2009年07月11日

簡単!イワシスパゲッティ&ててかむイワシ

お魚を使ったお料理を探していたら、イワシを使ったスパゲッティレシピを見つけました!ちょうど冷蔵庫にイワシがあったので、早速作ってみることにしました。作ってみると意外と簡単!そして、うまうま。

090711-1.jpgフライパンで、にんにく、赤とうがらしを炒める。頭と腹わた背骨を取り除き、塩・こしょうをふり小麦粉をまぶしたイワシをフライパンでじっくりいためる。

イワシがカリカリに焼けてきたら木べらでつぶす。レモンを絞り、スパゲッティのゆで汁を少し加える。ゆであがったスパゲッティの水を切りまぜる。(好みでオリーブ油を加える)

レシピでは、160グラムのパスタに対してイワシは6匹〜8匹でしたが、もう少し少なくても十分でした。私はくさみを消すのに料理酒を加えてみました。その他、細ねぎなど加えてもいいようですが、今回は水菜を使用しました。

■材料
・イワシ
・スパゲッティ
・レモン 
・細ねぎ
・にんにく
・赤とうがらし
・塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油

さて、みなさん「イワシやイワシ!ててかもイワシ!」といった表現をご存じでしょうか?小さいころ、こんな掛け声で魚屋さんが魚を売っていたのだと教えてもらい記憶していたのですが、どういう意味だったんだろう?と思いだしネットで検索してみました。

調べてみてびっくり!どうやら関西地方でだけ使われていたようです。イワシと言う漢字は、魚へんに弱いと書きますよね?「鰯」。イワシは、すぐに鮮度が落ちるため、水揚げされたら急いで魚屋さんが町中を売り歩いたそうです。

そのときの掛声が「ててかむイワシ」。意味は、手にかみつくほど元気で新鮮なイワシ。「イワシや!イワシ!ててかもイワシ!」と記憶していましたが、「ててかも」ではなく、「ててかむ」だったのでした。魚の漢字、そして売り言葉にも意味があったのですね。他にも掛け声はあったのでしょうか?また、専門家の方にもお聞きしてみたいものです。


posted by 農業情報総合研究所 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・漁業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。