2009年12月20日

農業戦隊SSレンジャーレポート3

明治大学 農学部 農学科 生産システム学研究室 池田 敬准教授のご協力をいただき、農業戦隊SSレンジャーが結成されました。

昨年に引き続き、今年も研究生4名がラジオで卒業論文レポートにチャレンジしてくれました。このラジオチャレンジ感想文が届いていますのでご紹介させていただきます。

★農業戦隊レンジャーネームは、二人が卒業論文の実験で使ったトマトの品種名です。

■明治大学 農学部農学科4年生 生産システム学研究室
農業戦隊SSレンジャー/@ダンディー

 貴重な経験をすることが出来て良かったと思います。収録する以前は、緊張して失敗してしまうのではないかと思い、あまり乗り気ではありませんでしたが、結果的に参加出来て良かったです。

 ラジオの収録に参加させていただくということは滅多にできないことであり、おそらくこれから一生このような機会はないと思います。 

 当然ですが、初めてラジオの収録スタジオに入りました。そこには収録のための機械が数多くあり、収録している風景を見るのはとても新鮮で面白かったです。

 今回は、農学系の研究をしているということで出演させていただきました。卒業論文や農学部のことについて話させていただいたのですが、もしこのラジオを聴いて農業に興味を少しでも持っていただけたら嬉しいです。
 
■明治大学 農学部農学科4年生 生産システム学研究室
農業戦隊SSレンジャー/@スターバック

 ラジオに出演させていただけるということは過去にもなかったし、今後もおそらくないと思います。今回のラジオ収録で感じたことは、頭で描いていることを声に出して相手(リスナー)に伝えなければならないことの難しさでした。

 私たちにとっては当たり前の専門用語などを、どう言葉だけで、身振り手振りも使わずに表現するかに戸惑いました。本当に自分が理解していないと曖昧なままでしか話せず、聞いている側も話している私自身も頭に疑問符が浮かんでしまうと思います。

 収録中、私はまさにその状態になってしまいました。今回のラジオ出演により、卒業論文や今後の別の機会に置かれた時、「自分なり」ではなく「相手」の理解につながるような表現をしたいと感じました。

 おそらく、放送される自分の話を聞いていろいろな意味で反省点が出てくると思うので、それを今後に生かしたいと思います。

この内容は、12月12日(土)にFM世田谷 農といえるニッポンで放送されました。

農業戦隊SSレンジャーからのリクエスト曲
■ZARD / 負けないで


農業戦隊SSレンジャーレポート08年下記もあわせてご覧ください。

2009年02月06日:農業戦隊SSレンジャーレポート2
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113753440.html
2009年01月31日:農業戦隊SSレンジャーレポート1
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/113426795.html
posted by 農業情報総合研究所 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業戦隊チャレンジ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック