2008年01月31日

北茨城名物の鮟鱇のどぶ汁鍋

2007年12月22日に、ラジオ番組でfood contractor TOMOZO 代表 黒澤 知邦さんに、〜北茨城からのお便り〜「地域の人たちとの連携で生まれた話題のケーキと名物鮟鱇(あんこう)鍋」についてお話を聞かせていただきました。

080127-1.jpgご出演後、話だけではなく実際にどぶ汁鍋を食べてくださいと、food contractor TOMOZOで扱っている鮟鱇(あんこう)のどぶ汁鍋セットを送ってきてくださいました。お話を聞いたものの、実際に作り方がわからないからどうしよう?と思っていたら、ちゃんとレシピが入っていました。そのレシピに目を通してみると、いくつもポイントがあったのでひと安心。ホッ!箱をあけてみると、初めてみるオレンジ色した肝のダシが入っていました。どんな味がするんだろう?と、わくわくしながらレシピ通りお鍋を用意。

080127-2.jpgまずは、ダシの濃さを見るために味見と。どれどれ?むむっ!今まで感じたことない味覚というのでしょうか?すごくおいしい!あまりのおいしさに、お鍋ができたら写真を撮ろうと思っていたのにすっかり忘れ夢中で食べていました。すると、「写真撮らなくていいの?」とダンナの声で気づきました。あーーーっ!そうだった。あわてて写真を撮ったもののほとんど食べ終わっている状態・・・。えっと、こんな感じでした。(笑)

このあとは、おじやを作ってみました。たまごを入れるとおいしいと聞いていたのですが、初めてたべる鮟鱇(あんこう)の肝ダシがおいしいのでたまごは入れませんでした。でも、これ大正解!とっても、おいしかったです。みなさんも、鮟鱇(あんこう)のどぶ汁鍋チャレンジしてみてくださいね。

ご興味のあるかたは → http://www.tomozo.biz/
季節限定商品なのでお早めに〜。

posted by 農業情報総合研究所 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック