2017年09月01日

農ラジ!第118回更新。インバウンドニーズをいかに取り込むか。

JAグループのチャレンジ!農家民宿にて田舎暮らし、インバウンドニーズをいかに取り込むか?
株式会社農協観光 営業企画部地域交流推進課 課長石井唯之さんインタビューです。

農業と観光をつなげていくのは、一つの大きなテーマとなっています。
JAグループの取組事例として、和歌山県のJA紀の里の直売所「めっけめん広場」、各企業との連携についてご紹介していただきました。

今後は、外国人の方に観光に来て体験をしていただく。その方々が自国に戻って日本の農産物を買ってくれる。そんな循環した流れを作っていきたいと考えているそうです。
この続きは、9/6日農業情報総合研究所主催の研究会にご参加いただき、石井さんのお話をお聞きください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/452800413.html

写真提供:株式会社農協観光 

posted by 農業情報総合研究所 at 13:17| Comment(0) | 農業ラジオ「農ラジ!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。