2016年12月30日

大嶋農場のお米、「いのちの壱」

東京農業大学「食と農」の博物館で、毎月お米の販売を行っている大嶋農場さん。
今年作ってみたという「いのちの壱」1kg 800円。買ってみました。

以前、食べたことのある「銀の朏」と同じで粒が大きいです。
食べた食感が面白いです。粘り気が少し少なくさっぱりしたタイプのお米。
でも、それが個人的に気に入っています。
お茶碗に入れてみると、その大きさの違いがわかります。

161228-1.jpg


農ラジ!で、大嶋農場さんのインタビューをお聞きいただくことができます。
第13回:米をどう売るか!首都圏の消費者に対面販売
https://youtu.be/zxdqh2uuevE

以下の記事も、あわせてご覧ください。

岐阜県のお米「いのちの壱」をお土産に頂きました。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/429829470.html
原宿:農家サミット2015/銀の朏がありました!
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/413738713.html
posted by 農業情報総合研究所 at 20:32| Comment(0) | コメ・コメ粉・コメ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。