2016年08月05日

子どもたちに伝えたい世田谷農業、野菜・果物、食のこと。

7/23日、東京農業大学「食と農」の博物館で開催した、
「世田谷で採れる旬の野菜と果物のおいしい食べ方の体験教室」レポート5

野菜講座は「子どもたちに世田谷農業、野菜、食のことを伝えよう」と多くの方々に支えられています。
皆さんを、ご紹介させていただきます。

JA世田谷目黒さん
講座をご一緒するのは6回ですが、職員の方がお話されてのは2回目です。
地元の小学校に出前授業をはじめ食育に力を入れており学校給食にも野菜を提供されています。
この日、朝採れたての小松菜、ブルーベリーを持ってきていただきました!

160723-33.jpg


世田谷では、野菜の他にも果実、花が栽培されています。
今回は、世田谷で採れる果物について、みんなでスライドを見ながら学びました。
果物クイズに、子どもたちが元気いっぱい手をあげて答えてくれました。みんな、ありがとう〜!!
区内で行われている、ふれあい農園マップ、直売所マップ、もうすぐ行われるぶどうのもぎとりのパンフレットを配布させていただきました。

東京農業大学短期大学部 醸造学科 教授 舘博先生
講座をご一緒するのは3回目。
先生と講座の内容を打ち合わせしながら、いつも新しい発見や学びがあります。
醸造は奥が深いし面白いです!(^^)

講座では、果物が原材料となるジャム、ジュースが、どんなふうに作られているのか。種類についても教えてもらいました。

新鮮な野菜、果物をそのまま食べてもおいしいですが、ひと手間加えて食べるとさらにおいしく食べることを体験してもらおうと、日本の伝統調味料を選びました。ちなみに、昨年は、「酢」。今年は「本みりん」を選びました。

160723-35.jpg


栄養士 矢後先生 講座をご一緒するのは8回目。
講座が始まる前に、小松菜スムージーを作りみんなで試飲。最後の最後までレシピを話し合いました。
下準備、調理の指導も先生が担当してくださいました。

160723-38.jpg


前回講座を手伝ってくれた東京農業大学栄養学科の学生さんがお手伝に参加してくれました。
嬉しい!!本当に、ありがとう〜!!

160723-40.jpg


今年も、たくさんの親子に参加いただきました。本当にありがとうございました!!
次回は、@11月13日(日)A11月27日(日)小学生親子向け「お米体験教室」を開催予定です。

東京農業大学地域環境科学部生産環境工学科の先生、学生さんにご協力いただきます。
内容は、以下の通り準備を進めています。皆さんのご参加お待ちしています。

@海外のお米作り。乾燥地域での米作りを学ぼう
海外では、どんな風にお米を作っているのかな?雨が降らない、乾燥地域、砂漠ではお米はできるのかな?大学生と一緒にクイズを通して研究、砂漠についても学びます。

A稲刈りから精米までを学ぼう!
収穫した稲から、稲穂(籾)、籾摺りから、もみ殻、玄米、精米器を使って白米になる過程を学びます。機械の中では、どんなふうにお米が動いて精米されているのかな?どの部分が削られたのかな?お米の白さ、水分がどのぐらい含まれているか測定してみます。

参加募集のお知らせは、東京農業大学「食と農」の博物館に掲載される予定です。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=540
posted by 農業情報総合研究所 at 16:19| Comment(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。