2007年07月23日

銀座ミツバチプロジェクト番外編

2007年7月14日、21日と2週にわたって、エフエム世田谷 ラジオ番組ではNPO法人銀座ミツバチプロジェクト副理事長 (株)紙パルプ会館 取締役 田中 淳夫さんにお話を聞かせていただきました。

そして、22日(日)18:30分から放送のTV番組「夢の扉」で、NPO法人銀座ミツバチプロジェクトが取り上げられ田中さんがご出演されていたんですよぉ〜。皆さん、ご覧になられました?私は、ちょうどこの時間移動中だったので見られなくて残念!!

こちらに、番組の紹介がありましたのでリンク貼っておきますね。
http://www.tbs.co.jp/yumetobi/backnumber/20070722.html

ラジオ番組の方はブログに書いていますので是非ご覧くださいね。
今なら、プレゼントも実施中ですよ!

1回目: 銀座にミツバチがやってきた!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/47755060.html
2回目: ミツバチがつむぐ新しい銀座の物語り
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/48674768.html

070723-2.jpg
写真が、屋上で飼われているミツバチくんたちが取って来たハチミツ。そして、そのハチミツを使った銀座産発商品のラベルです。写真ではわかりにくいですが、ハチミツは透き通っています。養蜂家藤原さんによると、純粋のハチミツは透き通ってむこうが見えるそうですよ。私も、ハチミツは昔から大好き。甘くてどろ〜っとしたのがハチミツと思っていました。ところが、ハチミツは花によって、甘さや、固さも随分違うようなのです。私が紙パルプ会館屋上で採ミツに参加した5月は、甘くてサラサラしたハチミツでした。

スタジオで収録した日、文明堂のカステラを田中さんがお土産にと持ってきてくださいました。このカステラを包んでいたラッピングが可愛かったので写真を撮ろうと思っていたのに、いやしい私はカステラに夢中になって写真を撮るのを忘れていました。はっ!しまった!!

というわけで、左のラベルのみ写真をとりました。文明堂のカステラ。何年ぶりに食べたかなぁ?小さい頃を思い出しました。大人になってからは甘いカステラがちょっと苦手。ところが、この銀座産のハチミツを使ったハニーカステラは、と〜っても上品な甘さというのでしょうか?甘さは十分あるのですが、まったりした甘さがなくさらさらして後味もすっきり!おいしいんですよ♪みなさんも、来年是非試してみてください。田中さん、おいしくいただきました。どうもありがとうございました!

右は、アンリ・シャルパンティエのマドレーヌのラベルです。よく見るとミツバチのプロフィールが書かれているんですよ。出生地:銀座、養蜂場所:紙パルプ会館、家族10万匹、なんて細かな演出も遊び心いっぱい。こちらは、個人的にチャンスがなく食べられなかったけれど、来年は是非食べてみたいです。今年食べた方がいらっしゃれば、是非感想聞かせてくださいね〜。


posted by 農業情報総合研究所 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 養蜂・ハチミツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック