2012年08月31日

気仙沼復興支援/気仙沼ホルモンを食べて応援

120831-1.jpg気仙沼ホルモン、(有)カトーさんの冷凍保存のお魚の詰め合わせが届きました!

プチ試食会が決まっていたので、その前に家でも食べてみようということになり気仙沼ホルモンを使って、ホルモンカレー、ホルモンヤキソバを作ってみました。

ホルモンは、5つの袋に小分けにして入っているので家でも使いやすいですね。

電子レンジで解凍していると、ニンニクのにおいがぷあぁ〜んとしてきます。少し解凍に時間がかかりました。袋をあけてみると、思っていたほどニンニクのにおいはしませんでした。

まずはカレーです。

120831-3.jpgこの日は、あまり野菜がなかったので、ニンジン、ピーマン、玉ねぎを使いました。ホルモンを炒めるとニンニクの香りが一気にキッチンに広がりました。

カレー粉を使った、気仙沼ホルモンカレーの出来上がりです。(^0^)/

反省点としては、ホルモンの油がスープの中に残ってしまったようでした。
次回は、ナス、キノコ類を入れようかと思います。でも、おいしかったです。

続いては気仙沼ホルモンヤキソバです。

120831-12.jpg
カレーの反省点を活かし、ニンジン、エリンギ、ピーマン、キャベツを使いました。
ソースは、栃木県 佐野市のミツハソースを使用。胸やけしないのでお気に入りのソースです。

エリンギを一緒に炒めると、思ったとおり余分な油を吸ってくれました。また残った油はヤキソバにしっかりしみ込んだようです。こちらは、かなりいけます。ニンニンクのパンチがきいていておいしい!結構、いけました。 

気仙沼には、気仙沼ホルモン焼うどんがあり気仙沼のB級ご当地グルメとして有名だそうです。
皆さんも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
http://m-motegi.at.webry.info/201204/article_7.html


posted by 農業情報総合研究所 at 23:07| Comment(0) | 気仙沼仕事創出PJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。