2007年01月21日

練馬漬物物産店

★練馬漬物物産店

一昨年、ぬか漬けの講習会に参加したときのこと。講師の方が、お店で売られている漬物は「漬物」じゃなく、添加物に浸かっている「浸物」なので、今度売り場に行ったら表示を見てくださいというお話を聞き驚きました。

会場で試食をさせていただいたときも、お漬物は本来こんな味がしたっけ?と思うぐらい、どれもまろやかな味にさらに驚いたのでした。

それから、自家製の漬物を販売しているお店を探していたのですが、なかなか情報がつかめず、あきらめてお漬物を買わないようにしていました。

長いことお漬物を食べていなかったせいか、おいしいお漬物が食べたいなと思っていたとき、たまたま新聞に練馬漬物物産店が開催されているという記事を読みました。記事には、米ぬかと塩だけの昔ながらの漬け込んだ「本干し練馬大根」と書かれているではありませんか。

添加物が入っていない。これは行ってみないと!と、早速デパートの催事場へ。催事場には、おいしいお漬物を求めてすごい人だかりができていました。みなさん、まとめ買いをする方が多く、飛ぶように大根のお漬物が売れていきます。

おいしいかも!売り場で試食ができたので、手を伸ばし食べてみました。どれもこれも、味がまろやかでおいしい♪あっさり、少し甘め、甘め、そして辛め。ごはんがほしい。(笑)

迷った結果、個人的に気に入った柿ぬか沢庵を買いました。冷蔵庫に入れておくと、少し臭いはするけれど、家族もおいしいと喜んでくれました。こんなお漬物が、もっと食べられるといいのになぁ〜。

070120-1.jpg
昔ながらの米ぬかと塩で漬けた漬物が大人気。練馬大根のお漬物が飛ぶように売れていました。

posted by 農業情報総合研究所 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 醸造・漬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック