2016年08月05日

7/23:第6回 夏休み親子野菜体験教室を開催しました!

東京農業大学「食と農」の博物館「世田谷で採れる旬の野菜と果物のおいしい食べ方の体験教室」レポート4

この日、25名の親子が参加してくれました。\(^o^)/
今回は、世田谷で栽培されている果物について学び、簡単調理、試食体験を行いました。

世田谷区では、農地があり新鮮な野菜が栽培されています。ところが、この農地がどんどん減少しています。そこで、親子が一緒に都市農業(世田谷農業)について学び、簡単な調理、試食を行うことで都市農業(世田谷農業)、食について興味を持ってもらおうと企画された講座です。今回で6回目の開催となります。

東京農業大学短期大学部醸造学科の学生も講座をサポートしてくれました!
みんな、ありがとう!!

160723-14.jpg


世田谷区内で朝採れ立ての小松菜、バナナ(市販)を使ってスムージーを作りました。
みんな一生懸命、小松菜をちぎってバナナをカットしてくれました。

160723-11.jpg


氷を入れるので実験用のミキサーを使用しました。
小松菜の繊維が残らずホッとしましたが、撹拌している様子が見えなかったので子どもたちには残念だったかも知れません・・・。
調理を指導してくださった、栄養士の矢後先生。
160723-12.jpg


小松菜スムージーの他に、世田谷区内で朝採れ立てのブルーベリー、アイスクリームに煮切りみりんを食べました。みりんを煮るだけで、ハチミツのような甘さになるんですよ!
世田谷ではリンゴが採れます。今年の冬に、ぜひチャレンジしてもらおうと市販のリンゴを使い本みりんで煮詰めたリンゴのみりん炊きも試食してもらいました。

保護者の方から、「みりんの使い方が広がりました」、「こんな風にみりんが使えるんですね」と感想をいただきました。子どもたちから、「おいしい!」という声をたくさんもらいました!よかった〜!!
このレシピは、東京農大オープンカレッジ「本みりんの講座」で学んだ知識を活用しました。

160723-13.jpg


次回は、11月13日(日)、27日(日)小学生親子向けお米体験講座を開催予定です。
参加募集のお知らせは、東京農業大学「食と農」の博物館に掲載される予定です。
9月頃に、チェックしてみてください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=540
posted by 農業情報総合研究所 at 13:21| Comment(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。