2006年02月25日

世界共通語=うま味

いま世界では、和食が大ブーム。
その人気のひみつは、低カロリー、低脂肪でヘルシー、旬の素材を活かした、見た目の美しさや盛り付け。

その和食のベースになっているのが「だし」。たっぷり、溶け込んだ、「うま味」。この「うま味」が、世界の注目を集めているって知っていました?

料理人、科学者など、各国の研究者が集まり、京都やロンドンで「うま味座談会」や、セミナーやシンポジウムが海外各地で開催されおり、今では、すっかり「うま味」は、国際語「UMAMI」として浸透しているようです。

みなさんは、うま味と聞けばどんなものを想像されますか?私は、かつおぶし、昆布、しいたけなどなど・・・

しかし、協会のホームページを見ると、国内で家庭用に市販されているうま味調味料と書かれている。うま味調味料?なんだそれ?と思ってよく見てみると、化学調味料のことでした。

つまり、世界共通語は「うまみ調味料」ってこと?
posted by 農業情報総合研究所 at 12:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本酒・甘酒・日本酒講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
UMAMI…が世界共通語なんですか??
改めて「旨み」ってなんだろう…と考えると
わたしが思ったのは“自然の恵み”かなぁ。
←抽象的ですが。なんとなく太陽の甘味を感じるの。塩でも砂糖でも…

決して、グルメでも自然派でもないですが
インスタント、レトルト及び化学調味料の
薬くささは頂けません。
「わたし味にはうるさいの〜」なんていう人が
化学調味料や○ジ○オを使っていることきくと
紛い物…と思ってしまいます。
Posted by JO at 2006年02月28日 13:24
あらあら、うま味調味料が国際語「UMAMI」とは勿体無いですね。日本食の深さ、というよりも、洋の東西を問わない味覚の奥行きが、化成品で代表されてしまうなんて。ヨーロッパにもブーケガルニを始めとする「うまみ」文化はたくさんあると思うんですけどねぇ?

とりあえず、クリック一票しました。
また伺います。

美味しい里山日記 主 敬白
Posted by Monticola at 2006年02月28日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック