2006年12月12日

第6回世界学生サミット

★第6回世界学生サミット

11月30日、12月1日、東京農業大学 百周年記念講堂で第6回世界学生サミットが開催されました。2日間のうち、11月30日の午後から会場で大学生の発表、討論を聞き、各国の大学生にインタビューしてまいりました。

今年のテーマは、「教育を通じた食・農。環境革新へのアプローチ」
アメリカ、ブラジル、メキシコ、ドイツ、日本、台湾、インドネシア、モンゴル、フィリピン、ベトナム、マレーシアの大学生たちの発表を聞きながら、各国が抱える問題が見えてきたり、農業の現状についても大変勉強になるサミットでした。ただ、英語が苦手な私は、長時間の同時通訳を聞きぐったり。もう少しヒアリングができればと思いました。トホホ。

各セッションが終わったあとの各国の大学生は、みんな笑顔でマイクに向かっていろいろなことを話してくれました。これも、東京農業大学の学生さんが通訳をしてくれたので、なんとかインタビューすることができました。

この内容は、年末年始特別企画で放送する予定ですので、是非エフエム世田谷のラジオを聞いてみてくださいね。

発表を行った大学生のみんなお疲れさまでした。また、インタビューに協力してくれて本当にありがとう!そして、通訳をしてくれた学生サミットスタッフのみんなにも感謝します。みんな、ありがとう!!


061130-1.jpg
当日、会場で配布された資料はこんなにたくさんありました。

posted by 農業情報総合研究所 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生サミット・留学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック