2011年11月21日

放射能に関する記事まとめ

最新の情報は、ツイッターをご覧ください。http://twitter.com/nogyosogouken

11/21ツイッターリツイート記事から。
NHK【ETV特集】「検証 海の放射能汚染(仮)」11/27(日)夜10時 放射性セシウムが沿岸部の海底に多量に沈殿している実態が明らかとなる。http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/1127.html (これは要チェックですよ)

11月17日ツイッターリツイート記事から。
C福島市大波地区産のコシヒカリから国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウム630ベクレルを検出。「福島市のコメ 基準超セシウム」 http://yahoo.jp/UdSyOd #yjfc_radioactive_material_in_food

11月17日ツイッターリツイート記事から。
先日、Radixに招かれて、「日本の魚は大丈夫か 〜水産資源と放射能について語る〜」という講演をしました。講演のレポートがネットにアップされています。 http://www.radix-jp.org/suishoku/2011/11/000965.html

11月17日ツイッターリツイート記事から。
グリーンピース 食品放射能調査 第2回目:冬のお魚調査。汚染度合いが最も高かったのはユニーで購入したマダラ(北海道産)で47.3Bq/kgでした。 http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20111117_SUSEA_result.pdf

11月17日ツイッターリツイート記事から。
【22:20 牛の内部被ばく調査へA】調査チームでは60頭のうちの30頭の牛について▼臓器や部位ごとに内部被ばくの状況を調べるほか▼残りの牛については放射性物質に汚染されていない餌を与え続け血液やふんを調べ体内の放射性物質がどのように減少するか調べることにしている。

11月17日ツイッターリツイート記事から。
【22:20 牛の内部被ばく調査へB】調査チームの代表をつとめる北里大学獣医学部伊東伸彦教授は「臓器や部位ごとに汚染の実態を詳しく調べた例はチェルノブイリ原発事故の際にもなく世界でも初めての調査になる。牛の内部被ばくの実態が明らかになれば人の被ばく医療にも貢献できると考えている」
posted by 農業情報総合研究所 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・復興・放射能情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック