2006年06月06日

国際砂漠・砂漠化年フォーラム

以前、番組ゲストで登場していただいた方からフォーラムのご案内をいただき参加してまいりました。開催場所は東京大学。赤門の前に到着したら、思わず記念撮影をしてしまいました。(笑)

それはさておき・・・各専門家の方々からは、大変興味深いお話を聞くことができました。フォーラムは下記をご参照ください。

=公開フォーラム「国際砂漠・砂漠化年」のご案内=

この会合では、日本の国会議員、学術会、民間企業、NGOなど幅広い分野の関係者にこれまでの取り組みを踏まえ、今後どのような国際協力が可能なのかについて率直な意見交換を行い、併せて、一般の方々にもこの問題についての理解を深めてもらうことを意図しています。
講演者・進行役・パネリスト

谷津義男 地球環境国際議員連盟会長・衆議院議員・元農林大臣
ファルハナ・ハク・ラーマン 国際農業開発基金 広報課長
武内和彦 東京大学農学生命科学研究科教授
幸田シャーミン 国連広報センター所長
レレンツェンドゥー・ジジド 駐日モンゴル臨時大使
高見邦雄 緑の地球ネットワーク事務局長

本間正義 東京大学農学生命科学研究科教授
松岡俊二 広島大学大学院国際協力研究科教授
高橋礼一郎 外務省経済協力局長参事官
恒川篤史 鳥取大学・乾燥地研究センター長・植物生産分野教授
刑部恵宮子 (株)蘇芳代表取締役
岡本敏樹 緑のサヘル代表理事
他若干名
参加費無料、日・英同時通訳あり
posted by 農業情報総合研究所 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 沙漠緑化・バイオマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック