2008年01月10日

物産展で秋田の食材を満喫!

昨年、デパートで開催されていた秋田・岩手・宮城の物産展に立ち寄りました。一昨年、この物産展で食べた「ハタハタ三五八漬け」がおいしかったので行ってみることにしました。

いつも岩手県、宮城県は、各アンテナショップによく行くので、今回は情報の少ない秋田県を中心に見てみました。おいしいもの、たくさんあったのでご紹介したいと思います。

080109-1.jpgまずは、こちらのお漬け物。「白神べったら漬」ですが、、「保存料」「化学調味料」「合成着色料」を使用していないお漬け物です。お漬け物は、かなり化学調味料がたくさん入っているものが多いのに珍しいと思い買ってみたのですが、あまりのおいしさに、もういちど売り場に行って買ってしまったお漬け物です。
このお漬け物、世界自然遺産白神山地の腐葉土から発見した乳酸菌「作々楽」(ささら)を使用しているのですが開発までには時間がかかったそうです。昨年、テレビ番組「素敵な宇宙船地球号」で商品が紹介されたと、売場に自ら立って販売されていた社長さんが熱く語ってくださいました。興味のある方は、下記のサイトはご覧ください。http://www.shirakami-sasara.co.jp/index.html
続いては、「秋田名産 義家納豆」値段は少々高め。よくわらに包んでいる納豆を売っているけれど、わらを開いてみるとビニールに包まれているのがほとんどですよね?

080109-3.jpgところが、この納豆はビニールがなかったので開いてみてびっくりしました。香りが違えばにおいも違う。一番違うのは糸のひきぐあいと味かな?変なねばりがなく、豆の味がしっかりしていました。ん?納豆って本来こういう味なのかな?後で調べてみると、お取り寄せなどでは定番の納豆で主婦雑誌にもしっかり掲載されていました。おぉ〜、有名だったんですね。みなさんも、ぜひ一度お試しあれ。

080109-2.jpgそして楽しみにいしていた、ハタハタ三五八漬けの売り場に行ってみると、売場のお母さんが添加物を使っていない鰰寿司がおいしいよと、すすめてくださったので買ってみることにしました。初めて食べたのですが、おいしー!お酒のおつまみにあいそうでした。ハタハタ三五八漬けもやっぱり食べたいなーと、再度買いに行ったら物産店が終わってました。あっちゃー!!今度は忘れず、2つセットで買うことにします。(笑)

080109-4.jpgじゅんさいは、原材料名のところにph調整剤が必ず書いてあるのですが、このじゅんさいには書かれていませんでした。「生じゅんさい」だから?ちょっと珍しいなぁーと思って買ってみました。今までじゅんさい、何度か食べているはずなんですが、このじゅんさいは、ぷりぷり、こりこりして、とてもおいしかったです。

080109-5.jpg最後はみてください。ぷりぷりした、大きな生のなめこです。市販のものしか食べたことなかったけれど、本物のなめこっておいしい!味噌汁に入れても、香りや味が全然違う〜。秋田には、こんなにおいしいものがたくさんあったのですね。また、次回の物産店が楽しみです。

追加:忘れていました!もうひとつおいしいものがありました。
それは、ハタハタ古里 海草ギバサ「磯のとろろっこ」です。これも、売場のお母さんがすすめてくれたので買った商品ですが、おいしくてあっという間に食べてしまいました。




posted by 農業情報総合研究所 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アンテナショップ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。