2014年07月07日

すみだ青空市 ヤッチャバ 「かぜとね」さんが出店していました!

すみだ青空市 ヤッチャバの代表松浦くんが東京農業大学の卒業生とあって、農大の学生さん、卒業生のみんなを紹介してもらいました。

大学時代の友人達と活動を開始し、今年の2月に「かぜとね」という団体を立ち上げたというメンバーを紹介してもらいました。

能登の美しい風景を守るために、能登のおいしい野菜、お米を、すみだ青空市 ヤッチャバ築地の朝市で販売。日本酒のイベントのなどを東京で開催しているようです。

今年の3月に、会社を辞めて地域おこし協力隊として能登への移住。石川県能登輪島にある三井町を中心に活動をはじめています。「かぜとね」がすみだ青空市 ヤッチャバに出店していました。

久しぶりの再会!石川県輪島市で頑張っているようでした。木端みそを外国人の方に説明。身振り手振りで伝わるものんだんだなー。炙りバーの店長もがんばっていました。農大生、農大卒業生、頑張れ〜!!

ミズブキを買ったのですが、これおいしい!お湯でサッとゆがいたら、キレイな緑色で苦みが少ない。
いんげん、でっかいニンニクも、おいしかったよー!!

140630-9.jpg

posted by 農業情報総合研究所 at 11:05| Comment(0) | 地方創生・地域連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。