2019年01月09日

農ラジ!第139回更新:甘強酒造の黒みりん

本年も農ラジ!をよろしくお願いします。
本みりんシリーズ第3回です。

農ラジ!第139回更新しました。甘強酒造の黒みりん
文久2年(1862年)創業 みりんを造り続けて150余年
甘強酒造株式会社代表取締役社長 山田幹夫さんのインタビューです。
東京農大オープンカレッジ「和食を支える本みりん」講座が開催されました。
この講座にオブザーバーとして参加された山田社長にもお話を聞かせていただきました!
山田社長、ありがとうございました!😊



NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken
*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 21:03| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第138回更新:みりん博士に本みりんについて聞く!

11月30日は本みりんの日!ご存知でしたか?
東京農業大学応用生物科学部 醸造科学科 教授 舘 博先生インタビュー。
お醤油博士ですが、本みりんも博士でもあります。

東京農大オープンカレッジ「和食を支える本みりん」講座が開催されました。
10年近く開催されている講座について、先生にお話を聞かせて頂きました。

農大卒業生の皆さん、是非聞いてみてくださいねー。
先生、ありがとうございました。😊





NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken
*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:57| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第137回:11月30日は本みりんの日!

東京農大オープンカレッジで開催された「和食を支える本みりん」講座開催に参加してきました。

講座の目的、11月30日本みりんの日について教えていただきました。
みりん研究会 事務局 河合 均さんインタビュー。

#農ラジ #本みりん #みりん研究会


NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken
*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:51| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第137回:サラリーマンを辞めて老舗醤油を継ぐ!

朝日屋酒店主催:美酒名酒きき酒会で、イゲタ醤油醸造元 株式会社井上本店 
代表取締役社長 吉川 修さんにインタビューさせていただきました。

日本酒のきき酒会は、おいしいお酒と出会えうことができます。
作り手の人とからも直接話が聞けるのが消費者としては嬉しいものです。

醤油も同じですね。全国にたくさんある醤油。それを味見したり、お話を聞く機会はほとんどありません。
お会いした会場で淡口醤油をお湯で割っただけの醤油を一口試飲しただけなのに、う、うまい!!
醤油は日本が誇る調味料ですよね。もっと消費者の人が多くの醤油と出会えますように。




NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken
*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:42| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

農ラジ!取材。「和食を支える本みりん」講座

農ラジ!取材。

東京農大オープンカレッジ「和食を支える本みりん」に参加してきました。
先生のお話は、いつ聞いても楽しく学べるので何度聞いても飽きないなー。

この日は、白みりんについてお話を聞くことができました。
インタビューは、先生の方に4名。黒みりんのお話まで聞かせていただきました。ありがとうございました。
こぼれ梅の試食することができました。

みりんは落語でも紹介されているってご存知でしたか?
上方では「柳蔭(やなぎ かげ)」。江戸では「本直し」と呼ばれていたようです。
昔は冷酒用として飲まれていたそうです。

DSCN4351-2.jpg


DSCN4360-2.jpg



NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken
*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 14:19| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

農ラジ!第134回:蔵元インタビュー/出羽桜酒造

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

朝日屋酒店主催 第9回美酒名酒きき酒会に参加された蔵元インタビューをお届けします。
久しぶりの再会となった出羽桜酒造株式会社さんです。

以下の3種類のお酒を試飲することができました。
桜花吟醸
季節限定雄町純米吟醸
枯山水 三年熟成

ぜひ、聞いてみてくださ〜い!

posted by 農業情報総合研究所 at 21:50| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第135回更新!蔵元インタビュー:鳳凰美田さん

NPO法人農業情報総合研究所ブログです。
農業、食、環境の情報発信情報や日々の活動をご紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

*よく似た名前の団体、ブログがあります。ご確認のうえ、お問い合わせください。

ご協力いただいた栃木県小山にある小林酒造さん。鳳凰美田の銘柄で有名ですね。
専務さんが農大卒業生。
農大卒業3年目の女性社員の方にもインタビューにご協力いただきました。
農大生へのメッセージもいただきましたよ〜。

#日本酒 #鳳凰美田 

朝日屋酒店主催 第9回美酒名酒きき酒会での取材です。
皆さん、ご協力、ありがとうございました!

posted by 農業情報総合研究所 at 21:22| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

農ラジ!第133回更新。/「美酒名酒きき酒会:第9回」

今年も世田谷 梅ヶ丘パークホールで開催された「美酒名酒きき酒会:第9回」におじゃましてきました〜♪

第2回目から参加しているきき酒会。ここで、たくさんの蔵元さんとの出会いをいただいています。
インタビューにご協力いただいている蔵元の皆さん、いつもありがとうございます。
まずは、小澤さんのインタビューをお聞きください。



posted by 農業情報総合研究所 at 10:35| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

農ラジ!第132回更新地域の!循環型の堆肥作りのチャレンジ

建設業から農業参入/愛媛県 有限会社あぐり

パート2愛媛県伊予郡松前町 建設業から農業へ参入。
建設業のノウハウを活用した米作り。無農薬米、地域の循環型の堆肥作りのチャレンジ。
有限会社あぐり 事業部部長 大森 孝宗さんインタビュー。




posted by 農業情報総合研究所 at 20:20| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

有限会社あぐりさんとの思い出

過去のインタビュー写真。2007年11月。
大森さん、社員の方にお話を聞かせていただきました。

当時、農業分野への異業種参入が注目を集めていました。
有限会社あぐりさんの取組は、農林水産省の立ち上がる農山漁村平成17年度選定事例にも選ばれました。

071102-2.jpg

061028-2.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 10:27| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第131回を更新/愛媛で農薬、化学肥料不使用の米作り

お待たせしました。農ラジ!第131回を更新しました。

愛媛県伊予郡松前町にある、有限会社あぐりさん。今回、農ラジ!インタビューにご協力いただいた大森さんとお会いしたのは、2006年だったかな?東京農業大学で開催されたバイオマスのシンポジウムでした。

同大学の先生にご紹介してもらい、翌年にコミュニティラジオ番組「農といえるニッポン!でインタビューにご協力いただきました。
あれから?年。愛媛県に行くことになり大森さんにお会いしてきました。今度は農ラジ!にご協力いただきました。

建設会社から農業分野へ参入。参入当時から、農薬、化学肥料不使用の米作りを行っておられます。

愛媛県 有限会社あぐり 事業部部長 大森 孝宗さんインタビュー。


posted by 農業情報総合研究所 at 10:20| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

日本酒好きの学生が選んだ日本酒3種類はこれだ!

大学生団体 SUKIMACHI主催の「地元好き集まらん会」。
日本酒好きの学生が選んだ、日本酒3種類がすごい!!

P_20180513_194632-2.jpg


(1)ビートルズが流れる蔵で造られたという「Beau Michelle(ボー・ミッシェル)」。
(2)雁木 スパークリング 純米 発泡にごり生原酒
(3)純米吟醸 豊盃 (ほうはい)

P_20180513_194747-2.jpg


3本とも、めっちゃ美味しかった!
(1)は、日本酒?と思うぐらい、飲んだことのない日本酒?でも、美味しい!!
(2)のスパークリング日本酒、辛さがなく、スッキリした味わいで、いい感じ〜。
(3)は、安定した美味さ。

学生たちも、美味しい、美味しいと日本酒コーナーが大人気でした。
20代の味覚、するどいなー。恐れ入りました。

#SUKIMACHI #日本酒
posted by 農業情報総合研究所 at 20:46| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学生団体 SUKIMACHI主催の「地元好き集まらん会」に参加!

大学生主催のイベントです。
少しだけ社会人枠があるので、参加させていただくことになりました。

P_20180513_193758-2.jpg


学生のパワーがすごかった。みんなで、SUKIMACHI地図作り。
地元PRタイムも面白かったなー。

P_20180513_202035-2.jpg


P_20180513_193917-2.jpg


代表の和泉くん、スタッフの皆さん、そして声をかけてくれた学生の皆さん、
ありがとうございました!楽しかったです。


#スキマチ #SUKIMACHI
posted by 農業情報総合研究所 at 20:30| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

農ラジ!第130回更新。学生団体「SUKIMACHI」代表インタビュー。

学生団体「SUKIMACHI」3代目代表
銚子観光大使 獨協大学4年 和泉大介さんインタビュー。



好きなまち、地元を発信しようという活動を行っている学生団体。
具体的には、「地元集まらん会」、メンバーが地元を案内する「全国すきMatch旅」を企画。


代表和泉さんが、SUKIMACHIの活動に関わるきっかけ。
高校生の頃、銚子市での活動についても教えてもらいました。

「地元集まらん会」にも、参加させていただきました。
学生のみんなが気さくに声をかけてくれて、とても楽しませていただきました。
みんな、ありがとう〜!!


気になった学生のみんなは、以下をチェックしてみてね。
SUKIMACHI
https://www.facebook.com/SUKIMACHI-99
https://mobile.twitter.com/47jimotozuki

posted by 農業情報総合研究所 at 13:58| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

明治大学黒川農場見学に行ってきました。

オープンから6年目を迎えた明治大学黒川農場。
やっと、見学に行くことができました!

明治大学黒川農場は、環境・自然・地域との共生をコンセプトに、
2012年4月に神奈川県川崎市麻生区の黒川地区に農業研究の新農場として開場しました。
私は、開場後、初めての見学となりました。

農場をご案内して下さったのは、黒川農場 副農場長、明治大学農学部 玉置 雅彦教授です。
開場した年に、私が担当していた「農といえるニッポン!」という番組に
ご出演いただきました。久しぶりの再会となりました。


最寄駅は、小田急線「黒川駅」となります。
シャトルバスは実習の学生専用。一般の方は徒歩。またはタクシ−になります。

私は、先生の車で農場へ移動。
エントランスで写真撮り忘れてしまった・・・。

見えてきたのは、黒川農場のシンボルともなっている本館。
木造のハイブリット構造だそうです。
吹きさらしのため、オープン当時に比べ木材が黒ずんだので少しお化粧直しをしたようです。
これほどの大きな木材を建物に利用できるなんて。日本の建築技術は素晴らしいですね。

DSCN3265-2.jpg


早速、温室を案内していただきました。
まずは、イチゴの温室。すでに、最後の収穫が終わった後でした。あー、残念。
「高設栽培」で、学生たちが実習できるように通路が通常よりも広くなっています。

DSCN3267-2.jpg



温室の熱源は木質ペレット。作物残渣、木や枝をペレット化したもの。
機械は、企業から寄贈されたものだそうです。
木質ペレット生産場も見せてもらいました。

DSCN3269-2.jpg

次は、トマトの温室
よく見ると、センサーが、たくさんついています。

養液土耕法といって、肥料を必要な量だけ溶かした水を点滴しながら土壌で作物を育てる方式
だそうです。どれだけの肥料を溶かした水を、いつ、どれだけ点滴するかを決めるのに、
温度センサーや土壌センサーなどから得たデータをクラウド上で分析。

DSCN3274-2.jpg


その結果に基づいて、点滴用のバルブを開閉するのだそうです。
この研究を行っている、小沢先生にもお会いすることができました。

DSCN3277-2.jpg


最近は、不耕起栽培も始められたそうです。
有機農業のサイトによると、不耕起栽培とは「作物を栽培する際に通常行われる耕耘や
整地の行程を省略し、作物の刈り株、わらなどの作物残渣を田畑の表面に残した状態で
次の作物を栽培する方法」と定義されています。
小沢先生、ありがとうございました。

==(小沢先生の研究)==
株式会社ルートレック・ネットワークスは、自社開発製品であるAI搭載の土壌環境制御システム
「ゼロアグリ」の新機能として「SNS連携機能」を2017年12月13日発表。

【AI搭載土壌環境制御システム 「ゼロアグリ」について】
2005年の創業以来培ってきたM2M技術をベースに、2010年に総務省委託事業にて農業市場に参入。
以降、明治大学との共同開発を開始し、2013年よりAI搭載 土壌環境制御システム「ゼロアグリ」を発売しています。


そして、水耕栽培の温室へ。
入って驚いたのは、少量多品目が栽培されていたことです!

DSCN3287-2.jpg



「水耕栽培は、消費者から敬遠されていたが消費者に受け入れられるようになったとのかな」
という先生のお話を聞いて納得。

DSCN3288-2.jpg



私自身も水耕栽培の野菜は弾力がないのでなんとなく敬遠していましたが、
「サラダほうれんそう」は苦味もなく手軽に食べられるので抵抗なく買っていることに
気付かされました。「サラダほうれんそう」は、水耕栽培でした。(笑)

こちらでは、年間15回収穫が可能だそうです。
水耕栽培は、生産、販売まで安定しているが初期投資が高いことがデメリット。

最近では、食べられる花「エディブルフラワー」の栽培できるようです。
小さなバラも栽培できるとか。女性に人気があるようです。

ここで育てられた野菜は黒川農場近くにある、川崎市のJA直売所『セレサモス』で販売。
お客さんからも好評でよく売れるそうです。
この日、採れたてのほうれんそう!をいただきました。

DSCN3313-2.jpg


そして、学生たちの実習用圃場へ
ちょうど、学生たちが実習にやってきました。みんな、ワイワイ楽しそうです。

DSCN3296-2.jpg

他にも、社会人を対象とした生涯教育講座「アグリサイエンスアカデミー」
有機農業講座が開講されています。かなりの人数の方が参加されているようです。


最後はちょっと変わった形の温室。
中に入ると、バナナや、パイナップル、さとうきびを見ることができました。

DSCN3304-2.jpg


DSCN3308-2.jpg


最後は、マイクロバブルのお話を少し伺うことができました。
玉置先生は、農業分野でマイクロバブルの研究を行っておられます。

明治大学ホームページより
主な著書・論文
『マイクロバブルの農業分野への利用の可能性』(共著・マテリアルインテグレーション・2009年)
『マイクロバブル・ナノバブルの最新技術U』(共著・シー工ムシー・2010年)
『Removal of residual pesticide, fenitrothion, in vegetables by using ozone microbubbles generated by different methods』(共著・Journal of Food Engineering・2011年)
『Removal of residual pesticides in vegetables using ozone microbubbles』
(共著・Journal of Hazardous Materials・2011年)


マイクロバブルは日本発祥の技術で、世界でも研究が行われているようです。
現在、マイクロバブル学会、ファインバブル学会連合があります。
呼び方は違いますが、ファインバブルもマイクロバブル。同じ。

現在、工業、医療、農業分野で研究が行われています。
食品に使われた事例は、「二酸化炭素マイクロ・ナノバブル」を用いた日本酒
「純米大吟醸磨き二割三分 獺祭早田」が旭酒造株式会社によって製品化のようです。
 

二酸化炭素をマイクロナノバブル化することで、40℃以下の低温下での殺菌・酵素
失活作用を実現し、熱による酒質の変化を抑えた世界初の製品化です。

研究は、明治大学農学部 早田保義教授の研究テーマ
「低加圧二酸化炭素マイクロナノバブルによる殺菌法の実用化」

早田教授と旭酒造株式会社との共同研究により開発を開始。
平成23年にご逝去されましたが、教え子の小林史幸氏
(現:日本獣医生命科学大学食品科学科講師)が研究を継続し製品化。

医療分野では、ナノバブル湯として温泉などで使用されています。
ただし、マイクロバブルは汚れを取ってくれるが、油もとるため体質上
あわない方もいるようです。

玉置先生、ありがとうございました!

posted by 農業情報総合研究所 at 19:11| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

農ラジ!取材。奈良県イゲタ醤油醸造元 株式会社井上本店

創業1864年レンガ蔵で作る こだわりの天然長期醸造醤油。
日本酒イベントに醤油の蔵元さん?

第9回美酒名酒きき酒会
世田谷梅ヶ丘パークホール開催。朝日屋酒店主催

株式会社井上本店の社長さんの息子さん二人が農大生。
朝日屋酒店でバイトしていることもあり、今回のイベント
出店となったようです。農ラジ!インタビューにご協力いただきました。
誠にありがとうございました。

社長さんにお聞きすると、「日本酒のイベントなのに醤油に興味持ってもらえるかなぁ〜」
と思いながら参加されたそうです。ところが、お酒のブースと同じぐらい大人気でした!
濃口、淡口醤油をなめてみましたが、この醤油、お、美味しい〜。今度、ぜひ買ってみたいと思いました。

きき酒会は、今まで知らなかったお酒、蔵の方たちにも会える場となっていますが、
お醤油も同じなんですね。作り手と消費者が出会える場がない。ホント、貴重な場ですね。
奈良県は、お醤油屋さんがたくさん残っていて頑張っておられます。
ぜひ、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

DSCN2874-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 21:22| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!取材 栃木県小山市 小林酒造株式会社さん。

第9回美酒名酒きき酒会
世田谷梅ヶ丘パークホール開催。朝日屋酒店主催 

農大卒業生の女性たちが大活躍している蔵です!
小林酒造は栃木県小山市の小さな蔵ですが、日本酒「鳳凰美田」は、
日本航空のビジネスクラスで提供されるなど。全国的にも知られています。

小林正樹専務、農大卒業3年目醸造女子に、農ラジインタビューにご協力いただきました。
ご協力、誠にありがとうございました!蔵元で大勢の女性が頑張ってるなんてステキ!!


DSCN2898-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 21:18| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!取材 山形県 出羽桜酒造さんインタビュー。

第9回美酒名酒きき酒会
世田谷梅ヶ丘パークホール開催。朝日屋酒店主催 

久しぶりに、出羽桜酒造営業部の方にお会いすることができたので、
農ラジ!インタビューにご協力いただきました!

出羽桜ファンの方が、枯山水3年熟成が美味しい、美味しいと
飲んでおられたので、つられて飲んでみました。

ハッ!これ、美味しい〜♪ 雄町も好きだけど3年熟成もおいしかったー。
インタビューのご協力、誠にありがとうございました!



DSCN2890-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 21:03| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!取材 第9回美酒名酒きき酒会に行ってきました!

世田谷梅ヶ丘パークホール開催。朝日屋酒店主催 


参加者の方が入場する前に、きき酒に参加させていただきました。銘柄を伏せて17種類をきき酒。
香り、一口、2口めで広がる味、最後の味。
これを言葉にしたり比較するのは、ホントに難しいですね。


農ラジ!取材は、朝日屋酒店、蔵元さん3社にインタビューにご協力いしていただきました。
ご協力、誠にありがとうございました。

DSCN2895-1.jpg

〜朝日屋酒店さんとの出会い〜

朝日屋酒店さんとの出会いは、2011年4月。農といえるニッポン!インタビュー。
東日本大震災復興レポート 東京都世田谷区から:日本酒の蔵元さんを応援しよう!チャリティきき酒会でした。

当時、インタビューにご協力いただいた方々。
・世田谷区 朝日屋酒店
・茨城 霧筑波
・福島 金沢屋
・千葉 不動
・福井 黒龍

DSCN2891-1.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 20:58| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農ラジ!第129回更新!「せたのう体験はじめてみませんか?」

農ラジ!第129回更新!せたのう体験はじめてみませんか?
前回に続き、都市農業がテーマです。

世田谷瀬田農業公園(分園)で農業指導を担当されている、
住友米一さんにお話を聞かせていただきました。
体験に来られる皆さんの反応、指導してみた感想を聞いてみました。
インタビュアー:植村春香



昨年は、天候が不順で雨で3回も取材が延期になりました。
種まきのあと、大雨が降ったり、長雨が続いたり、作物の成長にも影響がありました。
農業ってホント、お天気に左右されますね。

農ラジ!では、杉並区、練馬区の農業体験農園も配信しています。
ぜひ、ご覧になってみてください。
posted by 農業情報総合研究所 at 20:04| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

農ラジ!取材:愛媛県松前町(有)あぐりさん

建設業から農業へ参入 愛媛(有)あぐりさんにお話を聞いたのは2007年でした。
http://kansyokunouken.seesaa.net/category/25084702-4.html

今回、愛媛に行くことになり愛媛県伊予郡松前町(松山市の南隣り)にあります
農業法人「有限会社あぐり」大森さんに会いに行ってきました!
http://aguri.jp/index.shtml

歩いていけないので、車で迎えに来ていただきました。

DSCN2439-1.jpg


いつも見慣れたお米の袋。

DSCN2447-1.jpg


精米機も見せていただきました。
DSCN2446-1.jpg


11年ぶり?の再会となりました。
もちろん、「農ラジ!」の取材もお願いしました!(笑)

DSCN0993-1.jpg


運営統括責任者の大森孝宗さんにお話しをお伺いしました。
株式会社愛亀(社員300人)という道路建設会社の農業部門になります。

2000年に農業に参入されて、現在、50ヘクタールにて主に有機米の生産をされています。
圃場数ですと400枚です。近隣の休耕田も管理されています。

こちらの生産は、常勤8名、非常勤10名。
お米はこしひかりなど複数品種です。「にこまる」も生産されています。
流通は県内のスーパーやホテルなど、また東京圏にも卸されています。

DSCN2459-1.jpg


食品残渣のリサイクルと堆肥の生産も行われています。
最近は、ブロッコリー、レタス、大根などの野菜の有機栽培も始められていました。

いつもお米を送って来てくださるときに、野菜を送ってくださるのですが旬の採れたので野菜で
とっても美味しいんですよね〜。いつも、ありがとうございます。
この美味しさを、数字にできるといいな〜とお話されていました。

DSCN1005-1.jpg

この日は、地元の方も珍しく雪が降って寒いとお話されていたほど寒かった。
お忙しいところ、ありがとうございました!農ラジ!配信をお楽しみに。

戻ってから、こんなにも野菜をたくさん送って来ていただきました。
どれも美味しかった〜。どうも、ありがとうございました!!

DSCN2516-1.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 22:49| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

農ラジ!第128回更新!せたのうはじめてみませんか?

今回は、都市農業がテーマです。
世田谷区には、農業公園があるのをご存じですか?
第102回、103回は、世田谷区喜多見農業公園を取材しました。
今回は、瀬田にオープンした世田谷瀬田農業公園(分園)です。

世田谷瀬田農業公園(分園)を運営・管理されている、一般財団法人世田谷トラストまちづくり 
トラストみどり課 みどり事業担当 係長小林 昭一さんインタビュー。

せたのうとは?小松菜の収穫体験イベントの紹介、運営・管理の仕事について。
今後のイベント開催について、お話を聞かせていただきました。

取材に行った日は、小松菜の収穫体験の日。多くの親子が参加していました。
みなさん、とっても楽しそうでした。



農ラジ!では、杉並区、練馬区の農業体験農園も配信しています。
ぜひ、ご覧になってみてください。
posted by 農業情報総合研究所 at 21:44| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

農ラジ!第127回更新!無農薬、無化学肥料ドローン米にチャレンジ!

三重県津市 田井千年村   つじ農園 辻 武史さん
ドローン・ジャパン株式会社  代表取締役社長 勝俣喜一朗さんインタビュー。 

ドローン米プロジェクトメンバーの辻さん、なぜ、ドローンを使って米作りにチャレンジしようと思ったのでしょうか?きっかけや、メリット、デメリットについて伺ってみました。

ドローン・ジャパン株式会社  代表取締役社長 勝俣喜一朗さんには、現在の取組について。
これからの新しい取組(土壌の見える化、人材育成について)教えていただきました。

写真提供:つじ農園、ドローン・ジャパン株式会社

posted by 農業情報総合研究所 at 10:51| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

農ラジ!第126回更新!千年村で米作り・つじ農園 辻武史さん

三重県津市 田井千年村 つじ農園 辻 武史さん

16年間、機械製作所勤務後、実家に戻り就農。
地域の歴史を調べているときに千年村プロジェクトを知り参加。
参加のきっかけ、農業経営との関わりについてお話を聞かせていただきました。

早稲田大学 建築科 中谷研究室所属 鈴木 明世さん
千年村プロジェクトの目的、活動について教えていただきました。



辻さん、鈴木さん、ご協力、ありがとうございました!!
posted by 農業情報総合研究所 at 22:50| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

農ラジ!取材&能登の里山を食べて楽しんできました。

〜(株)百笑の暮らし設立記念イベント〜

東京から輪島に移住するという時に「農といえるニッポン」ゲストコーナー出演をお願いしました。あれから4年。輪島で起業しちゃうのだからびっくり!!

P_20180223_213317-1.jpg


イベントは満員御礼!大勢のお友達がお祝いにかけつけていました。私も、同じテーブルの人と一緒に能登のおいしいお食事を楽しむことができました。美味しかった〜。

P_20180223_200039-1.jpg


今年の4月から、能登の里山をまるごと楽しめる滞在場所
「里山まるごとホテル」をオープン!するそうです。
http://www.satoyamamarugoto.com/

先ずは拠点施設であり古民家レストランとなる「茅葺庵」がオープンし、
宿泊施設は2019年に開業予定。
里山まるごとホテルのコンセプトは「里山の暮らしをより楽しく」ロゴが可愛い〜!

P_20180223_200133-2.jpg


早速、農ラジ!インタビューにもご協力してもらいました。
山本くん、ご協力ありがとうございました!
能登での活動頑張ってね〜。\(^o^)/

P_20180223_230309-1.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 22:27| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

農ラジ!第125回更新/TATECO FARM代表 立石裕大さん(東京農業大学)

農ラジ!第125回更新!

学生の力で耕作放棄地解消する活動 
学生団体 TATECO FARM代表 立石裕大さん(東京農業大学)

千葉県八千代市、神奈川県小田原市でも耕作放棄地を解消する活動。
TATECO FARMは、「『食』を農業を通じて感じてみたい・農業でコミュニティを広げたい」をコンセプトに活動してる学生団体です。



参加してみたい方は、以下のページにアクセスしてみてください。https://www.facebook.com/tatecofarm/
https://www.facebook.com/ODWR.Citrus/

インタビュアー:植村春香
posted by 農業情報総合研究所 at 20:34| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

農ラジ!出演者マルシェ情報/京漬物販売。

2/17日テラスマルシェの記事をシェアしました。
https://www.facebook.com/events/148392655881630/

農ラジ!農業研イベントでお世話になった、京漬物川久 北尾商店さんが出店されます。
美味しいお漬物、おすすめですよ〜。
私も、行ってみたいと思います。(^^)

北尾商店さんとのイベント 
2017年1月 池袋で「京つけもの×ワイン研究会」を開催しました。http://kansyokunouken.seesaa.net/article/446589000.html
「京つけもののお話しとワインとのマリアージュ」
http://kawakyu.gourmet.coocan.jp/

農ラジ!第64回 お気に入り!京漬物のご紹介 (京都)
https://youtu.be/hMs8US-n_QE
農ラジ! 第63回:お気に入り!京つけもの/千枚漬け
https://youtu.be/2l6CcmkmHAg
posted by 農業情報総合研究所 at 10:39| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出演者のご活躍/奈良 生駒のひらひら農園さん。

農ラジ!に、ご出演いただいた、ひらひら農園さん。
朝日新聞奈良ページの生駒市特集に掲載されました。わぁー、読んでみたい。

ひらひら農園さんのインタビューは、以下のサイトからお聞きいただけます。
農ラジ!第65回:奈良県生駒市で新規就農!ひらひら農園
https://youtu.be/bGmlwfg_YHI
農ラジ!第66回:ひらひら農園/就農前から決めていた販売先
https://youtu.be/KVCp5mSlXA0
posted by 農業情報総合研究所 at 09:30| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

東京農業大学造園学科学生インタビュー/TATECO FARM

TATECO FARM 代表 立石裕大(東京農業大学)さんにお会いしました!
https://www.facebook.com/tatecofarm/

千葉県八千代市出身。地域の耕作放棄地を増えていくのを見て、自分でも何かできることはないかと
立ち上げたのがTATECO FARM。八千代市で野菜を栽培。

今年は、神奈川県の小田原市が取り組む「みかん畑の耕作放棄地解消」
する活動も行う予定だそうです。

少し先になりそうですが、農ラジ!配信をお楽しみに〜!!
posted by 農業情報総合研究所 at 23:34| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

農ラジ!第124回更新/東京イチジクプロジェクト!

東京イチジク代表 舩木翔平さんインタビュー(2)

取組みは始まったばかり。現在、7種類のいちじくを栽培。
どの品種が土地にあっているのか調べているところ。

目標は、東京いちじくのお土産を作ること。
女性に人気のある「いちじく」気になった方は、ぜひ応援してあげてくださいね。
https://tokyofig.com/

インタビュアー:植村春香
posted by 農業情報総合研究所 at 22:27| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする