2014年12月24日

本みりんでお屠蘇を作りましょう!

お正月に飲むお屠蘇。

宝酒造さんのホームページによると、数十種類の薬草を調合して酒に浸して飲んだのが始まりといわれていて、邪気を屠り(ほふり)、魂を蘇らせる(よみがえらせる)ところから「屠蘇(とそ)」と名付けられたそうです。

薬草が、屠蘇散(とそさん)お酒がみりん。
宝酒造の純米本みりんにだけ、屠蘇散(とそさん)がおまけについていたので買いました。

屠蘇散(とそさん)の原材料を初めて見てみました。
ミカンの皮、ケイヒ、サンショウ、オケラ、クローブ、ボウフウ、キキヨウ。
この独特の香りは、クローブだったんだ。なるほど〜。

141224-2.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 23:03| Comment(0) | 本みりん・みりんスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。