2009年09月27日

09インターンシップレポート(生物生産技術学科1)

2009年度も、引き続き東京農業大学 短期大学部 生物生産技術学科 藤垣教授のご協力のもと全学科の先生にご協力いただき、大学生のインターンシップレポートをお届けすることになりました。

生物生産技術学科の学生さんたちからラジオチャレンジ感想文が届いていますのでご紹介します。

★09年度 東京農業大学 短期大学部 教育GP インターンシップレポート(生物生産技術学科1)ラジオチャレンジレポート

■東京農業大学短期大学部 生物生産技術学科2年生

 今回、初めてラジオに出演させていただいて、とても貴重な体験ができました。
 私がインターンシップで学び、みなさんに伝えたいことが本当にたくさんありましたが、どうしたら上手く言葉だけで伝えられるのか、そんなことを収録前までずっと考えていましたが、いざ収録が始まるともう頭の中が真っ白になってしまって、もしかしたら、うまく伝わってないかもしれません。
 
 しかし、植村さんとインターンシップについての話をしていると、当時のことがとても鮮明に思い出されて、改めてとてもいい経験をしたのだと思いました。この経験をラジオ出演という形でみなさんに伝えることができて本当によかったです。どうもありがとうございました。

■東京農業大学短期大学部 生物生産技術学科2年生

 この度はラジオ収録に参加させていただきありがとうございました。本当に貴重な経験をさせていただいたと思います。

 ラジオ収録のお話を頂いたときから、元々話すことが好きな性分なので楽しみにしていました。収録ではどのように話そうか、どう表現すればラジオを聴いている地域の方々の上手く伝えることができるか、ずっと考えていました。

 返答が頭の中に出来上がってはいたものの、収録本番となると緊張してしまい、会話が成立していたか不安です。しかし、次第に緊張もほぐれ、何より植村さんのフォローに大変助けられ、楽しく話すことができたように思います。写真も沢山撮らせていただき、良い思い出になりました。
 
 この放送を通して、より多くの方々に私が日ごろ勉強していることや、インターンシップで体験してきたこと、学んだことが伝われば幸いです。放送日楽しみにしてます!この度は本当に貴重な体験をありがとうございました。


この内容は2009年7月4、FM世田谷 農といえるニッポン!で放送されました。
東京農業大学短期大学部 生物生産技術学科インターンシップチームからのリクエスト曲 
MR.CHIRDREN / 花火

★2007年度、2008年度のラジオチャレンジ感想文は続きをご覧ください。------------------------------------------------------------

・2008年度インターンシップレポート3(生物生産技術学科)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/111232577.html
・2008年度インターンシップレポート2(生物生産技術学科)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/111098429.html
・2008年度インターンシップレポート1(生物生産技術学科)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/111039509.html
・2007年度インターンシップレポート3(生物生産技術学科)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/73992381.html
・2007年度インターンシップレポート2(生物生産技術学科)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/72878904.html
・2007年度インターンシップレポート1(生物生産技術学科)
http://kansyokunouken.seesaa.net/article/65967037.html
posted by 農業情報総合研究所 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生のラジオ出演感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック