2011年11月13日

農業戦隊厚木レンジャーラジオ感想文2

最新の情報は、ツイッターをご覧ください。http://twitter.com/nogyosogouken

東京農業大学 厚木キャンパス 農学部 農学科 園芸生産分野 花卉園芸学研究室 教授 小池 安比古先生のご協力により、厚木キャンパスの学生さんたちも、ラジオ番組に参加してくれることになりました。

学生のみんなからは、平成21年度 文科省採択プログラムに採択された、学生支援推進プログラム(就職支援の強化など総合的な学生支援)社会が求める農学士力を備えた自律型就農者の育成支援プログラムに参加したレポートを担当してもらいます。

今回ラジオチャレンジした、農業戦隊厚木レンジャーの二人から感想文が届きましたのでご紹介させていただきます。


■東京農業大学 農学部農学科 作物学専攻 4年@ブラウン

 「おおお、予想以上にたのしい…!」それが収録後、私の心の大半を占めていた感想だ。そしてそう。あの日・あの時・あの場所で、私は自分の才能を開花させたのだった。

 初めてのラジオ収録にもかかわらず… と、冗談を言えるほど、実際に余裕を持った収録をすることができました! 初めてのラジオ収録に一抹の緊張はあったものの、植村さんの先導や友人藤田とのコンビネーションでテンポ良く、楽しい回になったのではないかと思います。貴重な経験をありがとうございました!

■東京農業大学 農学部農学科 作物学専攻 4年@ネイビー

 自宅にテレビを置いていないので、帰宅するとラジオをつけています。 街頭で人の役に立とうとしゃべっている人を「ここ!」というタイミングで、電話を切る人。どこかの校長先生と教頭先生のやりとりも聞き応えがありますね!

 臨機応変に会話をつなぎ、聞く相手が面白いと感じる話し方をする。こんなことが出来るすごい人たちと同じステージに立つのかと思うと、動悸がしました。

 やってみて、なんだかわからない達成感と汗でいっぱいでした。楽しくできたのは普段から互いに赤裸々な話をするまちこと、なんといってもはるかさんのおかげだと思います。 貴重な体験、ありがとうございました!!
posted by 農業情報総合研究所 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235045613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック