2014年08月29日

8/30日:第6回東北食農研IN仙台

最新の情報はツイッター、facebookをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken
http://www.facebook.com/nogyojyoho

8/30日:第6回東北食農研IN仙台
https://www.facebook.com/events/1431398940482000/
参加申込みは締切ました!
東北食農研 仙台 一ノ蔵 日本酒マーケティング
■テーマ
「一ノ蔵が取り組む日本酒のマーケティング 〜国内における日本酒ファンを広げるとりくみ〜」

■内容
日本酒の海外輸出が伸びる一方、国内の日本酒の消費は伸び悩んでいます。一方で、国産ワイン、国産ウィスキーに若い人たちの人気が高まりを見せています。国内での日本酒のファン拡大、若い人たちに日本酒の良さをどう伝えて行くのか。今回は、株式会社一ノ蔵マーケティング室が取り組んできた日本酒のマーケティング事例をご紹介していただきます。

ラムサール条約登録地である宮城県田尻町「蕪栗沼」周辺の「ふゆみずたんぼ」で取れた「有機米ササニシキ」を使用した数量限定の特別純米酒の生産販売や女性をターゲットとした米の試食や酒粕パック美容体験など東京でのイベントも開催されています。また、課題や今後の展開につていもご発表いただきます。
ご発表の後、参加者からの質疑応答、意見交換もござます。

■発表者
山田好恵さん(株式会社一ノ蔵マーケティング室室長)
http://www.ichinokura.co.jp/

一ノ蔵は宮城県にあった4つの酒蔵、浅見商店・勝来酒造・桜井酒造店・松本酒造店が合併し、1973年に誕生しました。
山田さんは1986年に、大卒の新卒社員一期生として株式会社一ノ蔵入社しました。
女性向けの低アルコール酒「ひめぜん」の開発に関わりロングセラーヒット商品に育て上げました。05年に現職に就任です。

■日 時
2014年8月30日(土曜日)
17:15受付開始 17:30研究会開始19:30終了

■会 場
エル・パーク仙台 5階 「セミナー室」
仙台市青葉区一番町4丁目11番1号 141ビル(仙台三越定禅寺通り館)
http://www.sendai-l.jp/whats/

■会 費
1000円

■参加申込 
担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
下記の内容を送信してください。
8/30東北食農研に参加します。
お名前:
所属:
連絡先(メルアド):
懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、一番町の「蔵の庄」さんにて懇親会を開催します(費用別途)

■主 催
特定非営利活動法人農業情報総合研究所
http://www.agranger.jp/nougyoujyouken-index.html

仙台ITビジネス研究会
http://sendai-itbiz.com/

仙台ビジネスターミナル
http://www.sendai-bt.com/



posted by 農業情報総合研究所 at 23:05| Comment(0) | 東北食農研究会・仙台情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。