2007年04月22日

電鉄会社が貸し農園事業にチャレンジ!

東京近郊では、小さな区画を借りて自分で野菜を育てる。そんな体験ができる市民農園、貸し農園などが人気を集めています。手軽な市民農園などは、貸し出し区画少ないのでかなりの倍率抽選になっているようです。

そんな、人気の貸し農園に小田急電鉄(株)がチャレンジします。オープンは5月4日で、名前は「アグリス成城」。この貸し農園、な、なんと駅の目の前という贅沢な立地。

駅前にそんな広いスペースがあるの?と思いつつ、オープンにさきがけ、工事中の現場を特別に見せていただきました。

イーストガーデン、ウエストガーデンも含めると300区画もあるそうです。この場所、世田谷百景にも選ばれた場所でお天気のいい日は富士山が見えるそうです。知らなかった・・・。

クラブハウスも特別に見学。2階は天井が高く、木をかなり多く使ったぬくもりのある木の香りが漂うスペース。ここは、ラウンジになる予定だそうです。

この続きは、またラジオでお届けする予定ですのでお楽しみに♪

アグリス成城
http://www.agris-seijo.jp/


posted by 農業情報総合研究所 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・ハーブ・アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。