2012年03月16日

4/10勉強会:テーマは植物工場パート2

最新の情報は、ツイッターをご覧ください。
http://twitter.com/nogyosogouken

勉強会のお知らせ

テーマは植物工場パート2です。
前回は、大学の研究者からの視点でしたが、今回は、植物工場をマザーマシンとして、マーケティングを含めたパッケージで販売されている、キーストーンテクノロジー社の岡崎聖一社長に発表をいただきます。キーストーンテクノロジー社は、植物工場業界にて成功されている数少ない企業です。

導入事例はこちらから。
http://www.keystone-tech.co.jp/ledsaien/

横浜・馬車道のハイカラ野菜を自社の植物工場から提供されています。
http://www.keystone-tech.co.jp/haikara/

20120410農業情報総合研究所/農業ビジネス研究会
http://m-motegi.at.webry.info/201203/article_4.html

テーマ 「植物工場における生産とマーケティング戦略
      〜キーストーンテクノロジー社の植物栽培用LEDの強みと導入の具体的事例〜」

内 容 現在、植物工場は第3次ブームと言われており、社会的な注目を浴びています。 しかし、ビ    ジネスとして成り立っている事例は、あまり多くはないとはされています。

     キーストーンテクノロジー社は、その研究、技術の強みを活かして、植物栽培用LEDの
     開発を行うだけではなく、マーケティング戦略やブランド戦略の提案をパッケージで行      い、植物工場の導入を成功させてきています。

     今回は、キーストーンテクノロジー社の岡崎聖一代表取締役に発表をいただくとともに、
     参加者と植物工場のビジネス的な可能性について意見交換を行います。

発表者 岡崎聖一氏
     (株式会社キーストーンテクノロジー代表取締役社長・CEO)
     http://www.keystone-tech.co.jp

日 時 2012年4月10日(火曜日) 
     (18:45から受付開始)19:00〜21:00   

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 

会 費 社会人 3000円 / 学生 1000円

参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
     下記の内容を送信してください
     4/10農業研に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)

注意:必ず事前のお申し込みが必要です。
   飛び入り参加はできませんのでご注意ください。
posted by 農業情報総合研究所 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業ビジネス研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック