2016年11月05日

残席わずかです!11/13日:小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016

成28年11月13日(日)第1回「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ」を開催します。残席わずかです。お早目にお申込みください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=556

親子でおでかけ「いこーよ」にも掲載されています。
iko-yo.net/events/57968

東京農業大学創立125周年記念収穫祭、地域環境科学部生産環境工学科 地水環境工学研究室の文化学術展を見てきました。11/13日、お米ワークショップでお世話になる研究室です。

子どもたちが、楽しんでくれそうなパネルもあったのでお米ワークショップでも展示していただくことになりました。パネルは、当日までのお楽しみ〜。小学生親子の皆さんのご参加お待ちしています。

161029-7.jpg

 
小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ2016
◎第1回 お米作りから世界の環境を考えてみるよ
  ・砂漠?沙漠?いろいろな「さばく」があるの?
  ・水が少なくてもお米がはできるのかな?
  ・アフリカでは、どんなお米が作られているの?
【日 時】平成28年11月13日(日)13:30〜15:00
【講 師】東京農業大学 地域環境科学部 生産環境工学科教授 渡邉 文雄(わたなべふみお)先生
    同 生産環境工学科准教授 鈴木 伸治(すずきしんじ)先生
【対 象】小学生親子15組30名
【参加費】300円(材料・資料代として)
posted by 農業情報総合研究所 at 20:52| Comment(0) | お米×親子食育講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。