2010年04月06日

2009年度 東京農大での特別講義レポート(2)

東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科 北田先生から、お声がけをいただき、2009年度「都市農村経済コース特別講義」を担当させていただきました。受講してくれたのは、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年生です。

3回目の担当となった今回の講義では、グループにわかれて話し合い、発表してもらうといった時間をとってみました。みんなどんなふうに感じてくれたのかな?

この講義レポートを北田先生からいただきましたのでご紹介させていただきます。レポートは、私の方で一部編集をさせていただきブログにアップしています。文章のつなぎがおかしいところがあるかも知れませんがご了承ください。なお、このブログへアップするにあたっては、東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科の先生方の許可をいただいています。


4.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年
 今回の講義で私が印象に残ったのは「農といえるニッポン!」といったFM世田谷のラジオ番組についてでした。この話を聞いての率直な意見としては、学生がやっているなんてすごいなということと、とてもおもしろそうで機会があったらぜひ番組に出てみたいなといったことでした。

 話を聞いて特に興味をもったのが、卒業生インタビューと卒業論文レポートでした。私自身が3年生だということもあり、今後直接関わってくるような内容ばかりだったのでとても興味を持ちました。
 
 私は班ごとの発表の時にも言いましたが、農大の食料環境経済学科というものについての議論をしても面白いのではないかと思います。一般の方々にも学科のことを理解してもらうと同時に、私たち自身も学科に対する理解が深まるメリットもあると思うので、実現できたらおもしろいと思います。

 今回の植村先生の話はとても魅力的な話でした。もし機会があったら、今後ぜひ何らかの形で関わりたいなと思いました。


3.東京農業大学 国際食料情報学部 食料環境経済学科3年
 活動紹介の中で私は、FM世田谷ラジオ番組「農といえるニッポン!」の説明について印象に残り興味をもちました。このラジオ番組は、農大生も出演しています。農大生が出演している内容は、インターンシップレポート体験、体験授業、卒業論文、収穫祭、学生サミットレポートなどを紹介しています。

 またゲストコーナーには農大の先生方もゲストとして出演していると教えてくれました。私は、この説明を聞いて、学生がラジオを通して情報を発信すること。また、農大短期大学部栄養学科、醸造学科による地元の小学校での食育の取り組みについて、とても興味を持ちました。

 講義を聞いて、私もFM世田谷ラジオを聞いてみたいと思いました。
今回の講義を聞いてとても勉強になりました。この講義を今後の就職活動に活かしていきたいと思いました。 
posted by 農業情報総合研究所 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 理事長:大学での特別講義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145833238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック