2018年08月13日

イチジク物語(1)なんでイチジクに興味を持ったの?

NPO法人農業情報総合研究所
https://www.youtube.com/channel/UCThMNzCUmkmzabZljCSGLuA
http://www.facebook.com/nogyojyoho
http://twitter.com/nogyosogouken

最近、イチジクについて聞かれることが多くなりました。自分でも忘れないように書いておこうと思います。
イチジクに興味を持ったのは、愛知県の職員の方との会話がきっかけでした。

会では、定期的に農業ビジネス研究会を開催しています。先にご紹介した愛知県の職員の方が先輩から紹介されたと、何度か研究会に参加してくださるようになりました。研究会終了後、懇親会で隣りに座ったときのことです。愛知県の農産物の話になり確かイチジクの話題になったと記憶しています。

職員の方が、以前イチジクを担当していたこともあり、愛知県がイチジクの産地であること。イチジクの種類、栽培方法を教えていただきました。驚いたのは、イチジクの消費が減少していることです。なんと、若い世代がイチジクを購入していないというのです。なんとかイチジクを盛り上げて産地を守っていきたいとのこと。

同じ席でお話を聞いていた方が、秋田出身でイチジクがとても身近で大好きとのこと。私も、イチジクケーキを食べたばかりだったということもあり、イチジク好きの人は結構いるのではないか?それに、今まで男性が見向きもしなかったけれど、女性に一定の人気があった「栗」。東京での成功事例があるのでイチジクもいけるかも?と、イチジク好き3人で、もっとイチジクを盛り上げて行こう〜!と盛り上がったのでした。
ラベル:イチジク 愛知県
posted by 農業情報総合研究所 at 11:02| Comment(0) | イチジク・都市遊休農地解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。