2016年07月01日

香川:和三盆糖をお土産にいただきました!美味〜!!

香川県の税理士さんから、地元の和三盆糖をお土産にいただきました!
商品はコチラ → http://www.wasanbon.com/?cat=11
和三盆糖、初めてみたよぉ〜!

早速、使ってみようとペロリ!う、う、うまい!(☆。☆)
お料理に使うのはもったいないような・・・。思い切って使ってみましたが、奥行きがあって美味〜!!

調べてみたら、徳島県で生産されている和三盆を阿波和三盆糖、香川県で生産されている和三盆を讃岐和三盆糖と呼ぶんですね。和三盆は貴重な特産品として諸国へ売りに出され、全国の和菓子や郷土菓子の発展に貢献しました。貴重な和三盆糖、ありがとうございました!!

160625-5.jpg

ラベル:香川県 和三盆糖
posted by 農業情報総合研究所 at 12:26| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

農大オホーツクキャンパスで開発された大根クッキー!

東京農業大学世田谷キャンパスで販売されていると聞いたので、
農大オホーツクキャンパスで開発された大根クッキーを買ってみました!

なんと、切り干し大根が入っているんですよ。これは、おいしい!!
永島先生、すごいなー。農大土産におすすめです!

160603-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:18| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

群馬の旅 両毛グルメ/足利で地ソースのポテト入り焼きそば

北関東 両毛地区B級グルメをご存じですか?
イモフライ、ソースかつ丼、ポテト入り焼きそば。

今は、すっかり慣れましたが、最初に見たときはびっくりしました!
こちらは、佐野にあるお店で食べました。
160323-1.jpg


B級グルメを支える地ソース屋さんががんばっています。
農ラジ!で、佐野にあるミツハソースさんのインタビューをお楽しみいただけます。

農ラジ!第26回栃木県佐野市 早川食品株式会社 代表取締役社長 早川 隆さんインタビュー
https://youtu.be/izaBRNog-xc
農ラジ!第27回: さのまる応援隊イベント隊長インタビュー!
早川食品株式会社 代表取締役社長 早川 隆さんインタビュー
https://youtu.be/DUpVXAty0qw

2013年ゆるきゃらグランプリ1位に輝いたさのまるくん。
地域商品に貢献!東京でも、いもふらいの知名度がアップしました!
posted by 農業情報総合研究所 at 19:14| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

京都/辻留

古本屋さんで、辻嘉一さんの本を見つけてから気になっていた辻留。
京都を歩いていたときに発見!趣がありますね。現在、京都店は出張料理のみだそうです。

懐石「辻留」
http://www.kyo-ryori.com/shop.php?s=56

151121-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 14:09| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これぞ、大阪きつねうどん!

大阪に行くと、必ず食べたくなるのが「うどん」
それも定番の「きつねうどん」です。

大阪のきつねうどんは、甘辛く煮たお揚げがうどんの中にデーン!と入っています。
うすい昆布だしの汁と甘めのお揚げがよくあいます。ふるさとの味。あー、美味しい〜!
うどんは太めで、讃岐よりコシがないのが特徴。私は、これをへなちょこうどんと勝手に呼んでいます。

大阪のうどん文化。大切にしてほしいなー。
151120-41.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 14:01| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

奈良県生駒市/幻のラムネ:レインボーラムネ

生駒市長 こむらさき雅史さんから小さな袋に入ったラムネをいただきました。
イコマ製菓本舗のラムネは、数々のメディアに取り上げられた有名なラムネだそうです。

手作りで大量生産できないので、抽選に当選しなければ購入できない大人気商品だそうです。
貴重なラムネありがとうございました!本当に美味しくて、写真を撮る前に全部食べちゃいました。
なので、ふるさと納税のショーケースにあったラムネの写真を撮りました。こんな感じです。

151120-37.jpg


ふるさと納税のキャラクターは、たけまるくん。
生駒市の特産品である茶筅とその原料となる竹をモチーフにしたキャラクターだそうです。
可愛いいですよね。
151120-38.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:25| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

八女の特産品/ウメ山ウメ子!梅を作る地元の女性はウメウメ団。

最新の情報はツイッター、facebookをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken
http://www.facebook.com/nogyojyoho

この記事は、2014.9.29フェイスブックにアップしました。

八女の特産品、ウメ山ウメ子!梅を作る地元の女性はウメウメ団。
遊び心いっぱいのネーミングに思わず、ぷっ!

八女の魅力をたっぷり伝えるフリーペーパー。「もえもえ八女」に掲載されていた特産品。
塩抹茶クッキーもあるらしい。福岡県産の小麦と八女のお茶のコラボ。代官山マルシェで開始から3時間で完売とか。代官山でも、マルシェやってたんだ!

140930-11.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 23:08| Comment(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

全国各地の和菓子メーカーが海外展開

最新の情報は、ツイッターをご覧ください。http://twitter.com/nogyosogouken

日経新聞記事続き:全国和菓子協会によると、10年度の和菓子を含む菓子の輸出は144億円。北米でどら焼きはヘルシーなイメージに加え、パンケーキ感覚で受け入れられているようだ。日本の和菓子頑張れ!和菓子が好きだから応援したいです。
8月15日

日経新聞で興味深い記事を発見しました。全国各地の和菓子メーカーが海外展開を強化しているそうです。海外向けにアレンジした商品を投入したり、現地生産をはじめたり取り組みはさまざまだが、国内の人口が減る中、各社ともアジアをはじめ欧州などの需要を取りこむ狙いのようだ。
8月14日
posted by 農業情報総合研究所 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

京都/祇園祭り&錦市場

最新の情報は、ツイッターをご覧ください。http://twitter.com/nogyosogouken

祇園祭りが終わった京都。山鉾を解体しているところを初めて見ました。山鉾は釘を使わずに立てられていたたんですね。知らなかった。解体した縄は誰でも、もらえるらしく多くの観光客が集まっていました。
7月21日

京都の居酒屋で、きずしとおばけを食べた。なつかしい〜。しめ鯖も好きだけど、やっぱりきずしが好き。
7月21日

京都 錦市場で、桂高校の生徒さんが「桂うりの寒天ゼリー」を販売していました。桂うりはシロウリの仲間で、長さ50センチ前後で重さは約4キロ。栽培農家も1戸とか?桂高では、種の保存のために栽培を続けてきた農家の協力を得て、今春から桂うりを育てているそうです。
7月23日

錦市場商店街でタコタマゴなるものを発見。京都で流行っているのかな?タコタマゴは、いいだこの頭にうずらのたまごを入れたもの。東京ではあまりみかけない、いいだこ。食べておけばよかったなぁ〜。ちょっと後悔。
7月23日 
posted by 農業情報総合研究所 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

大阪 谷町6丁目「ムク」のお菓子いただきました。

最新の情報は、ツイッターをご覧ください。http://twitter.com/nogyosogouken


大阪 谷町6丁目にある、お菓子屋さん「ムク」のクッキー、フルーツケーキをお土産にいただいた。こちらのお店では、新鮮なたまご、ミルク、バター、小麦粉、旬の果物だけを使用。膨張剤や添加物は使用せず。大阪にも、こんなお店あったんですねー。おいしいかったですぅ~。お土産ありがとう!
7/19日
posted by 農業情報総合研究所 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

満月ポンはローカルなお菓子だった!/銀座めざマルシェ・6F関西・東海エリアから

銀座めざマルシェに行ってきました。13階から非常階段を使ってコツコツ下に降り、関西・東海エリアのフローアに到着。やはり関西出身者としては、関西エリアの商品が気になりますから。

銀座めざマルシェは、日本全国47都道府県の物産品を集めた物産館。この物産館は、フジTVめざましTVがプロデュースしているそうです。
http://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/mezamarche/guide/floor_12.html

10406-5.jpg棚に並んでいた、懐かしいお菓子を発見。3時のおやつによく食べていた、「満月ポン」が棚に並んでいました。そういえば、東京でこのお菓子を見かけたことないけど、ひょっとして満月ポンって関西エリアだけのローカルなお菓子だったの?

表示を見てみると、製造会社は大阪市内の製菓会社でした。そうだったのかぁ〜。満月ポンは全国区のお菓子ではなかったんですね。ちょっと懐かしくて買っちゃいました。

満月ポンをネット調べてみると最近、関西のお菓子としてTV番組など多くのメディアで紹介されてたんですね。今度は全国区のお菓子になってしまうのでしょうか?それはそれでさびしいような気がします。

満月ポンが気になった方は下記のサイトをご覧ください。
http://www.mangetupon.co.jp/

このあと関西出身の女性とお話をする機会がありました。めざマルシェに関西フロアーのことや、東京にある関西のアンテナショップのことなどで話が盛り上がってしましました。

共通の意見としては、関西にはもっとおいしいものがたくさんあるのに、ちゃんと東京でPRできていないということで意見が一致しました。東京にいる関西出身者のみなさんはどう思われますか?
posted by 農業情報総合研究所 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

栃木県からのお便り(いちご&食の回廊)

以前、FM世田谷「農といえるニッポン!」では、栃木県農政部の方々にご出演していただいています。

・2009年 8月15日放送:とちぎ食の回廊
・2007年12月 1日放送:とちぎで農業はじめてみませんか
・2007年 1月 6日放送:とちぎの観光、食べもの紹介

先日、ご出演いただいた方々から栃木の情報をいただいましたのでご紹介させていただきます。

1.この度、真岡市に「いちご情報館」を開設しました。情報館は、「道の駅にのみや」の中に設置したもので、規模は小さいながら栃木にゆかりのある7品種のいちごも栽培展示しています。

2.北関東自動車道も、昨年に栃木県から茨城県水戸方面まで全面開通し、群馬県方面もこの4月に岩舟JCTから佐野田沼ICまで開通予定。

3.昨年8月の放送でお世話になりました「とちぎ食の回廊」が結構うけておりまして、昨今、各方面、メディアに取り上げられるようになりました。NHK全国放送2/25や、たとえば3/5の東京新聞24・25面などの例もご覧頂けたら幸いです。

みなさん、情報ありがとうございました!!

そして、農といえるニッポン!放送エリア拡大にもコメントいただきました。

・「農と言えるニッポン」の全国展開期待しています。いつもながら、活動の成長・発展に感動しています。

・「農といえるニッポン!」が世田谷区以外のコミュニティラジオ局でも放送スタートしたとのことですね。FM TARO(群馬県太田市)などは栃木県足利市と隣接しています。

>みなさん、情報提供、そしてメッセージありがとうございました。
番組で取り上げた、「とちぎ食の回廊」が多くのメディアに取り上げられるようになりましたね。新聞や、TVニュース拝見しました。今後も、みなさん頑張ってくださいね。栃木ネタはU字工事が頑張っているのでよくチェックしていますよ〜。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

関西の粉もん文化(お好み、イカ焼き、タコ焼き)

先日、大学コンソシアーム大阪「緑の未来学」で講演が終わったあと、東京に戻るまでに少し時間がありました。

1002osk-1.jpgそこで、東京ではなかなか食べられない「イカ焼き」を食べに阪神百貨店にダッシュ!行列はできていたけれど、思っていたより早く買うことができました。

関西で言うイカ焼きというのは、小麦粉の生地にイカを入れて焼き、甘辛いソースを塗って食べる関西発祥の粉物料理のことです。あー、久しぶり。素朴で懐かしい味です。

1002osk-2.jpgイカ焼きを食べたら、今度はタコ焼きも食べたくなってしまいました。本当は天満まで行き食べたいところですが、時間もないので某お店のタコ焼きで我慢することにしました。

写真には箸が写っていますが、小さい頃からタコ焼きは「つまようじ」で食べるのが当たり前なのでなんかちょっと違う感じがしました。外も、もっとカリッとしてた方がいいかな・・・。ちょっと残念。

1002osk-3.jpgイカ焼き、タコ焼きとくれば、やっぱりお好み焼きでしょう。最近、東京にもできた「きじ」。やっぱり、大阪の味を確認しておかなければと「きじ」に向いました。ところが、その日は定休日。別のお店のおじさんにも、「きじは今日定休日やで〜。」と言われました。おじさん、ご丁寧にありがとう〜。

お好み焼きは、また次回のお楽しみとなりました。この記事を読んで、イカ焼きを知らなかった人、大阪に行ったらぜひ一度食べてみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

山形郷土料理(もって菊、芋煮、玉こんにゃく)

昨年、FM世田谷「農といえるニッポン!」番組ゲストで登場していただきました、出羽桜酒造株式会社に蔵見学に行ってきました!

出羽桜酒造株式会社での蔵見学レポート記事は下記をご覧ください。
2009年12月15日
山形県 出羽桜酒造株式会社/蔵見学に行ってきました!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/135646996.html

蔵見学も楽しみでしたが、おいしい山形料理を楽しみにしていました。
山形に到着した日、出羽桜さんから教えていただいた「いし蔵」というお店に食事に行きました。

ここで、「もって菊」というお浸しを生まれて初めて食べました。みなさん、ご存じですか?見た目は、紫色の菊の花びらのお浸し。味は、少し酸味のある味付けにシャキャキしていた食感でとてもおいしいんですよ。

もって菊をネット調べてみると、生産量で全国1位の山形県が誇る食用菊。正式には「延命楽(えんめいらく)」という名の品種。一般的には、「もってのほか」「もって菊」という愛称で知られているそうです。(もって菊の写真は下にあるので見てくださいね。)

名前の由来は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」だとか、「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」といったことだとかいわれているとか。

他にもカキの西京味噌鍋もいただきました。私は白みそが大好きなので、この食べ方がとても気に入りました。もういいかな?と、鍋のふたを開けようとすると、お店の方から「まだ駄目!」と言われました。

「カキおいしいタイミングがあるから任せて。」とのこと。その通りお任せしたら、本当おいしい状態でカキを食べることができました。う〜ん、料理の参考になります。お食事のおともは出羽桜さんの、出羽燦々、一耕をいただきました。ぷはーっ。おいしー。

yamgta-5.jpgyamgta-6.jpg翌日、出羽桜さんの蔵見学のあと、仲野社長おすすめの「山たけ」というお蕎麦屋さんでランチをいただきました。「蕎麦ご膳」がおすすめだよということでした。セットメニューは、「芋煮、もって菊、からかい煮、お蕎麦」。

おぉー!山形づくしなのでこれを注文。「もって菊」がまた食べられました。山形で芋煮を食べたかったのでちょっと嬉しかったです。味は思っていたほど甘くなくさっぱりしていておいしかったです。もちろん、メインのお蕎麦もおいしかったですよー。この日も出羽桜の出羽燦々いただきました。昼から酔っぱらってしまいました。(笑)

そうそう、からかい煮というのも乾物のエイを料理したもので山形料理のひとつだそうです。いろいろな料理があるんですねー。

yamgta-3.jpgyamgta-2.jpg山形から帰り、我が家でも「もって菊」を作ってみました。お酢を加えさっとゆでるだけなので簡単です。出羽桜さんのホームページに、なめことあえてもおいしいと書いていたのでこちらも試してみました。とろとろした食感が加わってこちらもおすすめですよ。

また、米味噌と白みそを混ぜたカキ鍋も作ってみました。お店の方に教えていただいた通り、カキを煮込み過ぎないようにしただけで、ぷりぷりのカキでおいしくできました!わーい。うまうま。

芋煮はまだ作っていないのですが、下記の物産店で「玉こんにゃく」を見つけたので作ってみました。ダンナが家で「玉こんにゃく作れるんだー。おいしい。」と、食べてくれたのでちょっと嬉しい一日でした。

yamgta-4.jpg

2009年11月22日
地域力宣言2009ニッポン全国物産展/池袋
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/133589685.html
旅先でおいしいものにめぐり合うと、お料理のレパートリーが広がり本当に面白いですねー。

これも、出羽桜さんがおいしいお店を教えてくださったからですね。
>おいしいお店のご紹介ありがとうございました!

山形天童は将棋の町でもあります。マンホールも将棋の絵になっていました。面白い!!
posted by 農業情報総合研究所 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

宮城県 松島に行ってきました!

初めての松島。季節的に牡蠣がおいしいと聞いていたので楽しみにしていました。駅のすぐ近くにはカキカレーパンの看板がありました。気になりましたがすぐにランチタイムだったので我慢。我慢。ランチは予めダンナが調べておいてくれたお寿司屋さんに入りました。せっかくだからと、ダンナが焼き牡蠣も注文してくれました。わーーい!

091113-1.jpgお昼前にお店に入ってからしばらくすると、常連さんらしき人たち、観光客の方で店内はあっという間に満席。ごはんがたっぷり、ネタがおおきすぎて食べづらいということもなく、女性的には嬉しい量のお寿司でした。ネタも新鮮でどれもおいしい!はぁ〜、海の近くはやはりお魚がおいしいですねー。

ランチを食べたあとは、「おさかなセンター」に向いました。お目当ては、ここでしか食べられないという「松島カキバーガー」。よく見ると、「めかかつバーガー」というのもありました。ほかにも定食などもあり、セルフサービスですが2Fで食事することができます。

091113-3.jpg写真が「松島カキバーガー」。早速、ダンナがチャレンジ!ところが、牡蠣はどこに入っているのかな?と不思議そうな顔をしています。

じゃ、私にもちょうだい。と食べてみたのですが・・・。牡蠣が入っていたのかどうかは全然わかりませんでした。ただ、味はあっさりしておいしかったです。それにしても、どこに牡蠣が入っていたんだろう?不思議。

帰ってから、カキバーガーの口コミを調べてみると、どうやらカニクリームコロッケに細かいカキの身が入っていたようです。う〜ん、牡蠣が丸ごと入っているのかと思っていたら違っていました。

091113-2.jpgさらに、このセンターの2Fには写真のような変わり種のアイスクリームがたくさんありました。

・真珠アイス・茶色いヤキソバアイス・しじみアイス・インドカレー・わさびアイス・ほやアイス・ふかひれラーメンアイス・塩アイス・源氏ボタルアイス・マンゴーアイス・ずんだアイス・牛たんアイス・三陸ウニアイス・ササニシキアイス・フカヒレアイス・コラーゲンアイス・黒糖アイス・生キャラメルアイス

すごいですねー。しかし、どれがおすすめなんでしょうか?人気ベスト5ぐらいは表示しておいていただけると嬉しいんだけどなー。

091113-4.jpgさて、このあと松島での宿泊先「松庵」へ移動。到着後、休憩してからお風呂に行ってみました。

女性風呂は天井が高く大きな窓からは海が見えます。私はとてもリラックスできるのでこういったお風呂が大好きです。お風呂なかにはレモンライムが浮かべてありました。

温泉ではかなったのですがジャグジーだからでしょうか?体がぽかぽかしていました。後で気づいのですが露天風呂はバラ湯になっていたようです。うーっ、しまった。続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

ぐるっと関西グルメ2009(神戸/有馬温泉3)

071203-3.jpgぐるっと関西グルメ2009(有馬温泉編3)をお届します。下記の記事もあわせてご覧ください。

ぐるっと関西グルメ2009(神戸編2)「2009年11月28日」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/134117979.html
ぐるっと関西グルメ(神戸編)「2009年11月03日」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/131917565.html

関西では5月のインフルエンザ騒動で、観光客が減少したとニュースが流れていました。神戸でお世話になった、有馬温泉 御所坊の社長さんからも有馬のことをお聞きし大変危機的な状況なのだと思っていました。

私たちも、何か応援できればいいなと思い有馬温泉の取り組みなどをブログで紹介させていただきました。ダンナと、ブログだけではなく実際に有馬温泉に行き応援しようとようということになりました。宿泊したのは、社長のお宿 御所坊です。

有馬温泉までは、三宮から電車で移動したのですが。思っていた以上に有馬温泉に向かう観光客の方が多くいたので何だかホッとしました。宿のすぐ近くでは、猿まわしが行われていて多くのお客さんが、可愛いお猿さんの芸を見ていました。

宿に到着すると、部屋の準備ができるまでの時間にカモミールティーを出していただきました。ダンナも黙って飲んでいたけれど、ハーブティーを飲みなれていないから大変だったんじゃないかな?(笑)

部屋に入り休憩してからお風呂へ。久しぶりの金泉。少し長めに入って体を温めたので、体はぽかぽか。お肌がつるつるいい感じ。

そうそう。金泉に入ったことがない方へ。
皮膚の弱い方は必ず上がり湯を浴びることをおすすめします。白いタオルを金泉につけると真っ赤に染まってしまうのでご注意を。

お風呂に入ったあと、サロンでドリンクをいただきました。サロンでは、店員さんとインフルエンザ騒動、有馬バーガー、阪神淡路大震災にも枯れなかった「ど根性もみじ」、有馬大茶会などの世間話をしました。

有馬の大茶会は、有馬温泉をこよなく愛した豊臣秀吉の遺徳を偲んで始められたそうです。毎年、多くの関係者の方々が有馬温泉に来られると聞きびっくりしました。今年の大茶会は第60回目。歴史があるんですねー。

さて、お楽しみお夕食タイムはお部屋でいただきました。淡路焼のお肉、明石の鯛、薬膳の土瓶蒸などおいしいお料理をいただきました。薬膳土瓶蒸に入っていた、ぷりぷりの「はも」が嬉しかったなー。

食事にあわせてと、社長さんから地酒を差し入れしていただきました。
お酒は、西山酒造「小鼓 秋のひやおろし」。初めて飲んだお酒でしたが、とてもおいしかったです。>どうも、ごちそうさまでした!

翌日、チェックアウトのときに社長にご挨拶して宿をあとにしました。
帰りに有馬バーガーをチェックしたのですが、この日はたまたま有馬バーガーはみお休みだったようです。はぁー、残念でした。

そうそう。2009年11月18日 「いい旅夢気分」で有馬温泉にある「ホテル花小宿」が紹介されました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/iitabi/
続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

ぐるっと関西グルメ2009(神戸編2)

少し間があいてしまいましたが、ぐるっと関西グルメ2009(神戸編2)をお届します。神戸編1の記事もあわせてご覧ください。

ぐるっと関西グルメ(神戸編)「2009年11月03日」
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/131917565.html

上記の記事で「そばめし」のことを書きましたが、神戸には本当においしいそばめし屋さんがいくつもあります。別の日には、何度が行ったことがある三宮の「そばめし」屋さんに向かいました。

ところが、ランチタイムは営業をやめてしまったようで閉まっていました。あ〜、ガッカリ。おばちゃんたちが作るそばめしを食べられなくてとっても残念でした。

091128-1.jpgおなかがすいていたので、かなりショックでしたが気をとりなおして三宮センター街にある、写真のお店に行きました。カウンターのみで8人も入ればいっぱいの小さなお店ですが、本当においしいお好み焼き屋さんです。

この日は、「ちゃんぽん焼き」がキャンペーンで半額になっていました。おーっ!ラッキー♪「ちゃんぽん焼き」「モダン焼き」を注文。ダンナと二人で半分ごっこして食べました。「モダン焼き」なんて、関西でしか食べられないもんねー。はーっ、これ。これ。おいしいー!!

この日の夜は、神戸に本社があるIT企業の社長さんとお食事でした。
社長は相変わらず、お元気そうでしたがちょっとメタボちっくに?なんて書いたら怒られそう・・・。久しぶりに、関西弁を満喫しながらいろいろなお話を聞かせていただき楽しい時間を過ごしました。

お店は、社長のお友達が経営している「有味庵」さんへ。こちらのお店、とってもお魚がおいしいんですよー。この日は、おすすめの「のどぐろ」、ちょっぴり「はも」もいただきました。何が嬉しいって、ぷりぷりの「はも」が食べられるのが関西人的に嬉しい。はーっ、ぷりぷりしておいしかったなー。「はも」は、関西で食べるのが一番おいしいと思う今日この頃。おすすめの「のどぐろ」もおしかったなー。「有味庵」さん、どうもごちそうさまでした。

さて、一緒にお食事につきあってくれた社長の会社では、「ウェブサイトのセキュリティ」に力を入れていらっしゃいます。東京でセミナーを開催されたとき、私も参加させていただきました。ご興味のある方は、下記のサイトをご覧ください。

株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)
http://www.kdl.co.jp/kdlnow/
posted by 農業情報総合研究所 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

ぐるっと関西グルメ(神戸編・元祖ソバメシの店)

091101-2.jpg久しぶりに、ぐるっと関西を巡って来ました。まずは神戸からお楽しみいただきましょう!

さて、向かったのは神戸市営地下鉄海岸線の新長田駅。神戸出身の漫画家 故横山光輝さんの代表作「鉄人28号」の原寸大モニュメントが完成したというので見に行ってきました。モニュメントの前は、たくさんの親子づれが思い思いに写真をとっていてにぎわっていました。それにしても大きいー!

そのほか、新長田の商店街には横山光輝「三国志」にまつわる石像やオブジェやパネル展示も行われていました。商店街をぐるりとまわったあと、お目当ての「そばめし」のお店にGO!

到着したのは、お好み焼き屋「青森」さん。このお店は昭和33年、初代がお客さんのリクエストからそばめしを考案したと紹介されているお店です。このお店はダンナが調べていて行くのを楽しみにしていたお店です。

私たちが到着して席についたとたん、10分もしないうちに店は満席。みなさん、順番待ちで次々とお店に入ってこられました。ビックリ!お店の方とお客さんのお話を聞いていると、鉄人28号効果で人が少し町に出始めたと会話されていました。

わたしたちも楽しみにしていた「そばめし」を注文。神戸でそばめしを食べたのは何回目かなー?それぞれ、お店によって味や、そばめしの色が少しずつ違うから面白い。

少し前までは大阪の人でも知らない人が多かったんですよ。最近はどうかな?私も友達に教えてもらったとき、「そば」と「ごはん」別々に食べればいいのに。一緒に食べるなんて・・・。と思っていたのですが食べてみたらやみつきです!大阪のお好み焼き屋さんでは、メニューにそばめしは(ほとんど)ないので神戸で食べてみてね!

★★そばめしを知らないあなたに★★
職人さんがお好み焼き屋さんの、焼きそばに弁当の白ご飯をまぜたことから誕生したといわれています。

091026-6.jpg東京に戻ってきてからも、そばめしが食べたくなったので我が家でもそばめしを作って食べました。
写真は我が家のそばめしです。簡単なので、みなさんもぜひトライしてみてください。
posted by 農業情報総合研究所 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

NHK「つばさ」の舞台 埼玉県 川越市

090801-2.jpg現在放送中の、NHK「つばさ」の舞台となっている、埼玉県 川越に遊びに行ってきました。川越に行ったのは、連続TV小説がスタートしたころ。すでに観光客で町はとても活気がありました。

道もたくさんの人が歩いていますが、道幅がかなり広いので歩いていても楽ちん。ガイドブックによると、明治時代から広まった街並みを今にとどめている川越一番街は、蔵の町として人気を集めているようです。

写真は、川越のシンボル時の鐘。8月8日(土)FM世田谷「農といえるニッポン!」に出演予定の、小江戸鏡山酒造株式会社さんはこのすぐ近くにあります。

090801-5.jpg実際に川越一番街を歩いてみると、左右に古い建物がたくさん並んでいます。本当に古い建物ばかりなので見ているだけでも面白いです。建物の多くは実際に店舗として使われているものが多く、そのほかにも重要文化財の建物もあり歴史を感じさせます。

