2015年02月23日

世田谷:地元の高校生たちが地場野菜千歳下山白菜栽培に挑戦!

2012.12.15 フェイスブックにアップした記事です。
(現在、活動が継続されているかどうか未確認です。)

生徒からの声で始まった、 東京都立園芸高校の「江戸東京野菜プロジェクト」。この活動に参加している生徒さんたちに、お話を聞かせていただきました。

「江戸野菜で好きなのは、寺島ナス、馬込三寸人参、品川カブ。味がこくて、すごくおいしい!」
「高校に入学する前から、このプロジェクトに参加しようと思っていた。」と教えてくれました。
今年は、(2012年当時)世田谷の地場野菜千歳下山白菜の栽培に挑戦。

生徒さんたちが育てた江戸東京野菜は、地域の百貨店で販売取り扱い、ホテルのメニューにも採用。地域の生産者さん、地場野菜の栽培へと輪が広がっています。お話を聞いた後も、地元の朝市に出店。他校との高校生食育プロジェクトなど活動を教えてもらいました。

みんな、どうしてるかな?帰りに、大蔵大根を走ってもってきてくれました。ありがとう!!
先生も、お元気でいらっしゃるかな?当時は、お世話になりました。
posted by 農業情報総合研究所 at 14:09| Comment(0) | 都市農業・食・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。