2016年03月08日

世田谷:第3回小学生と大学生がお米について一緒に考えるWSレポート1

平成27年度子どもゆめ基金助成金事業に採択
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=502

主催:NPO法人農業情報総合研究所
共催:東京農業大学「食と農」の博物館
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/

1月23日(土)11:30〜13:00 東京農大「食と農」の博物館にて、
「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ。」を開催しました。今回がラストです。

・先生:講師:清水 宜之 先生(一般財団法人日本穀物検定協会)
・農業戦隊アグレンジャー(東京農業大学国際農業開発学科 学生有志)

小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ。
先生は、一般財団法人日本穀物検定協会 清水 宜之 先生さんです。

まずは、清水先生から、お米の品種、お米の収穫量、歴史についてお話をしていただきました。
クイズ形式のパワーポイントで、清水先生が子どもたち、保護者の方にも声をかけていきます。
子どもたちは、元気よく手をあげて答えてくれました
お米に詳しい子どもたばかりで、清水先生も驚いていらっしゃいました。

160123-14.jpg


清水先生のお話のあとは、農業戦隊アグレンジャー(東京農業大学国際農業開発学科 教授 夏秋啓子先生の研究室生有志)によるお米クイズの出題です!

☆舞台裏ネタ:清水先生が、学生たちのクイズを見て話がつながるように即興で自分のスライドを修正。
 さすがです!!見ていて、全然わからなかったですねー。

農業戦隊アグレンジャーの登場!! いつも、子どもたちに大人気です。
アグレンジャーポーズを決めてご挨拶。(かなり恥ずかしかったようです。)
保護者の方の温かい拍手が何よりうれしいですね。

160123-13.jpg


お米クイズの出題です!
参加者全員でクイズを考えました。みなさん、楽しんでいただけたようです。

160123-15.jpg


このあとは、お待ちかねの試食体験。品種当てに挑戦しました。
つづく〜。
posted by 農業情報総合研究所 at 12:29| Comment(0) | お米×親子食育講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。