2010年11月05日

地域活性化勉強会:講師はアル・ケッチァーノ奥田シェフ

111105-1.jpg少し前になりますが、永田町合同庁舎で行われた地域活性化勉強会に参加させていただく機会に恵まれました。講師は、アル・ケッチァーノ 奥田 政行さん。以前から、お話を聞いてみたいなと思っていたので本当にラッキーでした。

*アル・ケッチァーノ奥田シェフのことを知らない方は、写真の本をご覧ください。
勉強会のテーマは:「こんなにアル・ケッチャーノ!」(んめものいっぱい)
〜地域とのつながりのなかで〜

何もないところから始めた地域づくり

地産地消の壁
・地元のものが揃うわけがない
・地元のものがそんなにおいしいのか?
・地元のものが、全て安全で安心なわけないだろう?
上記の現実、行動、その結果・・・。

・庄内の全体の問題。そこで・・・。

お話を聞いてみて、タイトルのとおり庄内地方の方々と一緒においしい食材にこだわり。地産地消の壁をクリアーしていった結果、地域づくりへとつながっていったのだと思いました。勉強会後の懇親会でも、楽しくお話を聞かせていただくことができました。また、お会いできる機会があればいいなと思います。

アル・ケッチァーノ
http://www.alchecciano.com/
posted by 農業情報総合研究所 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方創生・地域連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック