2010年02月12日

講演:大学コンソシアーム大阪「緑の未来学」

昨年、お世話になった大阪学院大学の先生からお声がけをいただき、下記のイベントでお話をさせていただくことになりました。詳しい内容は下記をご覧ください。

=大学大学コンソーシアム大阪 平成21年度地域連携部会採択事業=
「緑の未来学」
なにわ伝統的野菜の地産地消活動を通じて都市型近郊農業の可能性を考える」

・2010年2月20日(土)
・場所:大学コンソーシアム大阪 駅前第2ビル4階 キャンパスプラザ

・講師:植村 春香 氏 東京農業大学「食と農の博物館」運営委員、NPO法人農業情報総合研究所 理事長
・テーマ:「東京の都市型近郊農業における学生の役割」
・時間:13時から14時20分(質疑応答20分含む)

・講師:稲垣 栄洋 氏 静岡県農林技術研究所 環境水田プロジェクト 主任研究員)
・テーマ「地産地消活動を通じた都市型近郊農業の可能性を考える−ヨーロッパの事例を参考に−」
・時間:14時30分から17時 (ワークショップ60分含む)
・参加費:無料

お問い合わせ:大阪学院大学・大阪学院短期大学 地域連携室 
TEL 06−6381−8434(代)
posted by 農業情報総合研究所 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演・執筆活動・司会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック