2015年12月01日

(1)第1回小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ開催しました!

11/29日(日)10:30〜12:00 東京農大「食と農」の博物館で、「小学生と大学生がお米について一緒に考えるワークショップ。」を開催しました。
博物館のスタッフが、入口に可愛いイラスト付きの案内を用意してくれました。嬉しい!!

151129-1.jpg


の先生は、東京農業大学OB。埼玉県行田市でお米を作っている、あらい農産 新井健一さん。社員さんの皆さんもお手伝いに参加してくださいました。今日のためにお揃いの作業服を新調してくださったそうです。カッコいい!

151129-3.jpg


埼玉県行田市の位置を地図で確認。行田市の田んぼアートがギネス世界記録にも認定されたことを紹介をすると、参加してくれた子どもたちかが拍手してくれました。このあと、お米ができるまでの作業、稲の状態を写真を見ながら教えてもらいました。
新井さんのお話を、保護者の方が一生懸命メモを取られていたのが印象的でした。

次回は、12月12日(土)13:00〜14:30
お申し込み、お問い合わせは、東京農大「食と農」の博物館まで。
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/recentNews/detail.php?new_id=502

子供とお出かけ情報「いこーよ」からも、お申し込みいただけます。
http://iko-yo.net/events/38225
posted by 農業情報総合研究所 at 23:37| Comment(0) | お米×親子食育講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。