川越といえばさつまいも。さつまいもを原料に各お店が工夫をこらしたお菓子がたくさんあるとチェックしていたので楽しみにしていました。中でも、写真の焼きいもおにぎり「芋太郎」が、とてもおいしかったですよ〜。さつまいも好きの方にはおすすめです。

090801-3.jpg川越はうなぎが有名で、うなぎ屋さんがいくつもあるそうです。その中でも、創業200年 現在7代目という老舗のうなぎ屋さんへ行ってきました。

まだお昼までだというのに、すでに長い行列ができていました。私たちがお店の中に入って順番を待っている間も、どんどんお客さんが並びはじめ、お店の外にまで長い行列となっていました。

このお店のように、観光地には並んでも食べてみたいというお店が必ずいくつもあり、観光客はちゃんとチェックしていてみんなそのお店に集中しているのだということを最近知りました。このお店も、そのひとつのようです。

観光客は、地元のおいしいものを食べたいという気持ちは同じだということでしょうか?出かけるまえに、ちゃんとリサーチしてきていることがうかがえますね。さて、行列のできるうなぎの味は?はい。とてもおいしかったです!

090801-4.jpg町の中には、こんなおもむきのある素敵な酒屋さんもありました。ダンナは、川越の地ビールをすばやく発見しておいしそうに飲んでいました。

私もフトお店のお酒に目をやると・・・。あれれ!8月8日(土)FM世田谷「農といえるニッポン!」に出演予定の、小江戸鏡山酒造株式会社さんのお酒がたくさん置いてあります。「つばさ」ロゴ入りのお酒もあります。地元で愛されているお酒なんですねー。

今回、私たちは時間がなくて何度も乗れなかったけれど、駅前からでている小江戸巡回バスに乗ると、運転手さんがとてもわかりやすく川越や、走りながら名所の歴史などお話してくれます。川越は、もう一度訪れてみたいと思う素敵な蔵の町でした。みなさんも、機会があればぜひ行ってみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

宮城県 石巻焼きそば

宮城県 石巻取材レポート!(3)レポート1、レポート2は下記をご覧ください。

宮城県 石巻取材レポート!(1)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/123105969.html

宮城県 石巻取材レポート!(2)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/123105969.html

レポート2でも書きましたが、石巻の焼きそば食べるのを楽しみにしていたのに、お店が閉まっていたり、のぼりのあるお店を見つけることができずにガッカリ。

そのとき、東京にある宮城県プラザで焼きそばが販売されているのを思いだしました。「ダンナに、そういえば東京で売ってたよ。帰ったら、焼きそば買ってきて作って食べよ。」と、石巻を後にしました。

090706-3.jpg東京に戻り宮城県プラザに行ってみるとありました!おーっ、これこれ。他の麺よりも黒いのが特徴のようです。この日、宮城県プラザでは催事がおこなわれていたので、店頭のおじさんに地元の方はどうやって食べているのか聞いてみました。
おじさんいわく、お店によって違うし、なんだろう?もやしかな?とにかくおいしいよ。とのこと・・・。聞かなきゃよかった。

090706-4.jpg地元ならではの作り方もあると思うのですが、いつも通り焼きそばを作ってみることにしました。

メンが黒いので出来上がりも普通のそばより黒い。目玉焼きを乗せるのが特徴らしいのですが、これ関西のお店でもよくやりますねー。
食べた感じは、いつも私たちが食べているメンよりはかなりしっかりしています。焼きそばといってもいろいろなメンがあるんですねー。それにしても、東京に戻ってから石巻の焼きそばを食べることになるなんて自分でもびっくりです。

東京の方も、石巻の焼きそばをお家で作ってみてくださいね。
さて、今回チャレンジした石巻焼きそばの材料のご紹介です。

・石巻焼きそば
・キャベツ(人参、もやし、干しエビなど加えてもいいですよ)
・豚肉・たまご
・塩・こしょう・サラダ油・ウスターソース

石巻の焼きそば情報は下記に詳しく掲載されています。あわせてご覧になってみてください。
http://www.iitoko-miyagi.com/program/090616.html
posted by 農業情報総合研究所 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

仙台&水沢江刺のおいしいもの

090706-1.jpg写真は、岩手県奥州市の江刺特産品、たまごめんです。そうめんタイプと、うどんがあります。

今回は、そうめんタイプを買ってみました。見た目はそうめんですが、たまごを使っているので、ほんのり黄色っぽいです。そうめんと同じぐらいの細さなのに、歯ごたえは、かなりしっかりしています。ほんのりたまご味がして、とってもおいしいですよ。みなさんも機会があれば食べてみてくださいね。

たまごめん会社のホームページ
http://www.ranmen.co.jp/index.html

090706-7.jpg水沢で、おいしいと評判のラーメン屋さんに行ってきました。しょう油ラーメンを注文したのですが、スープの色が濃いのでびっくり!大丈夫かな?と、思ったのですが、食べてみると意外にさっぱりしていておいしかったです。
ロシア出身の奥さんが考えたメニュー、水沢レッド(ボルシチ風ラーメン。ピリ辛トマト味とか)、ピロシキなどもが書かれていました。ちょっと気になりますね。食べた方がいらっしゃればぜひ教えてくださいね。

仙台では、サンドイッチ ほそやのハンバーガーを食べてました。お店は1952年創業。和牛100%のハンバーグと野菜とのバランスの良さ、厳選した素材で地元の方々に長年愛されているそうです。
実はそれほど期待はしていなかったのですが食べてビックリ!すっごく、おいしい!!ハンバーガーって、本来はこういうものなんですねー。有名なお店なので、みなさんもチェックしてみてくださいね。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

旅日記:信州善光寺&別所温泉

nagano-1.jpg昨年、長野県に取材旅行に行ってきました。まずは上田駅近くに観光名所があるというので行ってみまし。ところが、あれれ?誰もいないよ・・・。でもせっかく来たので、サクッと通りを歩いてみたあと、おいしいと評判のそば屋さんに向いました。

お店につくと駐車場には長野ナンバーの他、群馬、新潟など県外ナンバー車でいっぱです。もちろん、広い店内も満席状態。ちょうど席があいていたのでなんとか座ることができました。

nagano-2.jpgもりそばを注文すると、大きな器が運ばれてきました。どう見てもあげ底だろうと思っていたら、底まで一杯にそばが入っていました。エーーッ!東京と同じ感覚でいたら大間違いでした。軽く3人前はあったんじゃないかな?というぐらいの量でした。
 麺は東京で食べるソバよりも短めで、出汁はかなり甘め。でも、そばはおいしかったですよぉー。味、量ともに人気があるのも納得!

