2016年07月22日

子どもたちに伝えたい世田谷農業、野菜、食のこと。

7/16日、東京農業大学「食と農」の博物館で開催した、
「世田谷で採れる旬の野菜と果物のおいしい食べ方の体験教室」レポート3

野菜講座は「子どもたちに世田谷農業、野菜、食のことを伝えよう」と多くの方々に支えられています。
皆さんを、ご紹介させていただきます。

JA世田谷目黒さん
地元の小学校に出前授業をはじめ食育に力を入れており学校給食にも野菜を提供されています。
今回は、朝採れたてのトマト、キュウリ、ナス、トウモロコシをお願いしました!

おいしい野菜が採れる農地が残っていること。農地の減少についても教えていただきました。
子どもたちは、スライドを見ながら世田谷で採れる野菜について学びました。

160716-12.jpg


東京農業大学短期大学部 生物生産技術学科 五十嵐先生
講座をご一緒するのは3回目。

先生と講座の内容を打ち合わせしながら、野菜について学ばせていただいています。
いつも「へぇ〜」そうなんだ。と話が脱線することもしばしば。(^^;;
講座では、野菜の病気、タネについて教えていただきました。

160716-11.jpg


栄養士 矢後先生
講座をご一緒するのは7回目かな?
「地域で気軽に学べる食の講座を開催したいね」という会話がきっかけで、親子講座を開催することになりました。学校給食に関わってこられたベテランの栄養士の先生。とっても頼りにしています。

調理、試食については、ぎりぎりまで先生と電話、メールで打ち合わせを行いました。当日は、下準備、調理の指導を担当してくださいました。

160716-19.jpg


東京農業大学栄養学科の学生さんにも、下準備、調理をお手伝いいただきました。
本当に助かりました!ありがとうございました。

160716-21.jpg


次回は、7/23日(土)の開催予定です。
現在キャンセル待ちとなっています。
詳しくは、東京農業大学「食と農」の博物館までお問い合わせください。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=540
posted by 農業情報総合研究所 at 10:31| Comment(0) | 世田谷・野菜WS/食農教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。