2017年08月19日

埼玉県小川町で新規就農した沓澤さんの農園訪問レポート

沓澤さんの農園訪問は2回目となりました。
無農薬、無化学肥料にて栽培されています。
伺ったときは、トマト、紫トウガラシ、ナス、キュウリ、コリンキー、バターナッツの収穫時期でした。

紫トウガラシ、奈良県在来のトウガラシの品種。県内で古くから栽培され、親しまれてきた伝統野菜の一つとして「大和野菜」に認定されているそうです。火を通すと深緑色に変化するが特徴のようです。
170818-3.jpg


暑さでバッタもひとやすみ。
170818-2.jpg


地域の仲間との取組も教えてもらいました。面白そうですね。
埼玉県 比企郡川島町のしょう油醸造社と協同にて大豆も栽培されています。

「安心安全な醤油・ふるさとの味を100年先に伝えたい」、そんな笛木醤油の想いに共感いただいた小川町の有機農家さんたちと、大豆の種まきから収穫、醤油の仕込みまでを体験できるイベント
https://www.facebook.com/events/1461144850622156/?ref=ts&fref=ts

9/9土に開催される「小川町オーガニックフェス2017」に出店されるそうです。
ご興味のあるか方は、以下のサイトをご覧ください。
https://ogawaorganicfes.com/contents2017/

かなり厳しい条件で頑張っておられます。頑張ってほしいです。!(^^)!
沓澤さん、ありがとうございました。
posted by 農業情報総合研究所 at 19:57| Comment(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。