nagano-3.jpg上田駅から。別所温泉に到着。こちらの女性駅員さんは、作務衣、大正浪漫のはいからさん風の衣装を着ていらっしゃいました。ん?なんか関係あるのかな?
 お風呂は小さめでしたが、熱くなく、ぬるくもなく、個人的には好きな温度でゆっくり温まった感じ。手足もすべすべ。ふふふ。

 お楽しみの夕食は、品数は多いけど一品ごとの量は割と少なめ。味は全体に甘めかな?料理の中では、薬膳地鶏鍋が珍しかったですねー。最後に地元塩田産こしひかりが、とてもおいしかったです。お米つやつや。こんなにおいしいのに、お昼に食べすぎて残してしまいました。あーーー、残念。

nagano-4.jpgそして、行ってみたかった善光寺のお戒壇巡り。この日も大勢の人でにぎわっていました。階段を降り真っ暗な廊下を進むと中ほどに錠前があります。それに触れると、御本尊様と結縁を果たし往生の際、お迎えに来ていただけるというありがたい約束をいただけるというのがお戒壇巡り。
 みんな緊張しているのか誰も一言もしゃべろうとしません。本当に真っ暗で怖かったです。私ひとり、きゃあきゃあ言っていましたが無事錠前に触れることができました。よかったぁ〜。なむなむ〜。

このあと、2件もそば屋さんをはしご。そばの出汁がお店によって違うことがわかったのと、そばが本当においしのだと実感。お店でいただくそば茶も、どれもおいしいのでお土産に買いました。

nagano-5.jpgnagano-6.jpgnagano-7.jpg他にも、野沢菜おやき、みそ焼おにぎり、みそソフトクリームも食べました。なんだか食べてばっかりでしたが長野にはおいしいものがたくさんあり大満足!
 長野のお味噌は、関西で毎日飲まれているお味噌汁と味が近いのでとても親近感を覚えました。お土産屋は、そばパスタ、長野のお味噌を買いました。
 長野のお味噌は焼きおにぎりにとってもあうので、しばらく焼きおにぎりにはまっていました。そばバスタは、しょうゆべーすのキノコパスタがグーですよぉ〜。みなさんも、チャレンジしてみてくださいね。
 そして、酒千蔵野さん蔵見学、取材へと続くのでした。

つづく〜。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

ワシントンDCレポート4

08wdc-09.jpgワシントンDC滞在3日目に、現地に滞在しているお友達と合流。この日は、写真のお魚マーケットに連れて行ってもらいました。

お魚マーケットと言っても、とってもこじんまりしててびっくり!
早速、どんな魚がどのように売られているのか見てまわりました。すると、お店の人から威勢のいい声が飛んできます。これは、日本と変わりません。

しかし、売っている魚は見たことのない魚ばかり。わかったのはエビとカニぐらい。その他の魚はなんだろう?慣れない英語の看板をじっくり見ていると、バス、ナマズ、コイ、ティラピア。それにザリガニのようでした。

この日、かなり気温が高く日差しがかなりきつかったのですが、お店の方は魚に日があたっても気にならないようでした。それに、日本の魚屋さんでは考えられないけど、魚を何重にも重ねて置いていることに驚きました。このマーケットでは、クラムチャウダー、蒸したカニその場で食べられます。両方とも、とても人気があるようでみんな並んでいました。

08wdc-10.jpg市場を見学後は近くでランチ。今、写真を見てみるとそれほど量があったわけじゃないのに、このときは見ただけでおなかいっぱいになってしまいました。
もう少し、盛り付けを変えるだけでかなりイメージは違うと思うのは私だけかな〜?パンの上に乗っているのは白身魚のフライでした。はて、この白身魚はなんでしょうか?

今回、こちらのマーケットを見学してみて、日本の魚屋さんがとても丁寧に魚を扱っていることがあらためてよくわかりました。


posted by 農業情報総合研究所 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

和菓子ブーム!

食べ物に興味を持ち、原材料を見るようになってから食べなくなったものと言えばお菓子。だけど、甘いものが食べたい。そんな私が興味を持ったのは和菓子でした。

もともと大好きだった「わらびもち」を、おやつ代わりに食べようと思ったのですが、自分の好みの「わらびもち」が見つかりませんでした。デパートや、有名和菓子店など何軒ぐらいまわったでしょうか?
08031-3.jpgあきらめかけていたとき、見つけたのが近所の小さな和菓子屋さん。それほど期待せずに買ったのですが、わらびもちの固さ、きな粉のおいしいこと。一口食べて大ファンになりました。

それ以来、よくこちらのお店で「わらびもち」を買っています。定期的にお店に行くようになって気づいたのは、このお店のファンの方がすごく多いことです。わらびもちの他にも、だんご、お餅など品切れ状態なんてこともしょっちゅう。

わらびもちもおいしいけれど、写真の梅の形をした最中がとてもおいしいのでおすすめです。甘くないのがとてもお気に入りです。そんな和菓子に興味をもちはじめていたら、TVであんどーなつがスタート。う〜ん、世間では和菓子ブームだったのですね。

続きを読む
posted by 農業情報総合研究所 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

ワシントンDCレポート3

08wdc-07.jpgワシントンDCで、写真の鳥をよく見かけました。日本でもこの鳥はいるのかな?なんという鳥なのか、ご存じの方がいたら教えてください。

さて、さて、ワシントンレポート2の続きです。ワシントンDCで、日本のお寿司を食べに行きそこねた私たち。ホテルに戻ったはいいが、外出するにはかなり遅い時間になっていました。おなかは限界。結局、ホテルのバーに駆け込みました。

バーといっても、ローストクラブサンドがあったのでこれで十分。他にもフィシュアンドチップを食べました。この白身魚のフライ、あっさりした味なのですが何という魚なのか不明でした。

さて、お店でちょっと気になることがありました。それは、注文のたびに店員さんに声をかけるのだけれどみなさん知らん顔。あれれ?何で来てくれないんだろう?意外と不親切なんだなーと思っていました。

すると、ダンナがよく見てごらん。それぞれのテーブル担当が決まっているみたいだよ。さっきから声をかけているのは、このテーブルの担当じゃないから来ないんじゃない?と、教えてくれました。

えーっ!!本当に?しばらく観察しているとその通りでした。さっきから、何度もテーブルをのぞきに来たり、飲み物のおかわりはいかがですか?と聞きに来る、よく気がつく店員さんがいると思ったら私たちのテーブル担当がその人だったというわけ。

日本だと店員さんに声をかけるとすぐに来てくれるし、どの店員さんでも注文も聞いてくれるのが当たり前。どうやらアメリカではシステムが違うようです。うーん、びっくりしました。

他にもビックリしたことは、部屋にスリッパがないこと。フロントで貸してもらおうと思ったら、スリッパは置いてないとのこと。本当に?ガイドの方に聞いてみると、アメリカではスリッパを履く習慣はありませんとのことでした。部屋で靴をぬいで歩きたいと思うのは日本人だけなの?うーーん、知らなかった〜。
posted by 農業情報総合研究所 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

ワシントンDCレポート2

ワシントン2日目は、朝から市内観光ツアーに参加しました。参加者は10名と少なかったけれど、小さなバスでの移動が思っていた以上に楽でした。この季節、アメリカでは修学旅行シーズンらしく、市内は観光バスと子どもたちでいっぱいでした。

08wdc-04.jpgあまりにも人が多かったので遠い場所から1枚写真を撮っておきました。パチリ!ガイドさんが、修学旅行生にどこから来たのか子どもたちに聞き、彼らはニューヨークから来たそうですよと私たちに教えてくれました。すると、彼らの先生が近寄ってきて、自分は日本の八戸に行ったことがあるのだと話かけてきました。なんだか、楽しい先生でした。(笑)

このあとは、アーリントン墓地、ケネディの墓。バスからは、要塞のようなペンタゴンも見えました。ランチタイムは、このペンタゴンのショッピングモールで自由行動。中に入ってびっくり!関西のとある施設にそっくりだと思いました。ひょっとして、関西の施設はこれを真似したとか?

中央にテーブルとイスが配置されていて、それをぐるりと囲むようにいろいろなお料理のお店がありました。中華料理、ハンバーガー、タイ料理、日本とあまり変わらないような・・・。ダンナは、タイ料理にチャレンジ。私は無難にパンとコーヒーにしました。

写真撮るの忘れたけど、見た目は少し古くてばかでかい飲み物の自動販売機がありあました。日本の自動販売機のように、サンプル商品の陳列がなく、おつりもでてこないようでした。日本の自動販売機ってすごいんですねー。

08wdc-05.jpgラんチの後は、リンカーン記念堂、ホワイトハウス、ナショナルギャラリー、航空宇宙博物館などを見学しました。どこにいっても、修学旅行生でいっぱいでした。

ナショナルギャラリーは、有名な絵画がたくさんあるにも関わらず入場料は無料。すごい!時間が限られていたので、ダビンチ、フェルメールなどを数点見ました。ここでは、自由に写真撮影ができ、みなさんわいわいおしゃべりしています。ヨーロッパの美術館では写真撮影禁止。館内もシーンとしていたので、あまりにの違いに驚きました。

08wdc-06.jpg海外で日本食がブームなので、ワシントンDCで日本のお寿司を食べに行こうと思っていました。市内観光が終わり、お店に行けば十分間に合うだろうと思っていたのですが、お店に到着したときはすでに満席。1時間待ちだったのであきらめました。残念!!

仕方ないので、いったんホテルに戻ることにしました。途中、ジオグラフィックセンタービルの前にカエルを発見。思わず写真撮っちゃいました。ダンナがビールを買いたいというのでリカーショップにも行きました。店内には日本のビールもバラで販売されていました。日本のビールも頑張っているんですね。ダンナはイギリスの黒ビール買いました。レポート3へ続く〜。


posted by 農業情報総合研究所 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

ワシントンDCレポート1

08wdc-02.jpg夫婦二人の共通の知り合いがワシントンにいるので、思いきって今年の春ワシントンDCへ行ってきました。
出発の1ケ月前に仮予約をしたのですが、このころからすでに燃油サーチャージ(運送機関の課す付加運賃・料金)」が、どんどん高くなっていました。ネットでチェックしたら、さらに高くなっていたので驚きました。各旅行会社のサイトにも掲載されているようなので参考にしてくださいね。

<参考までに>
JAL サーチャージ2008年7月30日更新
http://www.jal.co.jp/other/info2006_0714.html
ANA サーチャージ2008年7月29日更新
http://www.ana.co.jp/topics/unchin/info.html

フライト中、揺れが大きく長かったのでかなり怖かったなぁー。ワシントンDCに到着し、飛行機を降りたとき空気の乾燥が気にならなかったのでホッとしたのを覚えています。
ホテルに到着したときは、時差ボケで眠くてフラフラ。ホテルにチェックイン後はすぐに仮眠をとりました。どのぐらい眠ったでしょうか?少し元気になったのでホテルの外をぐるりと散歩。

08wdc-01.jpgホテルの近くにコンビニがあったので入ってみました。店内は、日本のコンビニにと変わらないのですが、販売されているコカコーラや、アイスクリームのサイズが大きいので本当にびっくりしました。うわさ通りなんですねー。

到着が夕方近くだったので、夜はホテルで夕食をとることにしました。いつも海外に行ってブルーになるのが食事。食べきれない量を見ただけで、食欲なくす人は多いのではないでしょうか?また、うんざりするほどの量のお料理だろうとなーと思いメニューを見てみると、「スモールサイズ」という文字がありました。料理は「天ぷら」。

今や日本食は海外でもブームだし、ワシントンDCなら大丈夫だろうとと思いオーダーしてみました。さて、どんな天ぷらが運ばれてきたかというと、小さいお皿に一匹ずつ入った海老の天ぷらが3皿でてきました。

海老の天ぷら?フライ?よく見ると、衣が小麦粉でもなく、パン粉でもない。食べた触感はコーンフレークのようですが、見た目は天カスの衣にも見えました。他の小さな皿には、甘辛いソースのようなケチャップが添えられていたので、これをつけて食べるようでした。これは、アメリカの天ぷらなんでしょうねー。

さて、このあともワシントンDCを旅行しながら見た、アメリカの食について気づいたことを綴っていくことにします。続きをお楽しみに〜。

posted by 農業情報総合研究所 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

そうだ!京都へ行ってきました。

08kyoto1.jpg少し前になりますが京都に行ってきました。京都へは何度か遊びに行っているのですが、いつも観光案内や、ガイドブックに掲載されているお店ばかりに行っていました。今回は、初めてガイドブックに掲載されていない京都の旅を楽しんできました♪

写真のお店は、昭和20年からこの場所でお店をされているという洋食屋さん。作っているのは、な、なんと、90歳を超えているというおじいさんです!こちらのお店では、ポークカツ、タマゴサンドが有名。私はタマゴサンドを注文。お皿の上のサンドイッチは、卵の厚みがあるのでサンドイッチからこぼれてしまうほどのボリューム。味はあっさりしているのでペロリと食べられます。地元ではかなり有名なお店のようでした。京都と洋食。なんだか、新しい発見でした。

08kyoto2.jpgこちらも地元では有名な居酒屋さんだそうです。開店と同時に、あっという間にいっぱいになってしまいました。お店のあちらこちらから京都弁の会話が耳に飛び込んできます。なんか、いい感じ〜。カウンターの向こう側には、大きな日本酒の樽酒が見えました。えっ?飾りだよね?と思っていたら、お店の方が木の栓をキュッキュッとあけ、お酒を注いでいるではありませんか!うぁ〜、飲んでみたいと思ったら、ダンナがすでに注文していました。どんな味がするんだろう?わくわくしながら飲んでみると・・・。オォーッ!お酒から木の香りが漂ってきます。お酒にうまみがプラスされるのか?ビン詰とはかなり違う味わいでおいしいーー!木の樽に入っているお酒はおいしいんですねー。あっ、そういえばこのお酒の銘柄はなんだったかな?こちらのお店、お料理も季節ものがメニューに並んでいるいいお店でした。

08kyoto4.jpg粉ものにはうるさい関西人。観光地ではないところでお好み焼き、タコ焼きにもチャレンジしてみました。ちなみに写真のお店はお好み焼き屋さんです。そのお味ですがソースが大阪、神戸とは全然違うのでビックリしました。あじは甘辛。ですが個人的には、かなり甘いと思いました。粉ものだけではなく、おばんざいの味付けも甘いということに初めて気づきました。また、次に京都に行くときもガイドブックに掲載されていない京都の味を発見しようと思っています。

posted by 農業情報総合研究所 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

関西の旅(神戸三宮・元町編)

関西人が楽しむ関西の旅、有馬温泉、明石の次は、神戸三宮、元町へと移動。久しぶりに三宮、元町を歩いてみると、すぐに気がつくほどお店がいろいろ変っていてビックリしました。でも、懐かしい〜!!

こちらは観光というよりもグルメ三昧してきました。
まずは、元町のおいしい明石焼き(明石では玉子焼きと呼びます)のお店へGO!明石とは違った味でおいしいですよ!こちらのお店は、地元、観光客の人でいつもいっぱいです。私たちが訪れた日も、遅い時間でしたが店内は満席でした。ひょえーーー!!

さて、次はお好み焼き。元町と三宮の間ぐらいかな?商店街にあるお好み焼きさんに久しぶりに行きました。何年ぶり?こちらは、カウンターのお店で10人入れば満席。隣の方と肩がふれあうほどの狭いお店。

開店と同時にお店に入ると、すでに並んで待っていらっしゃったお客さんがどこからか、次々に入ってきてあっという間に満席。お客さんは地元の常連客さんばかり。ここでは、今日から始めたという「牡蠣焼き」にチャレンジ。これも神戸だけじゃないかな?以前から、ずっと食べてみたかった、お好み焼きの中に牡蠣をいれたもの。はじめて食べたけど、ぷりぷりしてておしいかったです。そして、定番のそば飯。こちらのお店のそば飯は、あっさりした味です。

おっと、みなさん、そば飯ご存じですか?そば飯は、焼きそばの中にごはんが入ったものです。これ、大阪にはないんですよー。神戸名物といってもいいと思います。観光に行かれたら、ぜひチャレンジしてくださいね。

そして元町の中華街では、水餃子専門のお店に行きました。このお店の
水餃子、スープに浮いていません。このお店のオリジナルなのですか?と、お店の方に聞いてみると本場ではスープに入れないのが普通の食べ方だと教えてくださいました。えーっ、知らなかった。

初めて食べるスープに浮いていない水餃子。お味はというと、思っていた以上にジューシーで、おいしー!!こんな隠れた名店があったとは知らなかったです。ちなみに、東京でもおいしいと評判の中華を食べにいったら、こちらも水餃子はスープに浮いていませんでした。

最後は、三宮の焼き鳥屋さんへ。このお店は、地元の方に教えてもらったお店です。久しぶりに食べたけど、お店のお父さんが焼いてくれる焼き鳥はおいしいですよー。お店は地元の常連客ばかりで、関西弁、神戸弁の会話が飛び交っていました。なんか、ええなぁ〜。(笑)

関西の旅、有馬温泉、明石、三宮、元町をまわり、ひとつ残念だったのは地元のおいしい日本酒に出会えなかったことかな?このブログの記事が、これから神戸を旅行される方々の参考になればうれしいです。
posted by 農業情報総合研究所 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

関西の旅(明石焼き・明石編)

関西人が楽しむ関西の旅、有馬温泉に続いて向かったのは明石。お目当ては明石焼き♪関西以外の方はあまりなじみがないかも知れませんが、「たこ焼き」とは別ものです。明石焼きは、約160年の歴史を持つと言われていて兵庫県明石市の名物。たこ焼の元祖だとか。地元明石では、「玉子焼き」と呼ばれていてお店の看板も「玉子焼き」と書かれています。

たこ焼きと違い焼いている鉄板が違います。大きく違っている点は食べ方。明石焼きはだしをつけて食べます。大阪、神戸などで食べても固さや、生地の味、お店によってだしの味も微妙に違うので食べ比べてみると面白いですよ。明石焼きについては、下記のサイトを見つけたのでご覧ください。http://www.tohtani.com/akashiyaki.index.htm

さて、今回は一番のお気に入りのお店へ。開店と同時に入り久し振りの明石焼きを食べました。う〜ん、やっぱりここの明石焼きが一番おいしい!!と思う私。お店を出るとすでに行列ができていました。相変わらず大人気のお店です。明石焼きを食べたあとは、魚の棚(うおんたな)へGO!

akashi-2.jpg魚の棚(うおんたな)は、おさかなの町・明石を代表する明石駅前の商店街です。左の写真は、商店街の舗装を写したもので。これ、お魚のうろこをを表現しているそうです。商店街は、明石港でとれた新鮮なお魚が並んでいます。太刀魚おいしそうだったなぁ〜。通りでは、お母さんがよく作ってくれたイイダコのやわらか煮を見つけました。あまりにおいしそうだったので買ってその場で食べました。やわらくておいし!このお店、商店街のマップから見つけました。
http://www.uonotana.or.jp/shop-055.htm

akashi-1.jpg以前、地元明石の方に商店街を案内してもらったとき、干しタコがおいしいよ!このタコを使って、タコ飯を炊いたらおいしいからと教えてもらいました。実際にタコ飯を炊いてみましたがとってもおいしかったので、今回もこの干しダコを買うことにしました。すごい立派な干しタコでしょ?タコ飯は、干しダコでも十分おいしく炊けます。みなさんもチャレンジしてみてくださいね。ちなみに、このまま小さくちぎってお酒のおつまみにもあいますが、干しダコはあぶらなくてもおいしいです。

akashi-3.jpg今年のいつ頃だったかな?TVで魚の棚(うおんたな)商店街が紹介されていました。商店街のお店を紹介するといった内容だったのですが、酒屋さんの奥で立ち飲みバーが紹介されました。商店街を歩いているときに、そのことを思いだし行ってみることにしました。お店の横をすりぬけ、頭を低くして入口を入ると地元の方や観光客でいっぱいでした。酒屋さんということもあり、ワインや、日本酒も多く揃っていました。みんな、思い思いにワインや、日本酒を楽しんでいます。私たちは純米の日本酒を頼みました。もちろん燗の対応もばっちり!お酒にあうお料理もたくさんありました。タコの刺身おいしかったなぁー。立ち飲みだったけど、おいしくお酒、お料理をいただきました。はぁー、魚の棚満喫!このあとは、三宮、元町編です。

兵庫 明石魚の棚(うおんたな)商店街
http://www.uonotana.or.jp/


posted by 農業情報総合研究所 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理・特産品・和菓子・スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする