2008年03月31日

試飲会場で出会った純米酒(手取川/吉田蔵・天狗舞)

デパートで出会った日本酒(純米酒)ご紹介パート2です。

080327-2.jpg石川県 株式会社吉田酒造店の手取川。知り合いの方が手取川の大ファン。「おいしいよー。」と、話していたので、一度飲んでみたいと、町の酒屋さん、デパートで探したのですが見つかりませんでした。ある日、デパートの試飲会場ではっぴに「手取り」という文字を発見!素通りするつもりが、思わず駆け寄ってしまいました。あははは。こちらの蔵では、手造りによる酒造りを続けていく為に、蔵を二つに分けてベテランの杜氏さんと、若手の杜氏さん二人がお酒を作っているそうです。今回は、若手の杜氏さんによる、吉田蔵 純米酒を買ってみました。とても、飲みやすいおいしいお酒だったので、あっという間に夫婦で飲んでしまいました。今度は、ベテランの杜氏さんのお酒も飲んでみたいものです。
■吉田蔵 純米酒 ■原料米 五百万石(石川県)■精米歩合 50% ■日本酒度+4 ■アルコール分15.8% ■酸度1.3 ■アミノ酸度1.4

080327-1.jpgこちらも石川県ですね。株式会社車多酒造の天狗舞です。私が、純米酒を飲めるようになってから、外出先でよく飲んでいたお酒で大好きなお酒のひとつです。人気が高いのか純米酒もあと2本しか残っていませんでした。この日は、荷物をたくさん抱えていたからどうしようかな?と思ったのですが、やはり買ってしまいました。私が買ったのは山廃仕込純米酒 天狗舞です。この日の夕食、早速飲もうとおちょこについでびっくり!お酒が黄金色しています。他のお酒も、ほんのり色がついているものはありますが、古酒のように黄金色をしていました。これは山廃仕込だからなのかな?香りもよく、最後にピンとくる感じ。う〜ん、おいしい!!思わず、おかわりしちゃいました。(笑)
原料米/五百万石等の酒造好適米100%使用
精米歩合/60%(全量自家精米)
保管/冷暗所(開栓後は冷蔵庫)

試飲会のよいとこは、小さな720mlビンで買えるところです。手頃な値段でいろいろな蔵のお酒が楽しめます。また、買い物帰り、少し荷物があっても重くないので買いやすいというところがうれしいですね。

デパートの試飲会場といっても、小さなスペースに販売員さんとツーショットになることもたびたび。慣れていないと、試飲するだけでも勇気がいりますね。最近では、日本酒ブームもありお酒の講座もたくさん開催されています。まずは、お友達と一緒に、講座に参加して試飲を楽しむというのもいいかもしれませんね。

私は、日本酒が飲めるようになってから、さらにいろいろなお酒に出会える機会をくださったのが、東京農業大学 短期大学部 醸造学科 穂坂先生です。ラジオを聞いてくださっている方々は、ご存じだと思いますが、醸造学科は東京農業大学にしかない学科なんですよ。

日本酒の蔵元の8割(約1600社)が東京農業大学出身者ということもあり、東京農業大学「食と農の博物館」には、卒業生の蔵元の一部280銘柄のビンがオブジェのように壁いっぱいに飾ってあります。きれいですよー。

展示してある中から、2〜3銘柄を選び、東京農業大学 短期大学部 醸造学科 穂坂先生によるお酒の講義をとともに、利き酒が体験できる講座が5月16日、6月20日、7月18日と、3回シリーズで開講される予定だそうです。こんな講座に参加されてみるというものいかがでしょうか?

講座の会場 東京農業大学「食と農の博物館」
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/topics/index.html#080324
講座の申し込みはこちら↓
http://www.nodai.ac.jp/outline/extension/25.html

みなさんも、米・米麹でできたおいしい日本酒と出会ってくださいね。

posted by 農業情報総合研究所 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒・甘酒・日本酒講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック