2006年04月25日

生節?なまり節?

スーパーで「ふき」が売っているのを見て、母が春になると、「ふきと生節の煮物」を作ってくれたのを思い出しました。実家にいるころには、ほとんど食べなかったのに食べられないとわかると、食べたくなるのだからこれまた不思議。

母に電話で作り方を教わり、お買い物に行ったのだけれど、どこを探しても生節が見つからない・・・。おかしいなぁ〜?東京では、「生節」売ってないのかな?あきらめて家に戻って、インターネットで調べてみることにしました。すると、全国同じ名前だと思っていた「生節」は、「なまり節」と呼ばれているのだと初めて知りました。ビックリ〜!!

つい最近読んだお料理本には、なまり節、または生節とも呼ばれており、かつお節を作る途中のもので、蒸し器があれば自宅でも作れるとか?う〜ん、お料理は奥が深い。その後デパートで「なまり節」を買い、「ふきと生節の煮物」を作りました。母と同じ味が再現でき満足。春の味を満喫しました。
posted by 農業情報総合研究所 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック