2017年02月18日

甘くておいしい。屋久島のタンカン。

東京農大発!学生団体 九州ほんものマイスター代表の三浦大輝くんに、
屋久島のタンカンをいただきました。甘くて、おいしい!三浦くん、ありがとうございました。

170210-4.jpg

三浦大輝くんのインタビューは、農ラジ!からお聞きいただくことができます。

農ラジ!第89回東京農大発!学生団体 九州ほんものマイスター
https://youtu.be/ETA7r2tPYL8
農ラジ!第90回東京農大生発!学生団体/九州ほんものマイスター(2)
https://youtu.be/s6uvAAGou54

タンカンを見て、思い出しました。
東京農業大学短期大学部の先生たちが中心となり「屋久島の地域活性化の取り組み」社会連携プロジェクトによる調査研究が行われていました。この研究について元栄養学科教授、東京農業大学「食と農」の博物館 元副館長先生に、お話を聞かせていただきました。「屋久島100の素顔」もいただきました。

本には、屋久島の無農薬のタンカン、ポンカンについても紹介されています。
今でも、東京農業大学生協、メルカード東京農大で屋久島のタンカン、ポンカンジャム。屋久島のお茶が販売されています。お話を聞いたあと、先生たちの紹介で同大学短期大学部全学科インターンシップの取り組み、受け入れ企業、団体、卒業生インタビューへとつながっていきました。

いろいろ悩みながら農業、食の情報発信を続けている私に対して、先生たちが声をかけて下さり応援もして下さいました。先生たちは、退官されてしまいましたが感謝しています。本当にありがとうございました。

170210-11.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 09:54| Comment(0) | 地方創生/連携事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。