2007年06月24日

農業戦隊フードレンジャーレポート1

★大学生のラジオチャレンジ感想

東京農業大学 応用生物科学部 栄養科学科 食品機能開発学研究室 村 先生のご協力のもと結成されたのがフードレンジャー。メンバーを代表して、ラジオトークにチャレンジした感想を書いてもらいました。

フード@ニューレンジャー

当初、ラジオへの出演を依頼されたときには、研究の山場、また国家試験勉強への焦り等もあり、教授直々の頼みでなければ断っていたと言っても過言ではない位、出演自体に思うところもないものでありました。

 しかし、先に収録を終わらせた友達の話を聞いたり、ウェブを拝見したりする内に、次第に興味や楽しみというような漠然とした「期待」のようなものがこみ上げ、当日は大変楽しく収録を迎えることができたことをはっきりと覚えております。

 特に精密機器に囲まれ、両耳にはヘッドフォン、さらに隣のガラス張りの部屋から幾人からの視線、通常ではあり得ない環境にて、生放送ではないものの、テンポよくDJからの質問に真面目に、ときには冗談も交えながら会話も交わしていくという一連の流れは、まるで自身の頭の回転を試されているようでもあり、大変刺激的な経験となりました。

 出来上がり、放送されるものを改めて聞くというのは少し恥ずかしさもありますが、また機会があれば積極的に参加したいと思いますし、これから収録を予定した学生達には、ぜひこのめったにない機会を大いに楽しみ、大いに経験していただきたいと思います。

 最後になりましたが、エフエム世田谷の植村さん、そして私に機会を与えてくださった村教授に心から感謝申し上げたいと思います。有難うございました。

-------------------------------------------------------------------
国家試験を控えた状況での、メンバーのとりまとめ、連絡を担当してくれて本当にありがとう!!

当日は、農業白書(関東版)の取材に農政局や、農水省の方々がスタジオで見守る中での収録。緊張したと思うけど、ニューレンジャーは、しっかりした受け答えで栄養科学科の楽しい授業の内容や、研究で苦労したエピソードを紹介してくれました。

取材に来られた方々も、ニューレンジャーのしっかりした受け答えには、大変驚いていらっしゃいました。当日の収録内容は、まだ未公開ですが、農業白書(関東版)にも、しっかり掲載していただく予定となっています。

フードレンジャーのみんな、本当にありがとう!
posted by 農業情報総合研究所 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生のラジオ出演感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック