2009年12月13日

「食料の安全保障と日本農業の活性化を考える」シンポジウムに参加してきました。

2009年10月21日にご案内しました、下記のシンポジウムに行ってきました。シンポジウムは3部構成となっており、私は第二部の事例報告と、第三部のパネルディスカッションに参加することができた。

この日は丸ビルホールは満席。会場に入れずエントランスホールにモニターが設置されるほどでした。会場での写真撮影は禁止だったので、写真はありません。

「食料の安全保障と日本農業の活性化を考える」シンポジウム
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/130865507.html

1.日 時 :平成21年12月4日(金)13時30分〜17時
2.会 場 :丸ビルホール
3.テーマ :「食料の安全保障と日本農業の活性化を考える」
4.共 催 :東京農業大学、毎日新聞社
5.後 援 :農林水産省、全国農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会、日本農学アカデミー、実践総合農学会、東京農業大学総研研究会

第一部:主催者からのメッセージ
・東京農業大学学長 大澤貫寿
・毎日新聞社常務取締役主筆 菊池 哲郎

第二部:事例報告
・練馬区農業体験農業園園主会会長 白石 好孝氏
・稲作経営 面川 義明氏
・パルシステム神奈川ゆめコープ理事長 斎藤 文子氏
・農林水産大臣官房政策課長 末松 広行氏

第三部:パネルディスカッション
コーディネーター:東京農業大学客員教授 中村靖彦氏

パネリスト 
・竃菜くらぶ代表取締役社長 澤浦 彰治氏
・タレント・女優 大桃 美代子
・キリンホールディング椛樺k役 荒薪 康一郎氏
・NPO法人日本プロ農業総合支援機構副理事長 高木 勇樹氏
・東京農業大学学長 板垣 啓四郎氏

第三部のパネルディスカッションは、各分野のパネラーの方々がいらしたのでコーディネーターの方は、どのように進行されるのか注目した。

まずは、それぞれの立場から農業について気になっている点、農地法、農家の個別所得補償、担い手問題、安全保障といった大きな枠組みの中で進行されていたと思う。

個人の発言については割愛するが、農業にチャレンジする人たちが成功していくような仕組みづくりで担い手を育てていく。農地を借りれるような制度、農業を経営として行っていくためにはどのようなことが必要であるか、海外の事例紹介など多面的な議論が交わされた。
posted by 農業情報総合研究所 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック