2015年02月28日

小学校の出前授業を体験した大学生の感想文/東京農大開発学科。

昨年、11月に東京農業大学国際農業開発学科 教授板垣先生と農業開発経済学研究室4名と一緒に、世田谷区の小学校へ出前授業に行ってきました。3年生の社会科の授業です。

以下の記事も、あわせてご覧ください。
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/408899312.html
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/408898653.html

参加した学生さんたちが感想文を書いてくれました!ぜひ、ご覧ください。
農業戦隊アグレンジャーとして出前授業に参加してくれたみんな、本当にお疲れさまでした!そして、ありがとう!!\(^o^)/

★アグパープル
 今回の出前授業は私が勉強させていただく形になったと思っています。私は教職課程を履修しているため、児童、生徒について勉強しています。今回小学校に訪問させていただき、教科書には載ってない現場を体験することでしか得られない経験をさせていただきました。

 授業中の児童たちをどのように楽しませるか、どのようにしたら農業に興味を持ってくれるか等を考えることが楽しくもあり、難しかったです。また、私の大好きな農業について授業が出来たことが何よりもうれしかったです。

 最近の子どもたちは自然と関わる機会が減っているため、野菜や花について知らないことがたくさんありました。そのため、教えたときに笑顔で「そうなんだ!」といってくれたことがとても嬉しかったです。将来、私は農業に携わる仕事をしたいと考えています。この出前授業に参加させていただき、この思いがより一層強くなりました。参加させていただきありがとうございました。

★アグレッド
 小学校の授業に参加するという貴重な体験をさせて頂き本当に感謝しています。真面目に授業を聞いている子、一生懸命に農家の両親の仕事の話をしようとしている子など、たくさんの子どもたちと触れ合うことができてとても楽しかったです。教えられる側ではなく教える側の立場になったのは今回が初めての経験です。教育に対して改めて考えさせられた一日でした。また機会がありましたら参加させて頂きたいです。

★アググリーン
 今回の出張授業のお手伝いの話は、子供好きな私にとってとても良い経験になりました。講演中に子供たちと話していると、「なんで?」「どうして?」と、より深く知ろうとする言葉がたくさんありました。

 このような子供たちの姿勢は大人顔負けの好奇心で、成長していくために大事なことだと思います。子供たちに野菜のことをもっと知ってもらおうと、みんなと一緒にクイズや衣装を考え、アグレンジャーを演じたことは忘れられない思い出です。

たった数時間のお手伝いでしたが、私たちアグレンジャーの言っていたことを、子供たちがいくつかでも忘れずにいてくれたらと思います。この度は素敵な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。

★アグイエロー
 今回、私は出前授業でアグレンジャーとして子供たちに世田谷の農業について学んでもらうための、お手伝いをさせていただきました。その中で、私が感じたことの1つに子供たちの農業への興味、関心の高さがありました。

 私は、子供たちに会う前、どうしたら農業のことに興味をもってもらえるかを考えていました。しかし、植村さんの説明を真剣に聞こうとしている子供たちを見て、興味をもってもらえるかではなく、何を感じ、学んでもらえるかを考えるようになりました。

 中には、休憩のときに質問してくれた子もいて、この出前授業が子供たちにとって大切な時間になったのではないかと思いました。私も、このような体験ができ、また考える場があり、この出前授業は貴重な時間になりました。

141203-21.jpg
posted by 農業情報総合研究所 at 23:33| Comment(0) | 都市農業・食・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。