2017年01月14日

七草茶粥

 関西では、「おかいさん」と呼ばれていました。
身近な食べ物なので、外でお金を払って食べたことがありません。
東京の人が京都、奈良に観光に行き、高いお金を払って茶粥を食べると知り驚きました。

 母は、木綿の茶袋に煎茶を入れて炊いていました。昔は、ほうじ茶で炊いていたそうです。
ほんの少しサツマイモを入れて、梅干し、塩昆布をのせ食べます。

 小さい頃は、好きではなかった「おかいさん」。
今では、朝に食べやすいからと毎朝茶粥を炊いて食べています。私も母と同じく煎茶で米から炊き上げます。
最近買った、小さな土鍋で炊くと米がふっくらするので気に行っています。

160111-11.jpg

 我が家では、七草も茶粥にしちゃいます。おいしいですよ!ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてください。

160111-3.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 14:49| Comment(0) | コメ・コメ粉・コメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。