2016年12月29日

大塩平八郎も常連だった大阪天満のとりゐ味噌

ブログをたどっていくと、大阪天満にある「とりゐ味噌」で味噌を初めて買ったのは2009年でした。
お店があるのは、以前から知っていましたが店内で味噌が買えるとは知りませんでした。
これもインターネットのおかげですね。

お店のホームページによると、
創業は江戸時代。地元天満の町与力・大塩平八郎も常連であったと伝えられているそうです。
http://toriimiso.com/history.html

161229-1.jpg


こちらでは、味噌を量り売りしてくれます。
あまり好みでない味噌を大量に買ったとき、消費するのが大変です。
量が選べるというのはとてもありがたいです。

とりゐ満点
こちらは、大阪の味噌にしては黒い味噌。(右)
八丁味噌、赤だしと勘違いする人もいるようですが熟成した証拠だそうです。
すーーと溶ける味噌と、ふぁ〜と広がる奥行きのある美味しい味噌です。
今年も、買うことができました。左のとりゐ赤、両方おすすめの味噌です。

161228-4.jpg


農ラジ!インタビューにも、ぜひご出演していただきたいと思っています。
これを読んでくださったら、よろしくお願いします。
posted by 農業情報総合研究所 at 23:14| Comment(0) | 醸造・味噌・酢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。