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken
http://www.facebook.com/nogyojyoho
posted by 農業情報総合研究所 at 20:51| Comment(0) | 気仙沼仕事創出プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

農ラジ!取材:世田谷桜丘3丁目の大人気のパン屋さん。

2014.3月にスタートした農ラジ!正式には世田谷農業ラジオ「農ラジ!」です。^^;)
普段は、略して農ラジ!と呼んでいます。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA

先日は、こちらへ行ってきました。
このバス停の前に、美味しいと評判のパン屋さんサリューさんです。
ただいま、準備中です。お楽しみに!(^m^)
20170126-1.jpg


なんと、なんと!東京農業大学「食と農」の博物館で講座をご一緒しようということになりました!!
6月の日曜日に開催の予定で準備を進めています。皆さん、ぜひ予定あけておいてくださいね。

20170126-3.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 21:18| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お米ワークショップでお米をいただく。京都府産/綾部コシヒカリ

1月21日、第3回小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016を開催しました。
この講座は小学生親子を対象となっています。

講座に参加して下さった保護者のおひとり。京都府綾部市出身の方がいました。
保護者の方と伊勢茶が美味しいとお話が盛り上がりました。(*^^*)
すると、知り合いの方が作ったというお米(玄米)をプレゼントしてくださいました。

170203-1.jpg


早速、家に帰り精米!少しずつ、歩合を変えて精米してみました。
どれも美味しかった〜。どうも、ごちそうさまでした。京都府綾部市の方、頑張っておられますね。
お米の講座を開催して参加者の方からお米をもらうと思ってなかったのでびっくりしました!(@。@)
こんな交流も嬉しいです。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:50| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

プチインターンシップ?お米屋さん訪問!

今年1月に東京農業大学「食と農」の博物館で「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」開催しました。この講座を手伝ってくれた、東京農業大学 大学院生と一緒にお米屋さんを訪問してきました。彼の実家は米農家。大学では稲のウイルス研究を行ってます。

今後、実家に戻り農業を継ぐ予定。
何か参考になればいいなと思い、以前インタビューでお世話になった木村精米店さんのお話をしたところ、とても興味を持ってくれました。早速、木村精米店さんにお願すると時間を取ってくださることになり二人でお話を聞いてきました!

木村精米店さんも、院生の研究にとても興味を持っていただいたようでした。
同行した院生は、お米屋さんとお話するのは初めて。とても勉強になったと喜んでくれました。

用賀にある木村精米店さん。本当に、ありがとうございました。
こちら、3代目店主、2代目女将が「5つ星 お米マイスター」さんです。
https://www.facebook.com/kome1ban/

=ご注意=
写真は、随分前の写真です。価格が変わっているかもしれません。ご注意ください。

170525-8.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 19:58| Comment(0) | 世田谷・お米WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする