2011年01月12日

埼玉県/大塚さんのイチゴ

ootuka-1.jpg昨年、9月FM世田谷 農といえるニッポンにご出演いただいた、埼玉県 加須市のおおつかイチゴ農園 大塚さんからイチゴをいただきました!

見てくださーい。ぷりぷりした大きくて真っ赤なイチゴ。おいしそうでしょう〜。むふふ。
イチゴが宅配で届いた瞬間、玄関はイチゴの甘い香でいっぱいに広がりました。

一粒つまんで口に入れると、うあぁ〜〜〜〜。甘くておいしい!!大塚さん家のイチゴは本当においしいんですよ。番組内でもご紹介しましたが、イチゴは「とちおとめ」。

とちおとめと言うと、少し酸味が強いイメージがありますが完熟した状態で出荷すると甘みが増すのだそうです。その状態でいただいたので甘いというわけですね。ご存じのとおり、イチゴは傷みやすいので完熟したおいしいイチゴを食べられるのは流通上難しいというわけです。

ootuka-2.jpg義理のお母さんにおいしいからとすすめてみたら、「これ、とちおとめなの?甘くておいしい!」と、とてもビックリしていました。

箱の中には、大塚さんの奥さまからのお手紙が入っていました。「今年は、イチゴの出来がまだまだです。差し上げますので、よかったら食べてください。」と書かれていました。
>大塚さん、奥さま、おいしいイチゴ本当にありがとうございました。

大塚さんの地域では大利根イチゴ組合さんから出荷されています。
この地域は県内有数のいちご産地で主な栽培品種は「とちおとめ・女峰」です。
詳しくは、そちらにお問い合わせください。
posted by 農業情報総合研究所 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜・果物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック