2018年08月20日

農大生が活動する山梨県小菅村について学べる講座です。

地域おこし、地元の活性化、商品づくりにチャレンジしてみたい方。
農大の学生たちが行っている、山梨県小菅村ってどんなところ?
自然が大好き。山登りが好きな人、そんなあなたにぴったりの講座です!!

多摩川源流大学とは?東京農業大学が行っている人材教育プラグラムです。
山梨県小菅村を舞台に、学生たちがさまざまな実習、体験をしています。
実際に、どんなことが行われているのでしょうか?小菅村ってどんなところなの?

山の風景、水の源流、森の生き物たちについて、これまでの活動について。
講座を通して、学生たちと一緒に小菅村を楽しんでみませんか?


9月22日(土)13:30〜15:00「食と農」の博物館2000円 
山梨県小菅村「見て、聞いて、作って、食べて 多摩川源流大学流 農山村地域との関わり方」講座
「鹿肉バーグ」の試食、楽しいクラフト体験を予定しています。
https://www.facebook.com/events/277653279454236/

https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/news/article/21654/


P1690868-1.jpg
写真:源流大学さん提供:無断使用禁止
posted by 農業情報総合研究所 at 16:39| Comment(0) | 農大博物館:食の講座開催 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。