2017年03月06日

2/19日楽しく学べる「手作りおはぎ」講座を開催しました!

楽しく学べる「手作りおはぎ」講座を開催しました!
主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館

先生は、NHKあさイチをはじめテレビ、ラジオ番組にご出演。
幅広くご活躍されている三軒茶屋「乾物の足立商店」さんです。

今回、参加申し込みの際に子どもと一緒に参加したいというお申し出がありました。若い世代の方、子どもたちにも「おはぎ作り」を体験してもらおうと親子連れでご参加していただくことにしました。

はじめに、NPO法人農業情報総合研究所からご挨拶と講座の内容をご紹介。そして、簡単なおはぎクイズで楽しんでいただきました。

170219-236.jpg


このあと、乾物の足立商店さんからご挨拶。
この日、作ってもらうおはぎは小豆、きな粉、胡麻、青のり、抹茶の5種類です。
セミナールームは、各テーブルに配られた小豆、きな粉のいい香りが漂っていました。

170219-312.jpg


ボールに入ったもち米が配られ、すりごきでトントンと潰す作業からスタートしました。
ポイントは、あまり潰しすぎないことだそうです。
足立商店さんから、手にもち米がくっつかずに上手に丸めることができるアイデアが披露されました。
参加者の方からも、「こんな作り方があるんですね」と驚きの声が上がりました。

170219-237.jpg


お待ちかねの試食タイム!
あんこが甘すぎずちょうどいい」「美味しい!」といった感想が寄せられました。この後、足立商店さんに用意していただいた長野のおはぎ、「クルミだれ」をいただきました。こちらも、「美味しい」と大好評でした。
17021-116.jpg


最後は、足立商店さんが考えてくださった山芋と小豆を使ったデザートが配られました。上にイチゴが添えてありケーキのようです。このイチゴは、世田谷区千歳台の農家さんが作った完熟イチゴ。前日、足立商店さんが農家さんのところに買いに行って下さったものです。
みなさんから、「美味しい!」という声をたくさんいただきました。

17021-117.jpg


講座を開催するにあたり、東京農業大学「食と農」の博物館スタッフのみなさん、乾物の足立商店の皆さま、そして講座に参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

講座の様子を、以下のサイトに掲載していただきました。ぜひ、ご覧ください。
東京農業大学「食と農」の博物館ブログ
http://nodai.cc-town.net/modules/nmblog/categories.php?mode=show&category=41

農業情報総合研究所レポートNO.32を発行しました。 
posted by 農業情報総合研究所 at 23:37| Comment(0) | 乾物・豆・昆布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。