2009年08月14日

伊豆稲取 金目鯛どんぶり/伊東 ねごめし

090814-1.jpg下田の駅を降りると、赤い梅の風車をとりつけた大きな金目鯛がお出迎えしてくれました。これは、下田市民の方が作られたもので、「第5回風の花祭り」のPR用に展示されていたようです。とっても上手に作ってあるので思わず写真を撮りました。
090814-2.jpgこちらの写真も金目鯛。下にハンドルがあって、くるくるとまわすとひれが動きました。これ金属でできているんですよ。ハンドルをまわすと、キコキコと金属音がしました。う〜ん、芸術的作品だなぁ〜。

090814-3.jpgさて、下田から伊豆稲取の話題へ。駅から歩いて徒歩7分のところにある。「きんめ処 なぶらとと」に金目鯛どんぶりを食べに行きました。お店は事前にダンナが調べておいてくれたお店です。

わたしたちは、少し早目にお店に入ったのですが、どんどんお客さんがやってきます。気がつくとお店は満席でした。写真のとおり、ボリューム満点!これだけ金目鯛が使われているので、お値段は少々高めでしたが、普段は高い金目鯛をこんなにいっぱい食べることはないので大満足でした!!ごはんが、かなり多めなのでおなかをすかせてからチャレンジしてくださいね。(男性は大丈夫かな?)

090814-4.jpg今度はは伊東へ移動です。
伊東にもおいしいお店があると、ダンナが調べてくれていたのでお店に行くと長蛇の列。ええっーーーっ!こ、これは無理かも・・・。

とりあえず、お店のまわりを散策しながら1時間ほど時間を潰してお店に戻ったものの、さらに人が増えていました。すごい人気だからおいしいのでしょうが、私たち二人はハラペコニーニョ。←なんだそれ?

すっぱりあきらめて、別のお店にいくことにしました。伊東駅から徒歩5分のところにある「うなきん・きんごろう」で「ねごめし」を食べました。みなさん、ねごめしってわかりますか?ねごめしは、伊東に古くから伝わる漁師料理でマグロやブリなどの旬の地魚をタタキにしたどんぶりを、ショウガ醤油であじわい、カツオ節アツアツのダシをかけて味噌をといて2度楽しめるどんぶりです。

しかし、注文したのはいいけど食べ方がわからない・・・。どうしよう?と思ったら、お店の方が教えてくださったので2度おいしくいただくことができました。どちらも、とってもおいしいのでおすすめですよ!金目鯛のお菓子に、金目鯛のお料理と、金目鯛を満喫できたぷち伊豆旅行でした。


posted by 農業情報総合研究所 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。